スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
GASP
2007-02-23 Fri 20:32

孤独と戯れる君の目に僕は映らない
耳を塞ぎながら何も聞こえないと震える


君には僕の声が届かない


癒えない傷が開きだす前に出会っていれば
激しい痛みなど与えないで済んでいたのに
気づいたときはもう既に手遅れだったようで
今 壊れてく君を抱き寄せることもできない



綺麗に透き通ってく君に僕は触れない
背中を向けた深い闇が君を包み込んで


独り占めしようと隠していった


愚かな僕が君の全てを忘れないように
記憶の中にそのままの姿で飾っておこう
汚れてしまわぬように 穢されないように
ここからずっと見守っているよ 目を離さずに



癒えない傷が開きだす前に出会っていれば
激しい痛みなど与えないで済んでいたのに
気づいたときはもう既に手遅れだったようで
今 壊れてく君を抱き寄せることもできない




※2006/6/3掲載


スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:29 | top↑
<<feeble | 言ノ葉 | error>>
そんなふうにおもってもらえるなら、
たとえ、自分が壊れてしまっても
いいと思うよ。
2006-06-03 Sat 15:52 | URL | NANA #veYGj2xU[ 内容変更] | top↑
私の声は
あなたの心には響かず・・・

あなたのその
耳という耳はただの飾りのように・・・

私の声はただ、
この黒く塗りつぶされた部屋に木魂して消えゆく

いいの
私はあなたを想っているから
あなたの闇さえ心で愛しく抱きしめる

いいの
あなたの儚い瞳を壊さぬよう
ここでただ観ているだけで

いいの
あなたは悲しみを美しく纏い
それはいつしかやさしい光となる

私はあなたを信じてる
あなたの瞳に光が灯ること

どんなに私が言葉を発しようと、
あなたの心に響かない

それならただ、
そっとあなたの歴史を観ていていいですか?

ただ、
あなたを信じて

ただ、
想いだけで抱きしめて


傍にいても、いいですか?

2007-02-23 Fri 21:53 | URL | Miho #-[ 内容変更] | top↑
こんにちわ
お久しぶりです。お元気でしたか?

汚さないように、汚さないように、
それは「僕」が優しい人なんだと思ったり。

届かない、だから追いかけたくなる。
でも追いかけられたら逃げてしまう。

壊れてしまった時。いつも気付くのは遅れてしまう。
何だか共感できました。

でわ^^
2007-02-23 Fri 22:16 | URL | トコ #EDSLkfi6[ 内容変更] | top↑
十萌さん、こんばんは。

触れられないのなら、
届かない距離ならば、
見るしかないのかと諦めてしまうなら、
出会わなければ、良かったね。
そうしたら、こんな気持ちを知らずに済んだのに。
恋しいという気持ちすら
愛しいという感情さえ知らずに済んだのに。
教えてくれたその人から貰ったモノは
今となっては恨めしいよ、と呟く自分がそこにいるのかもしれません。


突然ですが、相互リンクしませんか?
2007-02-23 Fri 22:43 | URL | 北村 庵 #-[ 内容変更] | top↑
サヨウナラ 誰か
傷開き 闇を背負い
見えるモノは孤独と闇と、癒えない傷
それ以外は全て霞んで見えた

深い深い霧の向こうに
誰かが僕を呼んでる気がしたけれど
惑わされるほど愚かじゃないし
捨てたモノをもう一度求めようとも思わない

誰かが僕の為に涙を流したけれど
不思議と罪悪感は無く 何とも思わない

ああ キミ そこのキミ
僕に触れないでくれよ
触れた瞬間 僕を包んでいる膜は
シャボン玉のように消えて無くなるから
僕と一緒に
2007-02-24 Sat 11:12 | URL | 紅井リモ #zfBORS1s[ 内容変更] | top↑
あの頃
僕は荒海に流される枝のようで
沖にあがることも
沈むことすら出来ずにいた

君の声すら聞こえず
叩きつける雨
それが君の涙
それすら気づかずに…

今の僕は
年老いた木のように
傷跡だらけ

でも
沢山の枝に葉をつけた
鳥も遊びにやってくる
君からもらった想いが
実をつけた

そして
想いの種を
鳥たちが
いろんなところに運んでくれる
2007-02-24 Sat 12:10 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
出会うタイミングしだいで
本当に運命は変わってくると思います。
たとえばこの詩の二人は、
もっと早く出会えていれば
もっと幸せになれたのかもしれません。。
2007-02-24 Sat 15:24 | URL | 相原咲羅 #//wnbboM[ 内容変更] | top↑
今回は、逆の立場だったな。
この詩でいう、『君』だった。
でもさ、私の身の回りで起きているんだよね。
これが。。。
いつも感動しちゃうよ!。。
十萌さんの詩を読むと少し気持ちが和らぐしね。
これからもよろしく。
2007-02-24 Sat 17:34 | URL | 杜若ひつじ #-[ 内容変更] | top↑
心の傷
心の傷が痛む時、愛する人に対して
心底、愛する自信が無くなるとうか
背を向けてしまうというか、そんなニュアンスを
感じ取りました。

傷の舐め合いを否定する人もいますが
傷が開いている時こそ、人を愛して
自分の存在を回復したいものですね

また 遊びに来ます
2007-02-24 Sat 23:27 | URL | フウ #-[ 内容変更] | top↑
ああごめんなさい
もっと早く
自分が気づいてあげれば
君の傷は開かずにいけたかも
しれないのに
君の傷が
完全に開いてしまったときに
なぜ気づけなかったのだろう
今思えば君は
あんなに苦しんでいたのに
ちょっとそんな影が
見えていたのに

もし自分が今
過去に戻れるとしたら
あのときに戻れるとしたら
真っ先に君に
会いに行くよ
ごめんねって
そして
ありがとうという
その二つの大事な葉っぱを
贈りたいから
でも今も
そして未来になっても
そんなことは
できやしない
それができるのは
自分の頭の中だけさ
それで
自分は今
未来という
渦の中にいる
目を閉じると
鮮やかに浮かび上がる風景…

それは…
二度と同じことは繰り返さないと
自分に堅く決心をした
でも優しい顔をした
私と
幸福な顔をした君
という二人
面白い他愛無い話で
笑いあっているのが見える・・・





なんとなく自分の今を見ているような気がしました…。
それでたまにどうしても自分を責めてしまうこともあるんですよね…なかなかすごいですけど…

暖かいコメントありがとうございました。
『壊れていく君』を見ている自分も辛いですよね…
どうにかしてあげたいと思うものですが・・・どうすればいいのか分からずに今日まで来てしまってますね。


長々と失礼しました。。。

2007-02-24 Sat 23:59 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
壊れてみてもいいよ
貴方の中でなら
いっそ壊れてしまっても構わない
だけど一つだけお願いがあるんだ
後に残った欠片は全て捨ててね
貴方が前に進めるように
2007-02-25 Sun 00:19 | URL | Renzan #-[ 内容変更] | top↑
Miho様へ
凍りついた心が
何に揺さぶられることもなかった心が

溶けていく

君の涙で
溶けていく

永遠のはずだった氷が
形を失くしていく

あなたの想いが
僕に注がれていいのですか
2007-02-25 Sun 20:16 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
トコ様へ
お久しぶりです。
また訪問して頂けてとても嬉しい。
ありがとうございます。

たとえ壊れてしまっても
その大切さに気づいたのなら
嘆き悲しむことの他に
治そうともがくことはできるでしょうか

治そうと縋ることは哀れでしょうか

共感して頂き,ありがとうございました。
2007-02-25 Sun 20:19 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
北村 庵様へ
それが報われないものだとしても
この胸をこれでもかというくらい
締め付けるものだとしても
それを知ったことは決して
無駄なんかではないのだと
信じさせてくれ

僕の中で渦巻く愛しさと恋しさは
決して 不要なものではないのだと

リンクの件ですが,喜んでお引き受けします。
これからもどうぞよろしくお願いします。
2007-02-25 Sun 20:23 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
紅井リモ様へ
それでも私は触れるでしょう
拒むあなたを知らぬフリして
そっとあなたに触れるでしょう

だけどあなたを包む膜が消えても
あなたまでも消えていかせはしない

しっかりその手を掴んで
離しはしない

そんな私をあなたが睨みつけても
私はあなたのその目に怯みはしない
2007-02-25 Sun 20:29 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
鳥が運んだ種がどんな芽を出し
どんな風に咲くのかを
ずっと楽しみに待ちわびます

傷だらけの僕が
突風や嵐に負けそうになっても
芽吹きを見るまで
倒れてなるものかと
年老いた足で踏ん張ろう

遊びに来る鳥たちがいる限り
2007-02-25 Sun 20:36 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
相原咲羅様へ
別れてしまう二人なら
もっと早く出会っていても
別れが早まるだけだったのかもしれません。

結ばれる二人なら
何度別れを繰り返そうと
必ずまた巡りあうでしょう。
2007-02-25 Sun 20:38 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
杜若ひつじ様へ
私が綴るもので少しでもひつじ様の心を和らげて頂けるなんて,本当に心から嬉しいです。
ありがとうございます。
こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします。
2007-02-25 Sun 20:40 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
フウ様へ
傷の舐めあいを,私は決して否定しません。
同じ傷を持った物同士が
お互いの傷を舐めあう。
それの何が悪いのか,私にはわかりません。

傷の舐めあいでもいい。
それで癒えるものがあるのなら。
2007-02-25 Sun 20:43 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
どうして君が謝るの
開いて痛んだ僕の傷を
再び塞ごうとしてくれたのは
君なのに
どうして君は謝るの

開いた傷より
君のその悲しみ漂う顔が
僕には痛く突き刺さる


「どうにかしてあげたい」
その想いだけで救われる心があるように思います。
そう想ってくれるだけで,それだけで十分。

2007-02-25 Sun 20:48 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
Renzan様へ
ごめんね
あなたのその願いは
聞けそうもない

あなたのカケラを全て集めて
この腕で抱きしめて
前に前に進むから
2007-02-25 Sun 20:50 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんわ、凪から《依鈴》に変わりました。
お久しぶりですね。

僕は《君》と《僕》で云えば《君》です。
震えてるだけ。
手を振り払ってばかりです。

受け取るのは恐いんだ、きっと。
2007-02-25 Sun 22:26 | URL | 依鈴 #-[ 内容変更] | top↑
貴方の氷が溶けていく
其れと同時に私は存在を証明されていく

ありがとう

もしも又
貴方の心が凍り付いてしまっても

何時だって此処に
消えぬ炎が見守っているから

2007-02-25 Sun 22:38 | URL | Miho #-[ 内容変更] | top↑
これは昔掲載したやつですか?

君には僕の声が届かない
届かないから、飾って見ている事しか出来ないのかもしれませんね。
最後まで、触れられずに終るのか。。。
それは、どういう気持ちなんでしょうね…
2007-02-26 Mon 12:25 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
依鈴様へ
お久しぶりです。
お名前を変えたのですね。

受け取ることに怯える心さえ
救える誰かが現れたら
痛みは少し和らぐでしょうか

きっと今からでも
遅くない
2007-02-27 Tue 11:35 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
Miho様へ
穏やかなあなたの炎に包まれて
このまま
溶けていってしまってもかまわない

そう思えるほど
気持ちよくて
居心地がよくて,
だから少し怖くなる

この炎
消えぬと信じていいのですか
2007-02-27 Tue 11:37 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
そうですね,再掲載させて頂きました。

触れられないと思い込んでいるだけで
傷つくのを前提に手を伸ばしてみれば
案外 容易に抱きしめることができるのかもしれません。

「君」がそうされることを
望んでいるのなら。
2007-02-27 Tue 11:40 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。以前にちょこっとコメントした鼎というものです

私はこの詩では君かもしれません
「誰も私の叫びを聞いてくれない」と思っていたけれど、実は何も叫んでいなかったのかもしれません
「誰も私のことを見てくれない」と思っていたけれど、実は自分がみんなを見ていなかったのかもしれません
みんなが私のことを見ていないのではなく、私がみんなを見ていないんですね、きっと
孤独に、劣等感に溺れていたんですね、きっと。。。
2007-02-28 Wed 20:11 | URL | 鼎 #JPd9YmNo[ 内容変更] | top↑
鼎様へ
鼎様がお言葉を残してくださったこと,覚えていますよ。
再び,ありがとうございます。

そう気づけたとき,景色はたちまち変わるでしょう。
絶望に沈んでいた心は,もうすぐ救われることでしょう。
求めるが故に盲目になり,なおさら苦しみに落ちていく。
誰もがそうなりがちですが,何かが違うと気づけたとき,
希望が生き返る日はそう遠くはないはずです。
2007-03-01 Thu 10:32 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。