スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
巣立ち遅れ
2008-02-02 Sat 21:12

巣立っていく仲間達を
どのくらい見送っていただろう
私の小さな翼は
まだ羽ばたくことを知らずにいる


共に夢見た空を
飛び回る姿を羨ましげに見上げていた


ただ無邪気に笑っているだけでよかった
あの頃にしがみついているのは私だけ?
必然のように離れ離れになってしまった手は
もう二度と繋がることはない?



咲き出してく綺麗な花を
どのくらい祝福したのだろう
私の小さな蕾は
それでも未だに開けずにいる


上手く暖かい陽に当ることも
水を吸い取ることもできない


取り残されていく私を見つける人はいなくて
灯りさえも飲み込む影に埋もれる
もう何度も踏み潰されて
真っ直ぐに伸びる力さえないのに
それでも微笑んでた




私のこんな翼でも
君のように舞い上がれる日は
来るのかなぁ…


ただ無邪気に笑っているだけでよかった
あの頃にしがみついているのは私だけ?
必然のように離れ離れになってしまった手は
もう二度と繋がることはない?

羽ばたくこと覚えてしまったその羽根は
もうきっと地上に戻りはしないのでしょう
誇らしげに開いてしまったその蕾が
また種になる日なんて来るはずないのでしょう

スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | 再掲載詞 | コメント:22 | top↑
<<Snow Season | 言ノ葉 | わすれもの>>
君と並んで歩んでいた頃に帰りたい
帰れない

二度とない時だから輝いてたんだろう

じゃあ
なぜ
今は君だけ輝く?
2008-02-02 Sat 22:19 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
ふむふむ、まだ飛べない?
医者に診てもらったがわからない。
それで私のところに来たわけか。
どれどれ翼を見せなさい。
なるほど・・・別に変わったところはなさそうだが。
おやおや!君、これは大変だよ。
君は人より思いが強すぎると言っていたね。
おまけに詩が好きだ。
そうか、やっぱり存在していたんだね。
喜びたまえ、君は詩人だ。
肉体では飛べないが、心は普通の人とは比べものにならないほど高く、そして速く飛べるのだよ。
しかし、それに慣れないうちは、自分自身に困惑するだろうね。
何故なら、詩人の魂というものは風のように疾走するものなのだよ。
そして肉体はそれに追い付くことは出来ないのだ。
君の翼は飛ぶためのものではなくて、そういう魂を感じるためにあるのだよ。
2008-02-03 Sun 03:11 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
いつか飛べるはずさ

だって君の羽はこんなにも大きくなっている
気付かないうちに大きくなっていたんだ
心の羽根も大空を飛びたがっている

だから怯えないで君は飛べるんだから...


ワケの分からん詩を書いてすぃません.....
畏れながらもリンクを貼らさせてもらいました

2008-02-03 Sun 11:07 | URL | 零 #-[ 内容変更] | top↑
沢山の人を見ていると
悲しくなる自分がいる
そのことがとっても悲しくて・・・

よく分からなくてすみません・・・
とても、共感できます^^
2008-02-03 Sun 12:08 | URL | 葵秋 #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは!
何だか自分を見ているような気がしました。
心地よい居場所が徐々に変化して、大切な人が減っていく。
「羽ばたく」事を覚えたら、新しい心地よい居場所が待っているのでしょうか。
それとも、最初から「笑っているだけで」いい場所に生まれた事が不幸だったのでしょうか?
「祝福」されて欲しいです。誰もいないなら私が祝福します。きっと繋がってるよって、言ってあげたいです。
…お邪魔しました。
2008-02-03 Sun 17:16 | URL | 不月雅樂 #yNB.88oQ[ 内容変更] | top↑
風に乗るには
まだ小さくて
徐々に離れていく
貴方の背中を
涙こらえて見送った

青い空は近いのに
なぜこんなにも遠く感じる?

花開くには
まだ弱すぎて
上に上にと上ってく
みんなの影を
ただぼんやりと見つめてた

暖かい日の光は
なぜこんなにも冷たいの?

「いつか、君も飛べるさ」
そういってくれた
貴方の言葉が
今はとても遠い



翼の在る者には必ず飛べる日が来るの?



蕾を持つ物には必ず開ける日が来るの?
2008-02-03 Sun 22:11 | URL | 永遠 #yXcvZN/o[ 内容変更] | top↑
そういう日が来ると信じたい。
私はまだ種の段階かもしれない。
それをまこうとしていないかもしれない、
それでは花は咲かないのですよね。
種を植えて、水をあげて大事にしてゆきます。
自分を。毎日を。この時を。
2008-02-03 Sun 23:13 | URL | megumilk #-[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです!
何時も、綺麗な文章!心の、発揚に感嘆するばかりです。
2008-02-04 Mon 13:46 | URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
羽を広げてごらん

君がふらついていても大丈夫であるように

僕はずっと手を伸ばしているから

そうか、君の蕾があるのなら

開いても寒くないように

手で風から守ってあげる

そんな怖がりな君ならきっと

空を飛んだとしても

地面のあたたかさを忘れずにいるだろう

そんな優しくもある君だから

何度踏まれたって僕は見つけること出来るよ

そんな君は光を持っているから

さぁ飛んでみよう

今度は僕が君を送る番だから

君が今のこのときのことを

いつしか忘れてしまったとしても

僕はまたここで君を見ているよ

君との大切な場所だから





こんばんは。素敵な詩ですね…。今日は立春。この詩を読んでまた一層春が近くなった気がします。
長々と失礼いたしました。
2008-02-04 Mon 21:35 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
きっと、翼を広げて飛び立った仲間たちが、
貴女を迎えにくるはず。
鮮やかに開いた花たちが、貴女の小さな
蕾にやさしい太陽と清らかな水を注いでく
れるでしょう。
そして、美しい翼を広げて、仲間たちと大
空へ飛び立つ日が来るの日がもうすぐそ
こまで来ていると信じています。
2008-02-04 Mon 22:44 | URL | アンジェリーナ #-[ 内容変更] | top↑
遅くなりましたが、移転先の連絡です^^;
あまり変わっていませんが、これからも宜しくお願いします^w^
リンクは随時させていただきますw

少し、地上に未練を残して飛ぶことはあっても、未練を残さず、羽ばたくというのは強いことだなって思います。
自分もそれくらい、強くなれたらいいのですが・・・w
2008-02-05 Tue 06:06 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
仕方ない
仕方ないよ

自分の光は
自分には向かってこないんだもの

仕方ない
仕方ないね

自分の輝きは
自分には見えないものだもの
2008-02-05 Tue 13:32 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
高く高く飛ぶ心。
どこにでも行きたがり
一秒だって黙っていない。
捕まえようとするのは
あまりに無駄な行為だと
もう十分に思い知った。
こどものように駆けて行き
旅人の如く歩き続ける。
自由気ままに飛び跳ねるのを
微笑ましく眺めるのは
体という名の
心のおうち。
2008-02-05 Tue 13:35 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
零様へ
いつの間にかこんなにも
大きくなってたこの翼

君が教えてくれなければ
僕はずっと知らぬまま

やけに重たい背中の理由も
わからずに
それは多くを背負いすぎているせいだって
嘆き続けていただろう

君が気づかせてくれた 今
そっと羽ばたいてみせるから
空に溶けていく僕の姿
見守っていておくれ

リンクして頂いたなんて光栄です。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
2008-02-05 Tue 13:38 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
葵秋様へ
お言葉を残して頂き、ありがとうございます。
葵秋様のお心を重ねてくださったこと、
とても嬉しく思います。

たくさんの人を見すぎた目は
自分を見ることを拒み始めた
比べては 嘆き
その繰り返し
2008-02-05 Tue 13:40 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
不月雅樂様へ
笑っているだけでいい場所に生まれたことは
時に残酷にもなり得るけれど
それは決して 不幸ではないはずなのです。
その場所があったからこそ 羽ばたける。
たとえ行き先に居心地の良さを見出せず、
生まれた場所が恋しくてたまらなくても。
恋しく思える場所があるというのは、
幸福なのでしょう。

時に残酷になり得たとしても。
2008-02-05 Tue 13:45 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
永遠様へ
僕の背についた翼は
君の翼と同じ役目を果たせるのか

小さな蕾が
君のようにキレイに咲けるのか

問いたくて
問えなくて
答えなどないとわかっているから

飛べるかどうかは僕次第
咲けるかどうかは僕次第

わかっているから 怖いんだ

飛べないことが
咲けないことが
怖くて 怖くて
僕は 逃げているんだ
2008-02-05 Tue 13:51 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
megumilk様へ
大切にすれば大切にした分だけ
応えてくれるはずなのです。
愛情を感じることができるのは
人間だけではありません。
愛されていると感じた分だけ
もしかしたらそれ以上に
鮮やかに咲いてくれるでしょう。
2008-02-05 Tue 13:53 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
荒野鷹虎様へ
ありがとうございます。
荒野鷹虎様のお言葉にいつも支えられています。
私には素晴らしすぎるお言葉に
心から感謝を贈ります。
2008-02-05 Tue 13:54 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
君の優しさの中で
君に見守られながら
今 羽ばたこう
高く舞い上がれなくとも
君の笑顔を見たいがために

君に温もりもらいながら
君に注がれる水を吸って
今 開けるかな
華やかさはなくとも
君に喜んでもらうために


春が訪れ 雫様の元で
温かい花が咲きますように。
穏やかな陽に照らされながら。
2008-02-05 Tue 13:58 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
アンジェリーナ様へ
一足先に飛んでいった姿を見ながら
僕は嘆いていたけれど
今 やっと 気づいたよ

僕は取り残されたわけじゃない

あのときはまだ
僕が飛び立つべきときじゃなかったんだ

仲間と共に飛び立とう
目指すべき場所は
同じじゃなくとも
空に着くまでは
並んで飛んでいいだろう
2008-02-05 Tue 14:01 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
ご報告ありがとうございます。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

未練が残るというのは
自分が幸せであったという証でもあるのだと思います。
幸せがそこにあったからこそ、
後ろ髪が引かれてしまうのです。
どこに辿り着くのか
辿り着いた場所がどんな所なのか
わからないのは恐怖でもあるけれど
挑まないわけにはいかないのですね。
2008-02-05 Tue 14:03 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。