スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007-11-20 Tue 20:53

私が夢の世界へと旅立ってしまったのは
貴方にとって不幸?
私の目が覚めるように形だけでもいいから
何度も願ってくれる?


紅みを失った寝顔に花を添えて
抱いて産まれてこれるように


想われたまま朽ちていける私は幸せ
私がいない未来に絶望する必要なんてないの
涙が乾くその頃にはもう跡形も無く
貴方は私を覚えていないだろうから




それでも私達にそう終わりはないと
貴い誓いをくれませんか


最後くらいそんな嘘も許されるでしょう
微笑んで眠れるように


憎まれていく前に空に昇って逝けるように
私が消えた未来は暗闇でしかないと思わないで
どんな海より深く見えるその悲しみでも
いつまでもずっと続きはしないから




想われたまま朽ちていける私は幸せ
本当は優しい神様からのご褒美なのかもしれない
涙が乾くその頃にはもう跡形も無く
私は貴方の中にはいないだろうけど




過去掲載詞
スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:21 | top↑
<<mobile | 言ノ葉 | termination>>
ふたりの思い出
君はいくつ見ただろう
覚えているかい?
どのくらい忘れただろう?
沢山忘れてしまっていたら
僕らは幸せだ

初めてのデート
思いを打ち明けた日
一緒に暮らしはじめた日
・・・
指が何本あったら足りるかな

互いに信頼し合って
互いの仕事に専念出来て
互いの間に心配事なんか
ほとんどなかったね

平凡な暮らしが
僕らを支えたのかい?
互いの信頼があったから
平凡な暮らしが出来たのかい?

二人の思い出
沢山忘れてしまっていたら
僕らは幸せだ
それだけ互いに
安心していた証のはず
2007-11-21 Wed 00:59 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
想われたまま朽ちてゆくのは一番のしあわせか
もしれません。
いつかあなたがわたしを忘れる日が来るとして
も、神さまは空の上からそっと見守ることは許
してくれるでしょうか。
2007-11-21 Wed 10:04 | URL | アンジェリーナ #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして(=^・^=)
はじめまして
hunter と言います

碧海さん繋がりで遊びにきました

素敵なポエムですね
感動しました

よろしければリンクさせていただけたらと思います

2007-11-21 Wed 11:03 | URL | hunter #jnRiruIs[ 内容変更] | top↑
こう言いながら逝ければどんなに嬉しいだろうな・・
嘘に気づきながらも
嘘をついてくれる「やさしさ」をありがたく思いながら

いなくなってしまったら即座に忘れて欲しいという思いと
ずっと忘れないでいてほしいという願いが
交差する・・
正直そんな感じです (^^;)
2007-11-21 Wed 12:27 | URL | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 内容変更] | top↑
そう思って逝きたい。
でも、神様からそのお許しは
出てないみたい。。。

ならば、どんな別れをも受け入れなければ、
ならないのでしょうね。。。

ポチ♥

2007-11-21 Wed 13:45 | URL | eve #SkXpy6zc[ 内容変更] | top↑
本当のことを言うよ
僕はいま、心から安堵しているんだ

君の輝く瞳に愛らしい笑顔
そして何よりも無垢で優しい心
魅了されない人はいないだろう
君が無邪気に微笑むたび 僕は
いつも嫉妬ではらはらしていたんだ

愛していたんだ
今も愛しているんだ
そして悲しくてたまらないんだ

だけど
僕はちっぽけな心で
安堵しているんだ
とうとう君が最後まで僕ひとりのものだったことに

2007-11-21 Wed 17:53 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更] | top↑
ある人に、私はお父さん子だったんですよという話をしていたときです。
「じゃあお父さんは、娘の反抗期とかが始まる前に亡くなられてある意味幸せだったかもしれない」と言われたことがあります。ちょっとだけむかつきました。
なんて言ったらいいのかよくわあkらないんですけど。
親と子、恋人では全く違うと思いますが・・・
なんとなくその会話を思い出しました。

もし好きな人に先に死なれたら嫌ですよね。
2007-11-21 Wed 18:36 | URL | なつ #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-21 Wed 18:44 | | #[ 内容変更] | top↑
光と暗闇が対になっているように
生と死もまた対になっていて、
たとえどんなに強くても
どんなに美しくても
命あるものはいつかは死んでしまう。
そういう、世の理を静かに感じさせますね・・・・




私のことだけ想っていて
私のことだけ願っていて
私のことだけ愛していて

貴方の涙が枯れ果てるまで

私のことを感じていて
私のことを忘れないで

この世に終わりが訪れるまで

私には与えられるものなんて
もう何もないけれど



お願い どうかもう一度 


愛してると言って



2007-11-22 Thu 00:40 | URL | 永遠 #yXcvZN/o[ 内容変更] | top↑
形が崩れ去ろうとも
心がまだ生きているわ

貴方が私を愛しているように
私が貴方を愛しているように

見えない存在もあるということを
私達は知っているでしょ?

だから、私も幸せを引き連れて逝けるのです
だから、貴方も誇ってください

一時期の悲しみに溺れないように
見えない愛にしっかりと掴まってください
2007-11-22 Thu 00:42 | URL | 無花果 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
忘れない
何気ない毎日の中での
何気ない幸せ

忘れない
淡々と過ぎていく中で
埋もれてしまいそうだった喜び

小さな 小さな嬉しさを集めては
振り返り 思い出し
懐かしさに微笑んで
淋しさに 涙

たとえばあなたが初めて名前を呼んでくれた日のこと
たとえばあなたの指が初めて私に触れたこと
たとえばあなたと初めて笑い合えたこと

思い出すことが少なくなっても
忘れはしない
ふたりの過去
私の中で呼吸し続けているから
2007-11-24 Sat 11:24 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
アンジェリーナ様へ
時間は止まることなく、今この瞬間にも過ぎています。
その中で思い出に耽ることは少なくなっていくでしょう。
だけど「忘れる」ということは、あり得ないと思うのです。
忘れることなど、できないと思うのです。
あらゆるものが思い出を甦らせるだろうから。

最初はその度に感じていた果てない悲しみは
やがて穏やかに薄れていく。
そんな姿を空の上から見守ることができたら、
紅を失った頬でも微笑みたいものです。
2007-11-24 Sat 11:27 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
hunter様へ
はじめまして、hunter様。
お言葉を残して頂き、嬉しく思っています。

その上、リンクして頂けるなんて光栄です。
ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
2007-11-24 Sat 11:29 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
「忘れてほしい」
「ずっと覚えていてほしい」

どちらの思いが強いかと問われると、きっと忘れてほしくない気持ちの方が大きく上回るでしょう。

だけどそれはずっと悲しんでいてほしいという意味ではなく。私の死を嘆き続けてほしいということではなく。

ただ、覚えていてほしいと願うのです。
私がここにいたことを。
そして二人の思い出を。
2007-11-24 Sat 11:31 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
eve様へ
どうやって受け入れようかと
どうやって越えてみせようかと
考えている途中

急がせないで
焦らせないで

どちみち別れは避けられないのでしょう
それならどんなに時間がかかってもいいじゃない

今 別れと向かい合っている途中


応援ありがとうございます。
2007-11-24 Sat 11:34 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
琴里様へ
愛しているの
愛していたわ

今までも
これからも

あなたが私を独り占めしたがるたびに
私はその愛を感じて
あなたの隣で安堵していた

あなたの愛を知っているから
私は安らかな夢の世界へ旅立てる

あなたがいる限り
私の存在も消えてしまうことはないだろうから

だけどあなたは最後まで信じてくれなかったね
私にはあなたしかいないんだって
あんなにも伝えていたのに
2007-11-24 Sat 11:38 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
なつ様へ
娘の反抗期は確かに父親にとっては、少々苦労する時期かもしれません。だけどそれは、娘を持った父親にとっての醍醐味だとも思うのです。

娘の反抗期を嘆きながらも、自分から自立しようとする姿に成長を感じ、微笑ましくも思うのでしょう。

なつ様のお父様はなつ様がこの世に誕生してくれたというだけで、十分に幸せなのではないでしょうか。


2007-11-24 Sat 11:41 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
永遠様へ
振り絞るような声で
あなたが言った
「愛してる」

嗚咽に紛れて
涙に濡れて
きっと誰の耳にも届かなかった

だけど私には聞こえたから
ちゃんと聞き届けたから

あなたの懸命の
「愛してる」

私はあなたの愛に見送られて
今 昇っていきます

私の愛をあなたの側に
そっと置いて
2007-11-24 Sat 11:43 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
無花果様へ
耐えて 越えて 折れないで
悲しみ 果てなくとも
絶望に落ちようとも

どうか耐えて
そして越えて
折れないでいてください

あなたが私との別れに
それだけの大きな感情を
抱いてくれただけで 十分

少しずつ薄れていっても
それは必然
責めたりしない

だからどうか
ねぇ どうか
2007-11-24 Sat 11:46 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
思われて看取られて逝きたい

贅沢をいうのであれば
心の本の片隅で良いから
私が居たことを覚えていて
2007-12-04 Tue 10:40 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
一欠けら 残して
想い続けてくれとは
願わないから
一欠けらだけ 残しておいて

私の欠片
小石よりも小さくてかまわないから
私の欠片
あなたの中に
2007-12-06 Thu 15:09 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。