スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ひとときのゆめ
2007-12-23 Sun 19:42

これがひとときの夢だってことは
十分すぎるくらいわかっていた
どうせ気がつけば何もかも覚めて
僕は現実に立ちすくむんだ


それでも目の前に差し出されれば
飛びついてしまう
なんて哀れなんだろう


どうせなら夜は明けずに 朝も来なければいい
そしたら夢も覚めたりしないはずだろう?
どうせなら夜は明けずに 朝も来なければいい
そしたら僕は笑っていられるはずだろう?



それは逃げているだけのことだって
非難されたとしてもかまわない
それは誰よりも僕が一番に
十分すぎるくらい知っているから


それでも逞しくなれないままで
そう願っている
なんて惨めなんだろう


できるなら夜は終わらずに 朝は来ないでもらいたい
そしたら夢の中にいられるはずだろう?
できるなら夜は終わらずに 朝は来ないでもらいたい
そしたら思い通りにやれるはずだろう?


どうせなら夜は明けずに 朝も来なければいい
そしたら夢が覚めることもないんだろう?
どうせなら夜は明けずに 朝も来なければいい
そしたら僕は笑っていられるんだろう?

なぁ そうだろう?
そうなんだろう?


スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:20 | top↑
<<まつげも頬も | 言ノ葉 | enemy>>
たとえあなたは望まなくても
わたしがあなたを起こしてあげる
わたしの想いは小鳥になって
あなたの部屋のすぐそばで
声高らかに歌うのよ

たとえあなたは望まなくても
わたしがあなたを起こしてあげる
わたしの想いは朝日になって
あなたの家の真上を通り
力の限りを照らすのよ

あなたはわたしをまるで知らない
でもわたしはなにもかも知ってる
あなたが今何を考えているかもすべて

さあ、うずくまっていないで立ち上がるの
そして着替えてすぐに出発するのよ
あなたが何をどうしようと、時間はすぎていく
取り残されないようにするには歩くしかない
そうしたらわたしはどこまでもついてゆくから
そう、あなたの影になって
2007-12-23 Sun 20:20 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更] | top↑
感情も 夢も なにも持たなければ
もっと人生はラクなのかもしれない

ねぇそう思わない?
2007-12-23 Sun 21:36 | URL | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 内容変更] | top↑
僕の知らない人よ
僕の知らないところで苦しんでいる
僕の知らないことを叫んでいる
君が誰かはわからない
君の何を知ってる訳じゃない
君の声すら聞いたことがない

だけど君よ
僕の心が痛いんだ
君のせいだよ
僕の知らない君のせいだよ

僕の知らない人よ
僕の知らないところで苦しまないで
僕の知らないことを聞かせてよ
君が誰かを教えてよ
君の何かを知らせてよ
僕の声を聞いてくれないか

どこかの君よ
僕の心が痛いんだ
君のせいだよ
僕の痛みも感じてくれないか



-----------

街中はクリスマス色ですね

サンタクロースがいると思っていた時は遙か彼方に過ぎてしまいました
それなのに、もしかしたら・・・本当はいるんじゃないかな等と感じてしまう時もあります
多分見えないだけだろう・・・
--赤い服に白髭 トナカイ連れて--なのかは定かではありませんがね
多分、心とか魂みたいな、そんな存在・・・


そんなわけでクリスマスプレゼントです
本物サンタさんではないので何が欲しいのかはさっぱりわかりません。
個人的な好みと季節は冬、この二点で選んでいます。

有名な曲ですから聞いたことはあるかと思います
(この時期の夜のBGMなどによいかと)

それでは、心地よい ひとときのゆめ を


ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集≪四季≫から 「冬」 第2楽章 作品8-4
http://www.voiceblog.jp/andotowa/436843.html

ここで聞くことが出来ますし、フリーでダウンロード出来ます。安心なクラシック専門サイトです
2007-12-23 Sun 22:20 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
喜びを知らなければ悲しみなど知らないですむはずだった
悲しみを知らなければ喜びなど知らないですむはずだった

一度優しさを知ってしまった私にはもう失う恐怖しかのこされていない。
2007-12-24 Mon 10:18 | URL | なつ #-[ 内容変更] | top↑
馬鹿みたいだろ?
未だにあのひとときの夢覚えてる。
君のいた暖かさも
最後に繋いだ手も。

クリスマス来ただろう?
君にも僕にも、みんなに。
それなのに僕は満たされた気持ちになれない

君が居ないから
僕の傍に欲しくても
君は僕の横にもう居ない。


いまだって思い出すんだ
あのひとときのゆめ、
この季節の奇跡に
もう一度叶うんじゃないかって

馬鹿みたいだろ……



Mia
2007-12-24 Mon 15:00 | URL | Mia #halAVcVc[ 内容変更] | top↑
こんにちは、初めまして。
ブログの方に素敵な詞をありがとうございます。

上手くは言えないのですが…自分の心にすとん、と落ちてきてすごく心地いい感覚がしています。
リンク張らせて頂きますね。

また来させてもらいます^^
2007-12-24 Mon 15:48 | URL | 暁 #UgcWtZF.[ 内容変更] | top↑
夜は嫌い
黒く塗り潰されて
朝を待って寝なければならないから

朝は嫌い
明るさは私の醜さを全てさらけ出し
ごまかすことができないから

夜も朝も
君も僕も
全てが混沌に還ればいい

そうすれば
もう
何も哀しくないから
2007-12-24 Mon 17:45 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
信じることで救われるのならば

信じるリスクから目をそむけていたいの

信じることのできる幸せ

育んで

2007-12-24 Mon 22:19 | URL | 莢 #-[ 内容変更] | top↑
これが夢だと知りながら
なおもすがりつく僕は
なんと愚かで弱いのだろう

楽しいけれど偽者で
幸せだけど空っぽの
夢が創りしこの世界

一度覚めれば消えてしまう
幻だということは
嫌というほど分かっているのに


これが虚像と知りながら
なおも求め続ける僕は
なんと醜く脆いのだろう


悲しみの無い
夢の世界の中で
僕は笑い続ける




たとえいつかは覚めてしまう
ひとときの夢だとしても

2007-12-25 Tue 17:05 | URL | 永遠 #yXcvZN/o[ 内容変更] | top↑
琴里様へ
ぼくはきみに起こされる
まだ夢の中にいたいとわめくぼくに
きみは想いを届けにやってくる
そんなに清らかな声で歌われたんじゃ
起きずにはいられなくなるじゃないか

それでもまだ夢にしがみつくぼくを
きみは今度は照らし始める
ほら とてもいい天気
分厚いカーテンを通り抜け
ぼくのこころまで突き抜ける

知らないのはきみの方だろ
ぼくはこんなにも感じてる
こんなにもきみを感じてる
きみが何を考えるのかは
ぼくにはわからないけれど
とにかく ぼくは きみを感じる

もう そろそろ出発の時間
寝ぼけた感覚を研ぎ澄ませて
扉を開けに立ち上がろう
BGMはきみの歌
射し込む朝日を背中に受けて
時間の流れに乗りに行こう
辿り着くべき場所を目指して
此処とはしばしのお別れだ
2007-12-26 Wed 10:45 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
だけどぼくらはもう手にしてる
感情も夢も もうこの手の中

楽な人生を捨てたんだ
面白みのない人生を捨てたんだ

今はぼくらは手にしている
感情も夢も 心も 全て

楽な人生をやめたんだ
生きていることを感じるために
2007-12-26 Wed 10:49 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
苦しむわたしを見つけて
この叫びを聞いて
わたしを知って
まだ見ぬ人よ

わたしが痛ませた心なら
わたしが癒してあげましょう
だからその心
わたしに差し出して

苦しむわたしの元に来て
叫ぶ私を見つけに来て
そしてその声で囁いて
どんな言葉でもかまわないから

まだ見ぬ人よ
何処かにいるだろうあなたよ
わたしは叫んでいるのよ ずっと
知らないあなたの名を



今年も聞こえました。素敵な素敵な鈴の音が。
真っ赤なお鼻のトナカイに乗り サンタが空を駆けました。
星につまずきそうになりながら。
月にぶつかりそうになりながら。
やっぱりあわてんぼうのサンタクロース。


ひいろサンタからのクリスマスプレゼントは
私を夢の中へ誘ってくれました。
それこそ 覚めてほしくない 夢の中へと。
白銀の世界。揺れるロッキングチェア。温かい暖炉。
幼い笑顔に老いた微笑み。
額に入れて飾っておけたらいいな。
そんな光景。

2007-12-26 Wed 11:01 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
なつ様へ
失う恐怖の中で 私はあなたを求めるの
失う恐怖に溺れながら 私はあなたを愛するの

想いが積もるほどに
恐怖は広がり もう 私を支配しそう

2007-12-26 Wed 11:03 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
Mia様へ
本当に馬鹿みたいね
まだ私のことを覚えているの
あれから随分時は過ぎたのに
まだ私を思い出すの

本当にあなたは馬鹿な人
私のことなどさっさと忘れて
満たされてしまえばいいのに
他の夢に浸ればいいのに

本当に仕方のない馬鹿ね
この手にもあなたの温もり
思い出すのはあなたと過ごした聖なる夜

馬鹿な私を愛してくれるのはあなただけ
馬鹿なあなたを愛するのは私だけ?

今更 気がついたの
馬鹿みたいでしょう
2007-12-26 Wed 11:07 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
暁様へ
こちらこそお言葉を頂き、ありがとうございます。
私の言葉を暁様の心に残してくださったなんて、この上ない喜びです。

そしてリンクして頂き、光栄に思います。
ぜひまたいらして下さい。
心よりお待ちしています。
2007-12-26 Wed 11:08 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
夜と朝を混ぜ合わせて
太陽と星を出会わせよう

僕と君が出会う口実に
太陽と星を引き合わせるんだ

そして闇に残ったお月様
僕と君の旅行先

哀しみをバックに詰め込んで
お月様に置いてこよう
僕も君も笑えるように
2007-12-26 Wed 11:11 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
莢様へ
信じることで傷ついた
信じることで苦しんだ

信じることなどやめにして
自分を守ってやろうと思った

その瞬間
信じることで 救われていることに
気がついた
2007-12-26 Wed 11:12 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
永遠様へ
ひとときのゆめを求めて
永遠のように思える痛みを抱く

ひとときのゆめを見るが為に
果てしなく感じる苦しみを生きる

いずれ覚めると知りながら
所詮 夢でしかないことを知りながら
それでも僕は 欲し続ける

ひとときのゆめの為に
ただ それだけの為に
僕は今日を終えていく
2007-12-26 Wed 11:14 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして。
はじめまして、Sakuraです。
私も夢から覚めたくないことはよくあるのですが、その思いをこのように素晴らしい詩で表現されていて心に残ったのでコメントさせていただきました。

それでは、また読ませていただきます。
2007-12-26 Wed 20:50 | URL | Sakura #4JcWZNxE[ 内容変更] | top↑
Sakura様へ
遅くなってしまい、申し訳ありません。

Sakura様のお心に私の言葉を残して頂けたなんて、とても感激しています。
本当にありがとうございます。

ぜひまた来てやってください。
心よりお待ちしています。
2007-12-30 Sun 21:33 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。