スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
summer again
2008-10-09 Thu 10:42

夏の夜 あなたと一緒にたくさん笑ったよね
夏の夜 このまま時が止まるようにと 願った


戻れるなら…


夏の夜 空には星がキレイに輝いていた
夏の夜 もう二度と戻れないひと時の思い出


忘れないよ…


会いたいのに会えないのが どんなことか知りました
夏をもう一度 どうか あの夏をもう一度
どうにかしたくても できないことがあるのだと 知りました
夏をもう一度 たった一度だけ あの夏を…



いつの日か あなたと一緒にたくさん笑っていた
あの頃は あなたが側にいることが当たり前だった


幼すぎたの


この距離に あなたの大切さを教わりました
夏よ お帰りよ どうか もう一度お帰りよ
大人になるのは 痛みが伴うことを知りました
夏よ お帰りよ せめて 一瞬だけでもお帰りよ



会いたいのに会えないのが どんなことか知りました
夏をもう一度 どうか あの夏をもう一度
どうにかしたくても できないことがあるのだと 知りました
夏をもう一度 たった一度だけ あの夏を…

スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:29 | top↑
<<crumble | 言ノ葉 | Eden>>
愛する人へ
生まれた意味が
わからないで、
そのまま時が流れて。
途中までは
許されていなかったことが
あるから、
ある時からわかれて
一つの人生で
半分半分を、
一人でいきています。
それは、明らかなので
前だけ生きて終わりでも
それもあったと思うのに、
今も存在しています。
後にしか気付けないで
それを許してくれる。
わたしのこころは
形があると思っていい、
わたしを閉じた後でも
それはあるから。
何も壊したくない。
貴方とわたしの
信じているこころを
針目のない幻の衣は、
ささえています。
永遠の絆のために
あること。
すぐには気付けない
わたしのことを
待っていてくれて、
うれしくても哀しくても
わたしの肩にそっと
寄り添ってくれる人、
貴方の姿を思いだすと
いつの時もいとしい。
2008-10-09 Thu 13:43 | URL | ろ~るけ~き #YrGnQh/o[ 内容変更] | top↑
あの夏へ
会いたいのに会えない
戻りたいのに戻れない
これはきっと
大切さ故の 苦悩

夏 あの夏
私も夏と 叫びたくなる時節がありました
たった一度だけのあの夏
たった一度だからあの夏
頭ではわかっていても
腑に落ちてこないで
どこかで 道草を食っている
子供みたいに

どうしてだろうか
戻れないのに どこかで戻れると
思ってしまうのだろうか
それとも今に
戻りたくないのだろうか

いつも矛盾だらけの人の心
大切な人もきっと
どこかで同じ思いを
しているのかもしれない・・・
2008-10-09 Thu 18:14 | URL | ∞ #7IFrkV1M[ 内容変更] | top↑
もう戻れない日々
夏って恋の季節なイメージが強いですよね
それと同時に夏の終わりって
恋の終わりを感じさせます

過ぎた季節がもう戻らないように
離れていった人ももう戻らない
そんなせつない気持ちになりました

いつもちょっと物悲しい雰囲気があって
十萌さんの詩、好きです^^
2008-10-09 Thu 19:43 | URL | 愛音 #2VCX0lgQ[ 内容変更] | top↑
あたしの恋はいつも夏からはじまる。

そして想い出すあの人とのふたりだけの時間も。

切ない詩スキです☆
2008-10-09 Thu 20:46 | URL | *姫ing* #-[ 内容変更] | top↑
夏をもう一度と願うように、あの空をもう一度と私は願った。
今、あの空はここにある。
きっと夏もそのままに。
2008-10-09 Thu 21:00 | URL | rayart #.EmBUCEI[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-10 Fri 05:59 | | #[ 内容変更] | top↑
夏の思ひ出、青春時代…?
満天の星に ロマンチックな流れ星に
ありったけの願い事を叫ぶぼくと
たったひとつの願いを胸の奥に呟くきみ
手の甲を人差し指と中指でなぞる
壊れそうなきみの肩を 不器用に抱く
フォトアルバムは あの夏とともに埃をかぶったまま
・・・・・
まあ、適当に即行で書いたので、あとでまた手を加えて、ちゃんとした詩にするかもです。
テーマは、青春時代の夏の思い出?(笑)
・・・
今回の十萌さんの詩は、かわいらしいといったら失礼ですが、子供から大人になった頃の20歳頃?の夏の思ひ出って感じで…
さわやかな風に触れた心地よい感じです。
2008-10-11 Sat 01:20 | URL | ヒロジョー #eoiZu7NI[ 内容変更] | top↑
貴方と過ごした幾つもの
温かな日々に
あの夏の夜に

もう戻れないと知った時
やっと気付いたの

貴方の笑顔が
私にどれほど温かな
安らぎを与えてくれたかを

貴方という存在が
あまりにも近くて
一緒にいたことが
当たり前すぎて

いままで分からなかった
貴方が支えてくれてたことに

貴方と過ごした幾つもの
優しい日々から
あの夏の夜から

大人に変わっていくなかで
痛みと寂しさに襲われる時

やっと気付いたの

貴方をどれだけ
愛していたかということを
2008-10-11 Sat 02:15 | URL | 永遠 #yXcvZN/o[ 内容変更] | top↑
拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008-10-11 Sat 10:29 | URL | サトシ #-[ 内容変更] | top↑
ろ~るけ~き様へ
ふたつのこころ そっと合わせて
ふたつがひとつにはならぬけど
おおきさ すこし 違うけど
それでも 感じる 温かさ

それでいい それだけでよかった

「かなしい」も「うれしい」も
全て まとめて 受け止めてくれる人
「かなしい」も「うれしい」も
何を知っても 受け止めたい人
2008-10-12 Sun 10:00 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
∞様へ
戻れるわけがないと
十分 わかっているのだけど
どこかで ぬぐいきれない 期待

時間が戻ることはかなわなくても
いつか 再び 同じ時を
あの夏と 似たひと時を
過ごせると 無くせない 期待

2008-10-12 Sun 10:02 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
愛音様へ
今年の夏はもう訪れることはないでしょう。
昨年の夏が再び巡りくることは望めないでしょう。

だけど「夏」は 必ずやってくるのです。
中身は違うけれども 形は同じではないけれども。

だから離れていった人は 戻らないとしても
いつか もしかしたら…。

ありがとうございます。
気に入って頂けてとても嬉しく思います。
これからもよろしくお願いします。


2008-10-12 Sun 10:04 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
*姫ing*様へ
夏は*姫ing*様にとって、始まりの季節なのでしょうね。
この夏にも、素敵な時間を過ごされたでしょうか。
一生の思い出が*姫ing*様の中に刻まれたことを願います。

ありがとうございます。
気に入って頂けて光栄です。
2008-10-12 Sun 10:08 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
rayart様へ
忘れない
ともに 見上げた空

忘れない
ともに 過ごした夏

忘れない
あの空が色を変えても
この夏が趣を変えても

私の中に
あなたはしっかりと
生きているから
2008-10-12 Sun 10:10 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ヒロジョー様へ
激しいあなたの願い
静かな私の祈り
二つ 足せばちょうど良い

あなたの激しさは
私の祈りを強くして
私の静けさは
あなたの願いを落ち着かせるの

ふたり ひとつで ちょうど良い

失礼なんてことはありません。
ヒロジョー様が感じたそのままを、
伝えてくださればとても嬉しいのです。
2008-10-12 Sun 10:12 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
永遠様へ
今頃 気づいた たくさんのこと
そのどれも大切なもので
そのどれも重要なことで

そのどれも取り返しのつかないこと

だからもう同じ思いは繰り返さないと、
だからもう二度と悔いは残さないようにと、
精一杯の決意を込めて、
今 まっすぐと 前を向く
2008-10-12 Sun 10:14 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
サトシ様へ
応援ありがとうございます。
2008-10-12 Sun 10:14 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
いい想い出になるように
いつも どんなときも
真正面でいたいと思うわたしです。

結果はどうであれ。
2008-10-12 Sun 17:52 | URL | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 内容変更] | top↑
詩を読んでいると
終わったばかりの夏が、より一層懐かしく感じますv-237
詩を読みながら、夏の思い出を辿っているそんな気分になります。
そして、大切な人への強い思いを、それと同時に感じました。
主人公の切ない思い、訴えに心が痛くなりました…。
主人公の心が、少しでも軽くなる事を祈ります。
2008-10-13 Mon 09:42 | URL | MAI #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
戻らないもの
この手に どれだけ抱いていけるだろう
どうにも出来ないもの
この小さな背中に どれだけ背負っていけるだろう

そんなものをわかりあえる仲だといいね
2008-10-13 Mon 23:10 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
結果への思いはいずれ変化を遂げるかもしれないのです。
直後はやりきれなくても 悲しみに溢れていても、
時の流れとともに 変わりゆくかもしれないのです。

今は耐え切れないほどの感情だとしても。
2008-10-14 Tue 07:43 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
MAI様へ
巡り行きます。
いろんな色をした思いを刻みながら、
季節は淡々と巡って行くのです。
「戻りたい」
そう思えるひと時を過ごせたことに、
感謝を込めて手を振りましょう。
2008-10-14 Tue 07:47 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
分かり合いたい
分かち合いたい

この思い
その想い

それが叶えば
重くなんてない

抱えたものが多くとも
背中にのしかかるもの あろうとも
重みなんて 感じずに
歩いていける
2008-10-14 Tue 07:50 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
夏の夜
星屑と同じくらいに輝いていて
星屑と同じくらいに散りばめられた私たちの笑顔
光の消え行く刹那にそっと
逢いたいと伝えてみても
届くはずなんてないのに……

2008-10-14 Tue 19:35 | URL | TERU #djnh.SQU[ 内容変更] | top↑
南国の花は何故香る
人に思い出を作らせないように
夏は神様にお願いしたくなっていた

思い出が綺麗だなんて言わせない

時を経て腐敗した思い出の中に埋もれて
夏は窒息しかけていたから

神様は微笑んだ

人はそうやって様々なものを捨てないと
生きられないものなのだ
お前が辛いというのなら楽にそてやろう

だから暑い季節に咲く花は
悩ましげに濃く甘く香るのだ

夏がそれで納得したかどうかは
どこにも描かれていない・・・・






2008-10-15 Wed 00:56 | URL | menesia #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
TERU様へ
今でもまだ 輝く
あの星のように この想い
今でも燃え尽きることを知らずに
会いたさを募らせながら
今も なお 瞬き続ける

この先に辿り着いたなら
愛しいその姿は あるのでしょうか
2008-10-19 Sun 08:09 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
menesia様へ
甘い香りに酔い
夏の暑さに焦がれ
馳せる 想い

誰にも聞こえぬ夏の声
今 何を叫ぶのか

恐ろしいほどの数の想いに埋もれ
夏は何を感じるか

刻まれていく記憶の数々
投げ出さずにいれるのか

2008-10-19 Sun 08:13 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
すごく
共感。
そして、
自分にとっての、かけがえのない
思い出の夏を思い出しました。。。
2008-10-28 Tue 15:05 | URL | qp #-[ 内容変更] | top↑
qp様へ
ありがとうございます。
大切な思い出を甦らせてくださったなんて、
とても嬉しく思っています。

これからも忘れえぬ思い出を
築けますように。
2008-11-01 Sat 10:50 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。