スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
まがりかど
2007-12-17 Mon 21:41

午後三時を過ぎた頃
向こうの通りから歩いてくるあなたが見える
私はいつもの曲がり角で
重たいランドセル背負いながら待っていた


十字路まであなたが来たら
私は走り出すの


すぐにあなたは見つけてくれるから
その胸に飛び込んで
「わたしも いま かえるところだよ」
年中無休 私が装った偶然は上手でしょ?
あなたの香りに包まれていたい



ブランコに見向きもしないで
誰よりも早くこの門を出て 一目散
重く肩に食い込むカバンを 途中で
投げ捨ててしまったら あなたは怒るかな


そしたらまたここまで
一緒に拾いに来よう


今日はお部屋をホウキで掃いて
雑巾かけて ゴミ捨てて
ぴかぴかにキレイにしてきたの
いい子だねって撫でてくれるときを待ちながら
背伸びして こどもの顔して甘えてた



もしもあなたを見つけられたのなら
その胸に飛び込んで
「よかった やっと かえってきたね」
そして「ただいま」と言ってくれるのを待ちながら
思い切り背伸びするけど


もう届かない


風はあなたの香りを消し去って
ブランコを揺らしてる
小さなつまさきが痛いよ



あれからもずっと私は待っているの
いつもの曲がり角で
いつものあなたを

今だって私は待っているの
いつもの曲がり角で
お空のあなたを


スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:16 | top↑
<<enemy | 言ノ葉 | 蚊帳の外>>
これは父親に対する子どもの思いでしょうか?
私にはどう感じ取れました。
でも違う感じにもとれるかなぁ・・・・・。

自分の父親がもうなくなっているので、なんだかうるっときました。
わかる。亡くなってしまった人を、もしかしたら帰ってくるかも知れないと思う気持ちが。

う~ん・・・十萌さんの詩、やっぱりとっても好きです。
2007-12-17 Mon 22:01 | URL | なつ #-[ 内容変更] | top↑
学校帰りの坂道は
あなたに追いつく上り坂
木漏れ日に似た後ろ髪
見つめながらに急ぎ足

学校帰りの坂道は
あなたと過ごす上り坂
季節を告げる風に似て
騒げる胸を感じてた

息を切らせて声かけたのは
坂道だったからじゃない
息が切れそうなまで
あなたでいっぱいだったから



学校帰りの坂道を
思い出見つめて上り坂
あなたが其処にいるようで
気づけば今も急ぎ足
2007-12-18 Tue 00:31 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
どんなに待っても、来ない人を待つのって
きっと、淋しく辛いことなのでしょうね。

あたたかかった思い出だけが
支えてくれて、待てるのかな~?

でも。。。
やっぱり、淋しいよ~~!

ポチ♥
2007-12-18 Tue 21:12 | URL | eve #SkXpy6zc[ 内容変更] | top↑
おおきなあなたが

私は大好きで

その大きな手で

頭をなでてもらいたくて

いろいろ頑張ってみたんだ




今あなたは

私が小さかった頃より

ずうっとずうっとおおきくなって

いつも私を包んでくれてる

だから私はいつも笑顔で

ランドセルもそろそろぼろぼろだけれど

また背負ってあなたを待つんだ



2007-12-18 Tue 23:42 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
いろんなストーリーが錯綜してしまって一つに繋げるのが大変でした。私なりに読んでみましたが、日常の風景が詩の中の人物の思いと溶け合っていて、素敵だなぁと思いました。言葉の運び方が好きです。
2007-12-19 Wed 19:49 | URL | 影海 #-[ 内容変更] | top↑
大好きだった おじいちゃんのことを思い出しました
いま 涙で 画面が ゆがんでいます‥

書いた意図と感想が筋違いだったらごめんなさい
m(__)m
2007-12-19 Wed 20:09 | URL | ぷぅちゃん☆ケータイ #bGf9qjkw[ 内容変更] | top↑
なつ様へ
なつ様が感じるままに受け取って頂けたら光栄です。

そしてとてもありがたいお言葉をありがとうございます。
なつ様のように感じてくださる方がいる限り、
私はここで立ち続けることができそうです。
2007-12-20 Thu 09:24 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
駆け上るよ 今日も
上り坂
急いで 急いで 駆けてくよ

そこにあなたはいないけど
そこにあなたは見えないけれど
それでも私は駆けてくよ

あの頃よりも少し大きいこの足で
あの頃よりも高い背をうんと伸ばして

だけどあの頃と同じこどものように
あなたに届くようにと
今日も駆けていくよ

あなたの元に
2007-12-20 Thu 09:26 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
eve様へ
もう帰らない人を待ち続ける。

大きな絶望を抱きながら
だけど微かな希望を失くせずに。

本当は待ち人が来るかどうかよりも
待ち続けるということで
何かを保っているのかもしれません。

-もう帰らない-
その現実をかき消したがるように。


応援ありがとうございます。
2007-12-20 Thu 09:30 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
あなたがくれたランドセル
周りはお洒落なカバンを持つけど
私はずっとランドセル

あなたがくれたランドセル
色が剥げて フタもちゃんと閉まらない
それでも私はランドセル

教科書詰めて ノートも入れて
あなたへの思いも忘れずに

私はずっとランドセル背負い
あなたを待って背伸びする

こどもの頃と変わらずに
2007-12-20 Thu 09:32 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
影海様へ
ありがとうございます。
影海様なりに描いて頂けたらとても嬉しく思います。
そして気に入って頂けて心から喜んでいます。
今日もこんな風景がどこかで繰り広げられているでしょうか。
2007-12-20 Thu 09:34 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
大切な思い出を甦らせて頂き、ありがとうございます。

謝らないでくださいね。
ぷぅちゃん☆様なりのお心で感じ取って頂ければ、
それ以上に嬉しいことはないのです。
2007-12-20 Thu 09:42 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
いつだって「ただいま」って抱きしめられること
望んでいたけど手に入らなかった

家族の無償の愛が欲しかっただけ

遠い日の思い出
2007-12-24 Mon 17:38 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
あんなにも欲しかった家族の愛
あんなにも聞きたかった迎えの言葉

これから僕はそれを手に入れるために
これから僕はそれを手に入れ 与えるために
大人になったんだ

いつの日か きっと 言おう
幼い我が子に 「おかえり」を
2007-12-26 Wed 11:19 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
初めまして。
訪問、コメントありがとうございました。
切ない、そしていじらしい詩に胸が痛みます。
年中無休の偶然、
そのひたむきな気持が心に響きます。
私がその人なら、抱きしめてあげたい。
そう、思います。

応援して帰ります。
また、良かったら来てください。
2008-01-10 Thu 17:27 | URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
雫様へ
こちらこそお言葉を残して頂き、ありがとうございます。

本当は偶然なんて装う必要などないのでしょう。
待っていたのだと、正直に言えばいいだけのこと。
だけどそれができないのが 幼心。

またお邪魔させて頂きますね。
よろしくお願いします。
2008-01-12 Sat 16:01 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。