スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
過恋
2008-09-19 Fri 10:03

何度も逃げようとしたの
忘れたくて あなたとの思い出
全部捨てようともした

あなたという人なんて
最初からいなかったと
言い聞かせるために 必死になってた


でも忘れるでも 思い出すでもなくて
あなたとの過去は 当たり前のように
私の中にある
時々 あなたはいたことさえも 全部
夢だったんじゃないかと思うくらい
もう 遥か遠いのに



どうしてかわからないけど
とうにいないあなたの存在を
感じてしまうときがあるの

その度に痛いほどの
悲しみでも淋しさでもない感情が
突き上げてくるの


それは形あるもののように
心を治しようもなく 壊していってしまいそうで
怖くなる
あなたと別れてから初めて知ったの
あなたがいないということが
私にとってどんなことかを


そう 忘れるでも 思い出すでもなくて
あなたとの過去は 当たり前のように
私の中にある
時々 あなたはいたことさえも 全部
夢だったんじゃないかと思うくらい
もう 遥か遠いのに

それは形あるもののように
心を治しようもなく 壊していってしまいそうで
怖くなる
あなたと別れてから初めて知ったの
あなたがいないということが
私にとってどんなことかを
スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:19 | top↑
<<リトルファイター | 言ノ葉 | ロンリーキャット>>
どうしたらいい
夢のなかで生きて、呼吸することが錯覚なのは、今のほう。   ひとりで、両手を合わせてみると、半分が貴方で、半分がわたし。    ずっと信じていても、その人も天寿が尽きれば、死にます。貴方が覚えているから、哀しいこと、貴方が忘れているから、哀しいこと。貴方の感情がまわりから傷つけられるとき、その人のことを貴方が、切り裂きます。それでもその人は、自分で死ぬことは、えらびません。覚えているのは、どうしてなのか、忘れてあげないのは、どうしてなのか。全部分かってもいないのに、こんなこと書いて、これのほうが錯覚なら、ごめんなさいね。随分考えて書いたつもりです。

以前のコメントあわてて書いて、分かりにくかったと思います。かわいいのは、十萌さんのことで、詩の感想ではないです。あの詩の題を、いつか思ったときに、つけてください。ゆっくりでもいいので。
2008-09-19 Fri 14:36 | URL | ろ~るけ~き #YrGnQh/o[ 内容変更] | top↑
あなたの存在の大きさ、いなくなってから知った
だからあなたのことを
自分という殻の中に閉じこめさせて
そうして、悲しみを吐き出すことが代わりとなった

ーそうよ あなたがいなくても私は大丈夫

私は自分にそう信じ込ませて進もうとした
いえ、これからも進んでいくことでしょう

あなたの存在を思い知らされながら、ずっと。

あなたの存在の大きさは
私の悲しみなどでは
とうてい表現できないものなのでしょう

それは知っているけれど
でも、突き進むことしかできない…
2008-09-20 Sat 16:50 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
涙 おちる

確かに つかんだ 君の手と
もう つかめない 君の手に
言葉に 出来た あの時と
言葉に 出来ない 思い出に

涙 おちる

画面に 映った 「君」の声
画面の 向こう 「君」の思い
画面を 見ている 僕の目に
何故か わからぬ 涙おちる

「君」を 感じたような気がして
涙 おちる
2008-09-20 Sat 17:59 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-09-20 Sat 18:32 | | #[ 内容変更] | top↑
夢か現か
>時々 あなたはいたことさえも 全部
>夢だったんじゃないかと思うくらい

この部分すごく共感しました(>_<)
時々思いますね
楽しい時に「この時間が夢のよう」って思うと
もしかしたらホントに夢なんじゃないかって

悲しい時に「あの楽しかった思い出も夢だったんじゃないか」って
もし夢ならその方が幾分か楽になるコトもあれば
もちろんそうじゃないコトもありますね。。
2008-09-20 Sat 20:04 | URL | 愛音 #2VCX0lgQ[ 内容変更] | top↑
かこ
きみはまだ
泣いているのかい?
もう忘れていいんだよ
ぼくがもうすぐ きみを捕まえに行くから
笑って 遠い昔を美しい思い出のアルバムに閉じ込めて
ときどきページをめくればいい
もうすぐ ぼくがきみを抱きしめに行くから
淋しさも悲しみもすべて 抱きしめてあげる
きみが好きなんだよ!
・・・
いつものように、元気づけたくなりました(笑)
いや、僕の返詩はただの妄想ですが…
今回の詩は、女性らしい、ダイレクトに迫るものがある詩ですね。
ほんとに、今の十萌さんは、こんな悲しい女性なのか?って、ついつい、想像して…
あ!これも妄想で、気にしないでくださいね。(笑)
2008-09-21 Sun 00:56 | URL | ヒロジョー #eoiZu7NI[ 内容変更] | top↑
ろ~るけ~き様へ
心のこもったお言葉をありがとうございます。
ろ~るけ~き様は伝えようとすること、
私の元までちゃんと響いてきました。

ありがとうございます。
本当にろ~るけ~き様がおっしゃってくれるような、
そんな人間になれるよう、精進していきます。
2008-09-21 Sun 07:57 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
私は進む
目の前を覆うあなたへの想いを
思い切り振り切って

私は進む
目の前を滲ませる涙目を見開いて
この足で行く

遠くなる 遠くなる
過去と共に 貴方が

それでも 私は
止まらない
2008-09-21 Sun 07:59 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
あなたが落とした涙を
そっとこの手ですくいあげ
あの空に解き放つ

それは やがて 雫となり
再び 地上に落ちるでしょう

そして染みていけばいい
この世界に、この世界中に、
あなたの涙 染み渡れ
2008-09-21 Sun 08:01 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
愛音様へ
どんなに遠ざかっても
幻のように曖昧になっていっても
やがて薄れ 消えつつあっても
決して 夢ではなかったと、
信じ続けていたいのです。

確かにあった出来事。
隣になった存在。

全て現実のものとして
受け止められる日が来るはずなのです。
目をそむけたくなるような真実は、
たとえ、少なくないとしても。
2008-09-21 Sun 08:04 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ヒロジョー様へ
泣いているわ
まだ貴方の姿が見えないから
泣き続けているわ
貴方が見えず 不安でたまらないの

早く 早く 抱きしめて
その腕に触れさせて

貴方の声は幻ではないと
早く確かめさせてほしいの


いつも優しさこもったお言葉をありがとうございます。
ヒロジョー様の温かさは、隅々まで染み渡るようです。

ヒロジョー様は、泣いていませんように。
2008-09-21 Sun 08:07 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
どぉも
太字の文
こんばんわ。
僕(一応女)も詩を書いています。
すごくいい詩を書く人だなぁと思いコメントしました。
ご迷惑でなければ僕の詩も見てみてください。
2008-09-21 Sun 20:05 | URL | 瑛-ei- #XAjl2.RA[ 内容変更] | top↑
あなたが私の隣に
いないという事

それがこんなにも
辛い事だなんて

眠れない夜を重ねて
私の心はあなたへの愛の深さを
知ってしまった
2008-09-22 Mon 09:21 | URL | MAI #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
瑛-ei-様へ
お褒めのお言葉をありがとうございます。
こちらからも伺わせて頂きますね。

よろしくお願いします。
2008-09-23 Tue 21:44 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
MAI様へ
眠れない夜
あといくつ数えれば

あなたは私の中から 消えていく?

お月様 その明かりで
消してくれはしないでしょうか
2008-09-23 Tue 21:46 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
終わったのは前
ひとりで眺める同じ景色

今更出会った
君の瞳は随分と
冷めていた

少し寒くなってきた夕方
誰もいないバスで
暖かさ思い出してる

恋しいわけでも
淋しいわけでもないけれど
そう言うなれば欺瞞なのかもしれない
それでも
思い出すたび
壊れたくなるほど切なくなるの



はじめまして。
Ryukiといいます。
また、来ます。
2008-09-26 Fri 19:34 | URL | Ryuki #halAVcVc[ 内容変更] | top↑
Ryuki様へ
冷めた目を温めるため
僕は君に何を見せよう

冷めた目に血を通わせるため
僕は何を選んで君に差し出そう

バスに揺られて窓に映すのは
君の悲しみ 淋しさ 切なさ

僕の心を壊しそうなそれらは
容赦なく僕に襲い掛かる

それは きっと
君の真の笑顔を手に入れるまで


お言葉を頂き、ありがとうございます。
ぜひまた来てやってください。
お待ちしています。
2008-09-29 Mon 09:31 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
コメント有難うございました。

十萌さんの詩痛い程心に染みました。

また遊びに来ますね。
2008-10-01 Wed 17:29 | URL | *姫ing* #-[ 内容変更] | top↑
*姫ing* 様へ
こちらこそお言葉を残して頂き、ありがとうございます。
とても嬉しく思っています。

またぜひ来てやってください。
いつでもお待ちしています。
2008-10-06 Mon 09:33 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。