スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
淡い夢
2008-06-12 Thu 10:44

苦しみながら 何故 私はここにいるの?
逃げ出してしまえばいいのに 何故できない?


朝なんて蹴り飛ばして
夜にまどろんでいればいいでしょう


抱いた数々の夢はどれも
叶うことなどなく 溶けてしまった
流れ星さえも私を裏切って
託した願い 踏み潰したの



近づきくる未来 何故拒みきれないの?
終わらせてしまえばいいのに 待っていないで


ただ 闇が続いているだけの
この先に 何があるという?


交わされてきた約束の中で
いくつくらい 果たされたものがあった?
たとえ 溢れかえるくらい
針千本 あったって足りるわけない


抱いた数々の夢はどれも
叶うことなどなく 溶けてしまった
流れ星さえも私を裏切って
託した願い 踏み潰したの

交わされてきた約束の中で
いくつくらい 果たされたものがあった?
たとえ 溢れかえるくらい
針千本 あったって足りるわけない

スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
<<kiwi | 言ノ葉 | Memory of weakening>>
こんにちは、はじめてコメントいたします。 ブログのタイトルも、そして詩の数々も叙情的で、とても素敵ですね! 私も詩がメインのブログをやっているのですが、リンクさせていただいてもよろしいですか? ぜひ よろしくお願いいたします。
2008-06-12 Thu 13:31 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更] | top↑
目を瞑る
こんにちは。ラルフです。履歴からお邪魔です^^

人は苦しみや悲しみから逃れるために目をつむることを覚える。コップに注がれた昨日までの過去の雨水を口に含んで、僕は口を上に向ける。膨らんだ風船に映る自分のゆがんだ顔を見ながら、僕は笑いながらそれを割る。そして、また目隠しをする。何も見ないように…。
2008-06-12 Thu 14:14 | URL | ラルフ #XiBImnmA[ 内容変更] | top↑
”針千本 あったって足りるわけない”
ん~、あなたは相当な欲張りですな。
何、そんなことはない?

女は肌が大事なの、お肌のはりならいくらあっても足りないくらい。

おっと、そうきましたか。これは返す言葉に困りますな。
何何まだある?

そんじょそこらの男じゃ はりあいがない。
好きなら好きと きっぱりさせて!

おやおや、あなたは、かなりのいじっぱりのようですな。
えっ、そんなことはない。

だって、やっぱり愛してるもの・・・。
この胸張り裂けそうだもの・・・。

ふむふむ、愛することに 張り切り過ぎて
愛されていることに さっぱり気づいてないようですな。
先ほど、お肌のはりと言ってましたが、
愛することに、そんなに張り切りすぎると、しわが増えますよ。
愛しいわ、っていう しわがね。


お後がよろしいようで。
2008-06-12 Thu 21:27 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです。
 こんばんは。
 何度か訪問していたのですが、コメ出来なくて本当にごめんなさい;;

 相変わらず落ち込むことが多くて、その時ふらりとこちらに訪問して元気を貰っておりました^^

 
 砕かれた夢を抱えて、もがきながらも道をゆく。
 逃げ出したいのに諦めきれない。

 何にも見えないけど、歩くしかない。
 何にも見えないなら、私は小さな明かりを灯しましょう。


 ……就活を前に控えて、こんなことを思うわけです^^;

 小説もいいけど、やっぱり詩も素敵。
 ではでは、また訪問させていただきます^^
2008-06-13 Fri 02:26 | URL | ミミック #t5k9YYEY[ 内容変更] | top↑
ゆっくりと
大切なのは
夢を抱くことを
忘れないこと

抱いていれば
夢に近づく道は
段々と作られていくと
思うから

夢を抱きゆっくりと
夢に続く道を
歩いていこう
2008-06-13 Fri 09:31 | URL | MAI #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
これは 私も身につまされるところではあります。

でも 現状から見出せる「希望」は必ずあるはずです。

気づくか、気づかないか・・それだけだと思う。
2008-06-13 Fri 13:02 | URL | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 内容変更] | top↑
溢れていたはずの夢の欠片

いつのまにか私の手から
滑り落ちてみんなみんな無くしてしまった


希望を託して祈った流星

いつのまにか輝く炎
燃え尽きてみんなみんな消えてしまった


未来を夢見た光

いつのまにか真っ白な光
見失いみんなみんな闇に溶けてしまった


ずっと望んできたのに
ずっと信じてきたのに



胸にぽっかりと空いた
この隙間をどうすればいいの?
2008-06-13 Fri 22:26 | URL | 永遠 #yXcvZN/o[ 内容変更] | top↑
全然、果たしてないことばかりかもしれません・・・
それはいい意味でも悪い意味でも・・・
やはりちゃんと、やらなくてはいけないですよね
2008-06-14 Sat 10:55 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
いくつだって約束して
いくつだって夢を求めた

どんなにばかげていると思ってたって
流れ星なら…聞いてくれると思ったのに

私の願いなんてどこかへ飛んでいってしまったの

いっそのこと私は闇の中でいいよ
あなたがまぶしい太陽の下で居る、
その姿を遠くで眺めているだけでいいの

もう動けないもの
苦しく辛いさだめを持っているようね、私

でも心のどこかで信じているみたい
いつか…願いが届くことを。
2008-06-15 Sun 12:01 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
シャイドリーマー様へ
ご訪問頂き、ありがとうございます。
お褒めのお言葉にとても喜んでいます。
リンクして頂けるなんて光栄です。
こちらこそよろしくお願いします。
2008-06-16 Mon 08:23 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ラルフ様へ
お言葉を残して頂き、ありがとうございます。

目隠しの向こう側
本当は知っている
自分の歪んだ顔に
笑えてしまうわけじゃない
知っていながらも
まだ とぼけたふりをする
そんな自分が滑稽だから

目隠しの向こう側
薄っすらと だけど しっかりと
この目に映っているのに
2008-06-16 Mon 08:25 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
年をとって 腰が曲がっても
愛してくれるとあなたは言った

年をとって 体の自由が利かなくなっても
変わらず愛してくれると誓った

年をとって 風貌が変わり果てても
愛していると私は言った

年をとって 私の顔さえ失念しても
構わず愛していると誓った

この胸が その胸が
張り裂けるのはどちらが先?
いつか 訪れる最期を
迎えるのは どちらが先?
2008-06-16 Mon 08:30 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ミミック様へ
お久しぶりです、ミミック様。
私の言葉で元気を得てくださっていたなんて、
この上ない喜びです。
本当にありがとうございます。

夢は砕かれても輝き続けます。
砕かれたからこそ 破片は輝きを増すのです。
粉々になっても 絶えはしないでしょう。
思い次第で、いつでも夢は生き返ります。
どんな無謀なものだとしても
それは不可能とは異なるのです。

またぜひ来てやってください。
お待ちしています。
2008-06-16 Mon 08:33 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
MAI様へ
抱いた夢は手放すものか
叶うわけがないだろうと
叶える術などないのにと
嘲笑われても かまわない

腕の中に 大事に抱え
歩き続けましょう

禁じられた夢などないのだから

2008-06-16 Mon 08:36 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
希望の息が絶えることはありません。
時々 息を殺し 身を潜めることはあっても
希望が死してしまうことは有り得ないのです。

諦めることさえ、しなければ。
2008-06-16 Mon 08:38 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
永遠様へ
大きな 大きな 穴
埋めるものを探してた

星が私の下へと流れてきたけれど
大きな穴を通過して
受け止めること できなかった

光が私を照らそうとしてくれたけれど
大きな穴から零れ落ち
浴びることさえ できなかった

求めるものは
失ったと思ったものを
いつでもそこにあったのに
2008-06-16 Mon 08:40 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
まだまだこれから。
いくらでも間に合います。
取り戻せないものは 数多くあっても
同じくらい これから築けるものはあるのです。
2008-06-16 Mon 08:41 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
あの星に届けたかった願いは
星と仲良く並んで 流れていってしまったの

それは やがて 夜空に散って
まるで涙のように輝いた

それでも まだ
私の中で産声をあげ続ける 願い

暗闇に埋もれ 光を憧れながら
2008-06-16 Mon 08:44 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。