スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
桜咲けば
2007-02-17 Sat 22:00

一秒も一人でいたくない
笑えない日々が続いていくよ

永遠になってしまうのでしょうか


もうそこにいることさえ二度と
許されぬ居場所だった部屋

足を運んでも君はいないのに…


窓から見ていた景色に今は
寂しさだけが貼りついて
名前を呼んでも返ってこない返事に
一人 泣き崩れる



一緒に過ごせる幸せに僕は
浸れずに何度願っただろうか

このまま夜が訪れないように


たとえば何かの間違いで
まだ別れるには早すぎたと
明日も変わらぬ君との日々を
始まらせてほしい



成長の道を外れ
いっそ 大人になることをやめたい

それがどんなに重罪だとしても


並んで座ると君の存在
確かなものだと思えた
近づく別れを振り切っていける
そんな気さえしていたんだ



窓から見ていた景色に
今はその姿は何処にもない
呼んでも返事はないとわかっていたのに
打ちのめされる


スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:32 | top↑
<<error | 言ノ葉 | 未来玉>>
“独りで居る事に慣れてしまった僕に
孤独を忘れさせてくれた貴女が居た
知らないふりを 忘れたふりをしていた僕に
人の温もりを思い出させた貴女が居た
『泣く』事を忘れていた僕に
泣いても良いよと言ってくれたあなたが居た

でも、今貴女は居ない
僕がどれだけ名前を呼ぼうと
泣き叫んで名前を呼ぼうと
貴女は永遠に帰って来ない

貴女は僕に『独りじゃない』という事と
『甘えても良い』という事と
最後に『別れがある』という事を
僕の胸に刻んで消えていった

何処を探しても貴女に会う事は出来ない
今直ぐ貴女に会いたい
無理だと解っていたとしても
願ってしまう僕が居る

泣き叫んでいる僕に
貴女はこう言うでしょう
『私は君の心に居るよ
ずっとずっと傍に居るよ
だからそんなに泣かないで』
貴女はきっと言うでしょう

なら僕は貴女に歌を送りましょう
貴女に教わったこの歌を
貴女が居た事を忘れない為に・・・”
2007-02-17 Sat 23:00 | URL | 穂積朔夜 #eRw//G4k[ 内容変更] | top↑
失くしてしまったモノは
いまも褪せることなく
あの時のように

君との時間は甦らないのに
あの日々は戻ってこないのに
温もりに触れて
また君に逢えるのだと

舞い上がる
そしてまた、
独りで泣き出すんだ

もう、此処から離れられない
君のところを求めて
戻ってきてしまう

君に逢いたい衝動は
いつまで続くだろう

今の時間が終わるときには、
君に逢えると
自分に言い聞かせるよ
2007-02-17 Sat 23:34 | URL | 結衣 #kl.E9Ukc[ 内容変更] | top↑
呼んでも返事がない…解っていても、それは悲しみを実感してしまいますね。
夜が来ないことを祈って、本当に夜が来なかったとしても、幸せじゃ、なかったかもしれませんね。。。
なんとなく、そう思いました。
2007-02-18 Sun 01:55 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
昨日までの
思い出が崩れていくことに
涙が止まらないよ


友達だったらよかったね

最後の手紙、贈ります
  桜の押し花
  涙の痕
  「サクラハチリマシタ・・・」
2007-02-18 Sun 11:07 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは
流れるような詩体。今日も健在ですね。

通過儀礼?めいたものを感じさせてくれます

成長するために捨てなければならないもの
が、好きな恋人として表現されている
ような気がします

ただ大人になることは、昔を忘れ去っていく
ネガティブなものだけではないはずだと
思いたいですね

いつも、的外れな感想ですいません
また遊びにきます
2007-02-18 Sun 11:54 | URL | フウ #-[ 内容変更] | top↑
生きていくのに、失うものはつきもので
だから進みたくないなんて
思うことがあります。
失くしたものが大切なものなら
それほど悲しみは大きいですよね。
2007-02-18 Sun 14:03 | URL | 相原咲羅 #//wnbboM[ 内容変更] | top↑
十萌さん、こんにちは。
今ある時間をなくしたくないからこそ、
前へは進みたくない。
何処に行けば、ピーターパンになれるのか。
どうすれば、時間が止まるのか…。
2007-02-18 Sun 16:29 | URL | 北村 庵 #-[ 内容変更] | top↑
消えた温もり
いつからキミは僕の目の前から姿を消したんだろう
最後に笑い合ったのはいつだった?
手を伸ばしても掴めない
呼んでも答えない
目を閉じてゆっくり開けば
いつものようにキミが微笑んでいる筈なのに
このままが良かった
時が刻まれるのが嫌だった
近づく別れを拒んで永遠を唱えた
消え去った温もり

既に止まってしまったキミの時間
離れ離れになんかなりたくない
僕の時間も どうか止めて

リンク有難う御座います^^とても嬉しいです**
こちらこそ、末永く宜しくお願い致します。
2007-02-18 Sun 20:09 | URL | 紅井リモ #-[ 内容変更] | top↑
大切な人が過去形になるたびに
小さな子供に戻ったみたいに
どうしようもなく夜が怖くなったり

おとなになることとひとりになることは
全然違うのだけど
たまに、驚くほどに似ているんだなあと
この詩を拝読しながらぼんやりと思いました。

…なんか意味不明ですみません;
2007-02-18 Sun 21:02 | URL | ナナセ #fzXxwl2E[ 内容変更] | top↑


みんなで笑っているときはいいけれど
バイバイって別れたあといつも考えてたの
あ、また一人になるんだ…って
でも貴方に出会ってから
一緒にいられる時間が
本当に楽しくて
誰とでもみんなでバイバイって言った後に
一人ってことを考えなくなったの
今のこの別れより
明日の幸せを想うようになったから
それは貴方のおかげだね…
だからこそ胸の中を掻きむしりたくなることも
夜に夢の中で泣き出すこともあるけれど
沢山のことを貴方が教えてくれたから
そうあの優しい貴方に
本当にたくさんのことを教えられたから
強く生きていこうと想った
でも…
やっぱり一人は怖いんだ
毎日、それは幻だと思い続けているけれど
幻なんかじゃないのは自分が一番知ってる
貴方とたくさん話をした部屋
貴方と笑い合った電車の座席
私が貴方に会えてどきどきして
ちょっと小走りになってしまったあの時の道
そんなたくさんのものを見るたびに
哀しくなるんだ…
どうして何だろう…
強く生きていくって決めたのに…
貴方のいない景色って分かっているのに
くるりと見回して、姿が見えないと
とても深い蒼の波に自分が呑まれていくんだ
毎日がこの繰り返し

2007-02-18 Sun 22:43 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
いつも、僕の詩に素敵な返詩をありがとうございます。
てなわけで十萌さんのブログをリンクさせて頂きました。事後報告ですみませんが今後もよろしくです!
2007-02-19 Mon 01:54 | URL | skenzi #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-02-19 Mon 16:36 | | #[ 内容変更] | top↑
十萌さん、こんばんわ。
 
切ない詩ですね。
別れは辛いけれど新しい一歩には
それが必要だということ。
出会いは別れの始まりだということ。
別れは哀しみだけれど
喜びでもあるということ。
 
そんなことをわからせてくれる詩。
そう思いました。
2007-02-19 Mon 17:37 | URL | 由貴 #-[ 内容変更] | top↑
最近
最近の私の心の中がまさにこれです。
十萌さんの詩を読むと、いつもわたしの心の内を見抜かれた感じです。
そして、自分の気持ちに気付きます。
ありがとうございます。
2007-02-19 Mon 18:03 | URL | 杜若ひつじ #-[ 内容変更] | top↑
別れを覚悟したとき、
新しい一歩が始まる。
2007-02-19 Mon 22:13 | URL | NANA #veYGj2xU[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-02-19 Mon 22:28 | | #[ 内容変更] | top↑
窓から見えていた風景は
どんなに鮮やかなものだったのでしょう。
大切な人が去った後でも
その窓の景色だけは色褪せることなく、
また、哀しいくらいに綺麗な花を
咲せて慰めてくれるのかもしれませんね。

切なくて儚い情景が浮かんできます。
2007-02-20 Tue 00:37 | URL | Renzan #-[ 内容変更] | top↑
穂積朔夜様へ
貴女が教えてくれた孤独を噛みしめながら
貴女へ贈る歌をうたいましょう

胸の中にいるだろう貴女へ
届くようにと
心が振動するほどの声で
歌いましょう

もしも貴女に届いたなら
少しだけ
あの空の色を変えてほしい

少しだけ,
少しだけでいいから
2007-02-20 Tue 13:36 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
結衣様へ
瞳の奥で何度も甦る君との思い出が
また現実のものになることは望めないとしても
この想いは無くせない

あの日々を取り戻せないなら
せめてもう一度
新しい君との日々を
築かせて

今度こそ
終わりのない日々を
2007-02-20 Tue 13:38 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
もう何を願ってもどう望んでも
逃れることはできない別れ。
目の前までそれが差し迫っているとき
人はどうやって受け止めていくのでしょう。

心の準備がほしいと思いながら
心の準備なんて
いくら時間があっても
きっとできるわけない。
2007-02-20 Tue 13:42 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
季節が一周して
今散りゆく桜が
また開花するとき
僕は君を思い出すだろうか

涙の跡が刻まれた手紙を
この手に握り締め
何を想うだろうか
2007-02-20 Tue 13:44 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
フウ様へ
大人になることには
どうしても淋しさを伴ってしまうけれど
それと同時に
大切なものがひとつひとつ
積み重ねられ
増えていきます。

的外れだなんて決してそんなことはありません。
これからも率直なフウ様のお言葉をお聞かせ頂ければ,幸いです。
2007-02-20 Tue 13:47 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
相原咲羅様へ
多くのものを失ってしまっても
自分にとって本当に大切なものは
最後に残るはずだと
信じたいです。
たとえ一度失くしてしまっても
私の全てを懸けてでも
取り戻したい。
2007-02-20 Tue 13:49 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
北村 庵様へ
こんにちは,庵様。

加齢を食い止めることはできなくとも
時代はどんどん移り変わっていこうとも
心だけはピーターパンでありたいです。

無邪気なままの
ピーターパンで。
2007-02-20 Tue 13:51 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
紅井リモ様へ
君と同じように
僕の時間も止まってしまえば
また君と過ごせるかな

そうすれば
温もりを取り戻せるかな

ねぇ 答えてよ
そんなに優しく
微笑んでいないで
答えてよ

2007-02-20 Tue 13:53 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ナナセ様へ
昔はあんなに大切な人だったのに
別れのときにはあんなに涙を流したのに
時を経て
今となっては
懐かしささえ感じてしまう

別れの度に
成長していくことが怖くなるけれど
きっとそれは
恐れるべきものではないのでしょうね。
2007-02-20 Tue 13:57 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
そんな毎日を
幾度も幾度も繰り返しながら
行き着く未来には
誰の姿があるでしょう

私はどんな姿をしているでしょう

「さようなら」は言わず
「またね」と残して別れます

永遠ではなく
しばしの別れだと
自分に言い聞かせるために
2007-02-20 Tue 14:00 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
skenzi様へ
こちらこそいつもお言葉を残して頂き,感謝しています。
そしてリンクして頂いたこと,重ね重ねありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。
2007-02-20 Tue 14:02 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
由貴様へ
切り離せない出会いと別れを
幾人もの人と繰り返していく中で
覚えた感情を積み重ね
人は成長していくのでしょう

別れの痛みを知る人は
大切な人を優しく
抱きしめることができるのだと
信じます。
2007-02-20 Tue 14:05 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
杜若ひつじ様へ
私の言葉がひつじ様の心へと
少しでも入り込むことができたのなら
光栄です。

お礼を言って頂けるなんてとんでもありません。
私の方こそいつも本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
2007-02-20 Tue 14:08 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
NANA様へ
踏み出した一歩が
新しい道を作り上げていく

目の前には
自分が作る道しかないのだから
2007-02-20 Tue 14:09 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
Renzan様へ
隣にあってほしい姿が無くなろうとも
景色は何も変わりません。
それは当たり前なのだけれど
殺生さを感じてしまうのは
どうしようもない感情ですね。
2007-02-20 Tue 14:11 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。