スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
染み
2007-11-27 Tue 21:01

洗濯板でごしごし擦っているの
あかぎれになっても切れ目から血が流れても
洗濯板にあるだけの力を込めて
かじかんでも指が折れてもやめられない


しつこい汚れがとれるまで
やめてはいけない


-憎い- -嫌い-
-欲しい- -不満-
そんなもの達 洗い流せ 流れてしまえ
「見てて」 「聞いて」
「愛を もっと」
そんな思いは 擦り取って 流してしまえ



温い涙がぽたぽた汚れめがけ
降り注いでゆくけど効き目はなくて
洗濯板は今にも折れそうなほど
ひどく軋み,しなるけど,まだ落ちないよ


-恨み- -怒り-
-嫉妬- -猜疑-
そんなものなど
泡で包み 流れてしまえ
「私だけに,愛を,愛を…」
そんな叫びは
削り取って 流してしまえ



だけど清き水がどんなに黒く汚くなっても
次から次へ また 染み
今もここでずっと私は心を板に押し付け
必死に洗い続ける


-憎い- -嫌い-
-欲しい- -不満-
そんなもの達 洗い流せ 流れてしまえ
「見てて」 「聞いて」
「愛を もっと」
そんな思いは 擦り取って 流してしまえ


水を汚しながら
全て流れていけ
戻れぬ下流へ


スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:24 | top↑
<<instant | 言ノ葉 | mobile>>
好きな人に 真剣であればあるほど
自分の醜さに直面してしまう…
嫉妬とか、寂しさからのワガママとか…
それを隠してしまう自分にも また 自己嫌悪で…

『ありのままの自分』って、
言葉では簡単だけど、
本当は とっても 勇気のいることだと 思うんです。。

流せたら いいなぁ、
すべて。
悲しさも 寂しさも すべて。
2007-11-27 Tue 21:17 | URL | ぷぅちゃん☆ケータイ #bGf9qjkw[ 内容変更] | top↑
どんなに洗っても、どんなに擦っても
きれいになることがない汚れ

ちょっと、落ちかかったと思っても
また、汚れてしまう

きっと、きれいになることなどないんだね^^;

ポチ♥
2007-11-27 Tue 22:48 | URL | eve #SkXpy6zc[ 内容変更] | top↑
この汚れがあなたから出たものだというなら
この汚れこそがあなた自身というなら
僕は喜んでその身を染めよう
そこにはあなたの愛の強さがあるから
そこにはあなたの祈りすべてが込められてるから
どうかあなたの想いまで洗い流してしまわないで
僕はあなたを愛しているんだ
あなたが切り取ってしまいたいと思っている部分含めてね
2007-11-27 Tue 23:29 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更] | top↑
もっと苦しんでおくれ
もっと愛してすぎておくれ


愛の茨道 君が選んだ道だ
いや、君が生まれた世界そのものだ
そこでは何人倒れただろうか?
そうすれば楽になれる

しかし、愛が住む場所には行き着けない
そこはオズの国なんかよりずっと遠くて
仲間を連れてゆくことは出来ない
君一人でしか入れないよ

地図もないし 道標もない
それは突然現れる
全てを知った時に
それは突然現れる

君のあらゆる欲望が
君の全ての感情が
君を破壊しそうになる瞬間
君は見ることが出来るだろうか

君を苦しめていたものが
君の肉体と精神そのものになり
それを善き目で見た時
それは突然現れる


だから、もっと苦しんでおくれ
もっと愛しすぎておくれ

そして見ておくれ
愛の住処を
2007-11-27 Tue 23:55 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
溢れて止まらない
愛は呼吸をするの

愛は囁く度に心に蓄積していくの
醜い心
貪欲な心

水は飽和を知っているわ
これ以上もう黒くなれないのに

私は飽和を知らないわ
まだ、囁けるわ
まだ、生み出せるわ

淀んだ水面
ゆらゆらゆ揺れる
歪んだ鏡
写る顔

唱えていいかしら

この世で一番醜いものは何かしら
2007-11-28 Wed 00:13 | URL | 無花果 #-[ 内容変更] | top↑
洗っても、洗っても、落ちることはなくただ汚れは蓄積されていく。
その汚れごと自分を愛せたらいいのに。
願っても、願っても、汚さは増すばかりで。
どうすることもできない。
こんな気持ちを、どうすればいい?

純粋な心でいたいと思っていても、なかなかむずかしいですよね;今の世の中。
と、世の中のせいにして生きている私もまた、汚い部分をもつ人間ですね。
でも本当にまっさらな人なんていないですよね?きっと・・・
2007-11-28 Wed 06:00 | URL | なつ #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-28 Wed 06:39 | | #[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-28 Wed 09:28 | | #[ 内容変更] | top↑
人を愛すると思いがけない自分の姿に直面して
愕然とすることがあります。
愛するがゆえに、憎しみやねたみや、そんな部
分が顔を出して、目を背けたくなる。
自分が嫌いになったりも。
でも人間なら誰しもそんな部分を持ち合わせて
いるのかもしれない。
そんな感情を全て洗い流してしまいたいと思う
十萌さんは、純粋で優しい。
だから、こんな風に自分を責めたりしないでね。
胸が痛くなります。
2007-11-28 Wed 17:01 | URL | アンジェリーナ #-[ 内容変更] | top↑
染む込むように心に入り込む愛しさや憎しみ。人の気持ちがいかに強く、自分自身を支配しているのか、と思えてなりません。可能か不可能かはわかりませんが、洗い流したいと願うことに少し無力さを感じます。すごく色々なことを考えさせられる詩でした。
2007-11-28 Wed 19:38 | URL | ゆめ #-[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです^^
やっとPCの前にこれましたw
これはちょっと悲しい詩ですね…
全部流れてしまえ、水を汚しての部分が、罪悪感があるのかなって思いました。
流れてしまった水は戻せない。だからこそ、躊躇いながらも、罪悪感を持ちながら、洗っているのでしょうか…
2007-11-29 Thu 14:45 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
自分では気になる短所、汚れ、醜い所…たくさんありますよね。
ですが、自分では汚くみっともなく醜く思える様々な物が必ずしも
本当にそんなに気に病まなくてはならないものであることは実は
少ないのではないかと思います。

どうか汚いといって
その染みを擦って
自分の手すらも
傷付けてしまわないで

どうか自分を責めて
自分の立つ場所を
無くしてしまわないで

どうか

どうか

2007-11-29 Thu 16:19 | URL | 須藤咲也 #VWFaYlLU[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
もしも流すことができても
きっとまた 新たな汚れ 違う染み。
擦っても 削っても 取り除けないのでしょう。

だけど自分の汚さを、醜さを、知っているから、
知っているからこそ、懺悔ができるのだと思います。

完全な美しさを手に入れることはできないとしても、
頑固な汚れに謝罪。
忘れたくありません。
2007-11-30 Fri 11:15 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
eve様へ
洗えど 洗えど
落ちない汚れ

滝のような涙で濡れようと
頑として動こうとしない 染み

無くすことはできなくても
私は洗い続ける
落とすことができなくても
落とそうとすることはやめない

自分というものを知っている限り


応援ありがとうございます。
2007-11-30 Fri 11:18 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
琴里様へ
さっきから僕は探している
あなたから隠れる場所を探している
僕はこの醜さを憎むのに
あなたはそれさえ愛しいと言う
僕はこの汚さを恥じるのに
あなたはそれさえ丸ごと受け止める
だから僕は探している
あなたから隠れられる場所を
そこで考えるつもりなんだ
湧き出るあなたへの感情を
何とかして表す方法を
2007-11-30 Fri 11:21 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
愛の茨道
どこまでも突き進みましょう
見る地図もなく
あてになる標識もない この道を
何処に辿り着くとも知れず
ひとり 歩き始めた道を
引き返すことなどできぬから

あなたへの愛は尽きずに溢れる
言い知れぬ苦しみを伴いながら

ひとり 歩き 行き着く先に
あなたは住んでいるのだろうか
そこにあなたはいるだろうか
私を待っているだろうか

答えてくれるものはないけれど
答えてくれるものなどありはしないから
私が確かめるより術がない

だから歩き続けましょう
愛と苦しみ 抱きながら
2007-11-30 Fri 11:24 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
無花果様へ
この世で一番醜いもの
水面が何を映そうと
私に見えるのはきっと我が顔

この世で一番醜いもの
鏡は何も応えない
勝手に私の目が見てしまうだけ
そこに自分の汚さを

まだ大丈夫
私は自分の歪みを知っている
まだ大丈夫
私は自分を知っている
2007-11-30 Fri 11:27 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
なつ様へ
一点の汚れも欲もなく、ただ純粋な心で在れたなら、どれほど楽なことか知れません。だけどそんな心を手に入れるということは至難の業。誰でもが成せることではありません。

それでも大切なのは自分の醜さを自覚しているということだと思うのです。自分の罪を知っていれば償うことも、謝罪することも、二度と繰り返しはしないと誓うことも、できるのですから。
2007-11-30 Fri 11:29 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
アンジェリーナ様へ
人が人を愛したとき。
人が本気で何かを欲するとき。
その人の本質が現われます。
それは決して綺麗なものばかりではない。
どれほど澄んだ瞳の持ち主でも、
汚れの欠片もない人など、きっと、いないのです。
だからこそ人は人を愛し、何かを欲するのでしょう。

ありがたいお言葉、本当にありがとうございます。
心から感謝します。
2007-11-30 Fri 11:32 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ゆめ様へ
洗い流すことができたなら、どんなにいいだろうと思います。だけど、それはきっと不可能なのでしょう。
洗っても流しても落ちたように見えても、また新たな汚れは生まれてしまうのだから。
だけどそれは心が生きている証だとも思うのです。洗い流せないという意味では無力だとしても、洗い流そうとすることは、できます。
2007-11-30 Fri 11:34 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
お久しぶりです。
そしてお疲れ様です。

汚れと共に罪悪感までも流してしまったとしたら、後には何が残るのでしょうか。想像するだけで、恐怖がこみ上げます。
2007-11-30 Fri 11:36 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
須藤咲也様へ
自分の欠点や汚さは、他のものよりも大きく感じるものなのです。本当は誰もが抱いているものだとしても、誰もそれを明かそうとはしないでしょう。だから、誰もが自分だけだと思い込み、そんな思いを抱く自分に、絶望。

自分を責めることで
この綺麗になることが
できるわけでもないのに

自分を傷つけることで
許される何かが
あるわけでもないのに

今日もこの手は凍えるばかり
そして今日も君は冷えたこの手を
暖めようと握ってくれる
2007-11-30 Fri 11:40 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
いくら身体を擦ろうとも流そうとも
消えない心の傷と身体の穢れ

擦れど擦れど
心は磨り減り
身体は真っ赤になっていくだけ

誰かが頭の中で笑っている
2007-12-04 Tue 10:36 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
擦っても取れない汚れなら
擦るほどに傷つけてしまうだけならば
そっと優しく撫でましょう
撫でるように拭き取るの

そしたら ほら
おとなしく取れてくれた

あとは傷を治しましょう
優しさという石鹸で
傷だらけの体 包みましょう
2007-12-06 Thu 15:05 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。