スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
scarce
2007-10-27 Sat 21:30

あなたは私を守ってくれると言った
あなたは私を何度も抱きしめてくれた
私の周りにはたくさんの人がいた
私に笑いかけてくれる人もいた


それでも私は淋しかった
淋しくてたまらなかった
あまりに永い夜の中で
何度泣いたことでしょう



優しい言葉はたくさんの人がくれた
温かい手を差し伸べてくれる人もいた


それでも私は独りだった
壊れそうになっていても
独りで何かにしがみついて
耐えることしかできなかった



明けてく空なら何度もこの目で見た
全ての雨は止むことだって知っている


それでも夜が訪れるたび
雨が激しく降るたびに
終わりはないような気がしてた
何度怯えたことでしょう

いつでも私は淋しかった
淋しさを拭えなかった
あまりに深い夜の闇を
まだ彷徨い続けるの

スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:33 | top↑
<<花絨毯 | 言ノ葉 | 悲恋>>
耐えることしか出来ない哀しさ
淋しい気持ちを呑み込んで

手探りで進む 闇の中
一筋の光さえ 見失い

ねぇ 何を 探しているの

水面下で滞る
気持ち
数々
2007-10-27 Sat 22:18 | URL | 莢 #-[ 内容変更] | top↑
あぁ。。。
なんかわかります。
どんなにそばにいてくれても、
どんなに優しくしてもらっても
淋しいときがあるのです。

自分でもわからなくて考えてみたりしても
結局わからなくて。。。

ほんと、どうしてなのかなぁ~~?

ポチ♥
2007-10-28 Sun 00:12 | URL | eve #SkXpy6zc[ 内容変更] | top↑
 いつ わたしの中に夜明けと虹が架かった空が巡るのだろう

 いつ わたしは この暗闇から醒めるのか

 そんなことを考える今日この頃です。
 ちょうど自分の心にぴたりときました。

 ありがとうです。
2007-10-28 Sun 00:41 | URL | マミヤ #t5k9YYEY[ 内容変更] | top↑
さあ 歌いましょう 愛の歌
そう その調子 続けましょう

燃える思いに尽きぬ思い
寄ってらっしゃい遠慮せず
扉はいつも開けてます

痛んだ心 破れた心
私と一緒に手を取りましょう
一人でいるとさびしいでしょう

さあ 綴りましょう 愛の詩
そう 素敵じゃないの その言葉

私は愛のコンサルタント
御代はあなたの笑顔だけ
予約は簡単 涙だけ

いつでもどうぞお待ちします
あなたと一緒に泣きましょう
あなたは私のコンサルタント

あなたは私の
愛のコンサルタント
2007-10-28 Sun 00:52 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
初めまして
ブログの訪問ありがとうございます^^
ブログを拝見させてもらいました
自分は守る方なので私は少なからず好きな人を大切に守るつもりです
絶対孤独を味あわせたくないです。
苦しむ顔を見たくありません。
あいつが苦しむぐらいだったら自分が盾となります。
このような感情では足りないのでしょうか・・・?
今後暇な時に足を運んでいただけたら幸いです^^
2007-10-28 Sun 09:49 | URL | popo #-[ 内容変更] | top↑
勝手ながらリンクに追加させてもらいました^^;
2007-10-28 Sun 10:53 | URL | popo #-[ 内容変更] | top↑
わかんない
守ると言ってくれるひとがいて
抱きしめてくれるひとがいて
何がどう足りないのでしょうか
どうしてさみしいのでしょうか

守ると言ってくれるひとが、抱きしめてくれる人がほしい(>_<)

でも本当にどうしようもなくさみしいときってあります。

2007-10-28 Sun 11:22 | URL | なつ #-[ 内容変更] | top↑
一人だと思ってしまうんですよね・・・
色々な人がいて、助けてくれてるはずなのに…
寂しさを傍らに置いてしまうんです。
その気持ち、わかるなぁ・・・
2007-10-28 Sun 11:43 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
コメありがとう
コメント残してくれて、ありがとう。
どうしてもガマンできなくなって、内向的な記事を書いてしまって…
直接には書いていないけど、私に手をさしのべてくれる人達を否定する内容で、残しておきたくないので削除することにしました。

自分にとって見られたくないものに、こんなに早くレスがつくものかと、とてもフクザツな思いです。
十萌さん、ありがとう。
他の記事もぼちぼち読ませてもらいます。。。
2007-10-28 Sun 14:02 | URL | 235 #GCA3nAmE[ 内容変更] | top↑
一人だというわけではない
笑いかけてくれる人も
優しくしてくれる人もいた

けれど どうして

こんなにも独りなの?

明けるはずの夜の闇が
永久に続くような不安に
押しつぶされるような
孤独を覚えてしまうのは 何故?


温もりを知らなかったわけではない
貴方の優しい言葉も
抱きしめてくれた温もりもあった

なのに どうして

こんなにも淋しいの?

止むはずの雨が
永遠に終わらないような
底の無くふかい
淋しさを覚えてしまうのは 何故?


決して不幸ではないのに
一人ではないのに

涙が止まらないのは
心が空っぽなのは

ねぇ、何故?


2007-10-28 Sun 15:34 | URL | 永遠 #yXcvZN/o[ 内容変更] | top↑
すごくわかります・・
すごく求めているのに、
手もさしのべてもらって、
いっぱい助けられてるのに
心の中の「孤独」は 消えません・・

自分で 自分を消したくなってしまうのです
2007-10-28 Sun 22:47 | URL | ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 内容変更] | top↑
こんにちは。^^
人は、見えないもの、見えないことを恐れる。

月の見えない夜、
灯りの消えた部屋、
人気のない黄昏時、
そして・・・人の心。

ひとりで歩けないから、ひとりじゃ怖いから、
あなたと歩く、ふたりで歩く、手を繋いで歩く。


応援ぽち、していきます。^^
2007-10-29 Mon 12:12 | URL | 新月 #7qIJuB7g[ 内容変更] | top↑
周りに、自分の事を愛してくれる人がいても
無性に寂しくなって
虚しくなって
悲しくなる・・・って事、アタシもあります。
幸せだし、あたしもみんなを愛し、愛されていても、
なんでだろう。
どこか虚しくて寂しいって時が・・・。
2007-10-29 Mon 22:41 | URL | 美弥香 #-[ 内容変更] | top↑
君は
心の深い闇の中で
理由のわからない淋しさと悲しみの中で
まだ彷徨い続けているの?

その思いの全てを
俺が拭い去ってあげられると良いのに・・

その想いだけじゃ
君を救えないの?

でもね周りをもっとよく見てご覧

君は一人じゃないよ
君を愛するみんながいてくれてる


そして・・

俺が
ここにずっといてあげる
心のそばにいてあげるから

淋しくならないで
悲しくならないで

祈るような気持ちで
君を見守っている俺が
ここにいるから
2007-10-29 Mon 22:59 | URL | arashi #jB7Ff6Uw[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです、長らく訪問せず申し訳ありませんでした…!
ちょっと私の今の心境と似ている気がしました、この詩。
友人も、家族も、私に笑いかけてくれているのに。
なんとなく言い様も無い淋しさを感じる時があって。
理解者が沢山いるのに、それでも理解してもらってない気がして。
こういうのを、人は傲慢というのでしょうか。

2007-10-30 Tue 18:02 | URL | 須藤咲也 #VWFaYlLU[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
はじめまして。
ブログにコメントくださって嬉しかったです。
ありがとうございます。
詩を書かれるのですね!
何故か携帯からこの記事が見えないのですが…;;
またお邪魔させてください!
2007-10-30 Tue 22:56 | URL | 末下 #-[ 内容変更] | top↑
莢様へ
耐えて
飲み込み
彷徨い
見失った光を探す

もうこんなにも照らされているのに

耐えるべきことも
飲む込まなければならないものも
本当はありはしないのに

ひとり 苦しみ 抱え
2007-10-31 Wed 21:58 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
eve様へ
足りないものなど何もないのに
こんなにも与えられているのに
あとは何がほしいのだろう

足りないもの あるとするなら
満たされていると感じる心


応援ありがとうございます。
2007-10-31 Wed 22:02 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
マミヤ様へ
闇から抜けたとき
明るい空と
七色の虹を見上げ
何を思うでしょう

こちらこそありがとうございます。
共感して頂き、とても嬉しく思います。
2007-10-31 Wed 22:10 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
繋いだ手から伝わりはしませんか
この淋しさがあなたにも
感染してしまうことはありませんか

歌ってください
私が思わず笑うような
陽気な歌を聞かせてください

綴ってください
私が何度も読み返すような
素敵な詩を贈ってください

そして最後に見せるのは
嬉し涙か 冷たい涙か
ふたり 賭けをしてみましょうか
2007-10-31 Wed 22:13 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
popo様へ
こちらこそお言葉を残して頂き、ありがとうございます。

popo様の想いは注がれる方にとって
大きな強みになるのだと思います。
優しさ溢れた想いの中で忘れないでください。
popo様の苦しみは
決してpopo様のものだけではないということを。

リンクして頂き光栄です。
ありがとうございます。
またお邪魔させて頂きますね。
よろしくお願いします。
2007-10-31 Wed 22:17 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
なつ様へ
どうしようもない淋しさの波に襲われて
そのまま飲み込まれ
溺れてしまいそうな夜

言葉もなく
ただこの手を握ってくれる手があるなら
どれだけ救われることでしょう

それで救われるはずなのに
それでも沈んでしまう心

人はどこまで独りなのでしょうね。
2007-10-31 Wed 22:19 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
助けてくれる人がいてくれるように
自分が助けたいと強く思う存在ができたとき
淋しさを感じる暇などなくなってしまうものかもしれないと
思うことがあるのです。
2007-10-31 Wed 22:21 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
235様へ
こちらこそお言葉を残して頂き、ありがとうございます。
私が言葉を残したことで複雑な心境にしてしまい、
申し訳ありませんでした。

またお邪魔させて頂きたいと思います。
2007-10-31 Wed 22:23 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
永遠様へ
いつも いつでも
私に寄り添うのは
孤独

それはどこまでも続いているように見えて
すぐ側にいるあなたさえ
霞ませてしまう

淋しさなど
もう遠い昔に置いてきてもよかったのに
淋しさなど
もう感じることなどないはずなのに

今でも変わらず湧き上がり
私の心を支配する

あなたさえ見えなくさせる
こんなにも近くにいる
あなたさえ
2007-10-31 Wed 22:26 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ぷぅちゃん☆様へ
何をどうしても
誰といても
何処にいても
いつもいつでも
私の中に住み着く感情

消えてしまいたいと思った瞬間
さらに強くなるのは
淋しさと共に哀しさ

自分への哀れみ

どうして満たされることを知らないのかと
2007-10-31 Wed 22:28 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
新月様へ
繋いだ手から
あなたの温もり伝わって
尽きることの無かった淋しさは
覆われていく

それでも
またいつか
きっと顔を出す

だけど今だけ
せめて今だけ
愛されていると感じられる今だけは
あなたの温もりだけに
身を寄せていたいの

またいつか孤独が顔を出すときまで


応援ありがとうございます。
2007-10-31 Wed 22:30 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
美弥香様へ
人は淋しさから逃げられない生き物なのかもしれません。
それでも注がれる愛を、与えられる優しさを、
感じることを諦めたくはないのです。
それは確かにそこにあるのだから。
目に見えなくとも、確かにそこに。
2007-10-31 Wed 22:32 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
arashi様へ
あなたの言葉
私の中に浸み渡り
孤独さえも染めていく

もう十分
その優しさがあればいい
その想いがあればいい

もう十分

あとは私の心次第
あとは私のこの心が
どう孤独から抜け出すか

あなたの手をとって
どうやってここから抜け出そう

2007-10-31 Wed 22:35 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
須藤咲也様へ
お久しぶりです、咲也様。
それはきっと誰もが抱く思いなのだと思うのです。
それを傲慢と呼ぶのなら
この世に傲慢ではない人などいないでしょう。
淋しさを抱きながらも
愛されていると感じているのかもしれません。
2007-10-31 Wed 22:37 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
末下様へ
こちらこそお言葉を残して頂き、ありがとうございます。

記事を選択し、反転してくだされば、
お読み頂けると思います。

私もまたお邪魔させて頂きますね。
よろしくお願いします。
2007-10-31 Wed 22:39 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
「明けない夜はない」
「止まない雨もない」

この言葉信じて生き続けるけれど
いつまでたっても明けない夜に
もうそろそろ疲れきってきたよ

雨に身を晒してみたけど
このまま雨に
何もかもが溶かされてしまえばいいのに
2007-12-11 Tue 14:23 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
もうどのくらい待ちわびているだろう
誰もが訪れると言う夜明けを ひとり

もうどのくらい待ち望んでいるだろう
雨の後の空の青さを

まだ訪れはしない
まだ見えはしない

だけど まだ 全ては終わってはいないのだから
諦めることもない

この体が終わるまで この心が朽ちるまで
まだ 絶望することはない
2007-12-13 Thu 10:36 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。