スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
白肌に跡
2007-09-07 Fri 20:48

陽は山を燃やしながら
次はどの青にぽっかり浮かぶの
ねぇ 何が怖くてそんなにも
ギラギラと想いを放つの


頑張っても明ければまた青は元通り
赤い空にはならないよ


ジリジリと私の肌を焼くくらいなら
この想いも焦がして灰にして
あの海へと還す役目は引き受けるから
満ち潮になる前に早くして



月を呼ぶ前にひとつ
しないといけないことがあるでしょう?
何食わぬ忘れたふりをして
水平線に隠れるつもり?


私を置いていこうとしているのなら
あなたより赤い血の涙


雨雲に居場所を盗られそうで
必死に死に物狂いで燃えているのね
でもどうせもうすぐ否が応にも
きっとこの国から引き離されるの



私のようにね
引き離されるの
そうやって季節は
全て 引き離していくの



ジリジリと私の肌を焼くくらいなら
この想いも焦がして灰にして
あの海へと還す役目は引き受けるから
満ち潮になる前に早くして
白肌にあなたの跡を刻みつけても
あっという間に消えてしまうのよ
抱きしめた人にもやがて忘れ去られてゆく
惨めなこの私と同じ



スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:16 | top↑
<<last moment | 言ノ葉 | 赤宝>>
お久しぶりですw
ちょっと放置しておりました・・・。


季節は残酷に
私とあなたをただの他人にする
巡り巡る間に出逢ったのに
また巡り巡りながら忘れていく
・・・そういうものなの。
2007-09-07 Fri 21:26 | URL | 優愛 #-[ 内容変更] | top↑
忘れ去られてしまっても
心だけは、そのまま・・・

だれも心までは取り上げたりできないの
淋しくても
哀しくても
ずっと、そのまま・・・

ポチ♥
2007-09-08 Sat 00:07 | URL | eve #SkXpy6zc[ 内容変更] | top↑
お前の部屋の窓に
愛という文字を刻もう

お前の肌は陽の光で焼けてしまい
涙を雨に流してしまおうとも
この文字だけは消えない

お前も俺も同じものを求めている
なのに、いくつの跡を見えなくしょうとしたか
だけど、この文字だけは大事にしてる

ふと自分に正直になった時
お前の目に映るのは愛の文字
そして脳裏に浮かぶのは何だろう

お前の部屋の窓にも
俺の部屋の窓にも

同じ文字を刻もう
愛という文字を刻もう
2007-09-08 Sat 00:31 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
その人はまるで
太陽のよう。

眩しくて、きらきら輝いている。


そして抵抗しても
離れてゆく。
夜が来るのとおんなじように。。


今回も切ない詩ですね。
胸にささります。
2007-09-08 Sat 14:43 | URL | 相原咲羅 #KefU8MD.[ 内容変更] | top↑
身を駆け巡る衝動は
憎悪の叫び
狂喜の喜び
愛情の嘆き

指先から爪先まで
あるのは
貴方だけ

一刻も早く消し去って
一刻も早く無くなって

燃やして、焦がして
溶かして、流して
砕いて、撒き散らして

こころ、からだ、すべて
壊れてしまいそうなの
2007-09-09 Sun 16:28 | URL | 無花果 #su7LfdQk[ 内容変更] | top↑
太陽の詩ですが、とても切ないですね。
(通常、太陽といえば勝手に明るいとか温かいとかイメージしがちなので)
でも、この詩を拝読してやっとわかったかもしれません。
なんで夕陽が切ないのか。
あれはわずかな時間しか、この空にいられない太陽の、
最後の叫びなんでしょうね。
2007-09-09 Sun 18:11 | URL | 碧海 #tFLCjtZM[ 内容変更] | top↑
僕のブログが「Rising Sun」というくらいですので、とても興味深く拝読しました♪

朝昇る太陽は希望の代名詞、夕方沈む太陽は明日を約束し・・・何故に燃え続けるのか・・・。もしかしたら太陽は世界の終わりを一番知っているのかも・・・。怖くて怖くて生き急ぐように燃焼するしか術のない自己愛なのかなと十萌さんの詩を拝読して感じました☆
2007-09-09 Sun 19:43 | URL | *ハリー* #-[ 内容変更] | top↑
優愛様へ
お久しぶりです、優愛様。

巡り巡りながら
あなたの中から私が消し去られていっても
同じ季節はまた訪れる

そして強い日差しに眩暈を覚えながら
あなたが思い出すのは
あの太陽のように
熱くあなたを焼いた
かつての私の想い
2007-09-10 Mon 10:11 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
eve様へ
淋しさに溺れて
哀しみに濡れながら
思い知るのは
あなたの存在

だけどやがてそれさえも
きっと乾いていくのでしょう
あなたが私を忘れる頃
きっと乾いているでしょう

たったの一滴だけを
残して
2007-09-10 Mon 10:13 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
あなたが刻んでくれたはずの愛の文字が
どうしたことか 見えないの
あなたはあんなにも想いを込めて
強く 強く 刻んでくれたのに

雨に流れてしまったのかしら
風に風化してしまったのかしら

悲しいの
悲しくてたまらないの

どうしたことか
私は暗闇に包まれて
あなたの愛が見えないの

そうね
そうよね
見えないはずよ
いつの間にやらその窓には
厚いカーテンがひかれていたの

このカーテンを開けたなら
まだ見えるかしら
あなたが刻んでくれた愛が
今でもそこにあるかしら

カーテンに手をかけて
思うのはあなたのこと

あなたの窓にも同じように
厚い厚いカーテンが
かかっていたらどうしましょう
2007-09-10 Mon 10:17 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
相原咲羅様へ
抵抗しようと
離れていってしまうなら
いっそ抗うことをやめましょう

そうしたら もしかしたら
あなたの方から近づいてきてくれるかもしれない
なんて思ってみたり

光はもう
あんなにも
遠いのに
2007-09-10 Mon 10:18 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
無花果様へ
消えるそばから
また新たに描かれる
あなたへの想い

無くなってゆくそばから
また新たに産まれる
あなたへの愛

尽きないの
果てがないの

燃やしても
焦がしても
どうやって無くしてしまおうとしても
その灰さえも
愛おしく想ってしまうから

このまま壊れてしまうのも
案外 悪くはないかしら
2007-09-10 Mon 10:21 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
碧海様へ
太陽は幸せですね
最後の叫びを世界中に届けることができる
その切なさで全てを赤く照らすことができる

太陽は幸せでしょうか
それでもその思いは届いていないのかもしれないのに
それでもその声は誰にも聞こえないかもしれないのに

太陽は孤独なのでしょうか
2007-09-10 Mon 10:23 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ハリー様へ
ありがたいお言葉をありがとうございます。

太陽が声を持っていたとしたら
どんな声で どんな思いを
高く高くから叫ぶのでしょう

その声を聞いた私たちが感じるものは何でしょう
恐怖?不安?孤独?

少なくとも 素敵だと呼べるものでは
ないような気がしてならないのです
2007-09-10 Mon 10:25 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
白肌にあなたと決別した痕残ってる
残すつもりじゃなかった痕
だけども私の体質上残ってしまった痕

あなたの知らない私になれた喜び
そう 私どこかであなた憎んでた
2008-01-15 Tue 15:16 | URL | あさきゆめ #-[ 内容変更] | top↑
あさきゆめ様へ
憎しみか それとも愛か
離れて初めてわかるもの

憎んでいるのか 愛するのか
別れて初めて気づくもの

私は貴方をこれほど愛し
私は貴方をこんなに憎む

貴方だから愛しい
貴方だから憎い

こんなにも
2008-01-15 Tue 21:50 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。