スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
faint
2007-01-20 Sat 20:45

微かに開いたその目に
私は映っていたの?
微かに動いた口は
何を伝えようとしていたの?


握った手は痛々しいほど細く


もう苦しめないでください
あなたの苦しみを
全て私に背負わせてください
安らぎを与えてください
疲れきった身体に
穏やかに流れてく時間を…



どんなに呼んでも
今はもう声さえも届かない
静かに眠り続けているあなたに
面影はなく


私の名前を呼んで 微笑んで


もう何もしなくていいよ
あなたがそこで生きて,
ただそこにいてくれるだけでいい
奪っていかないでください
唯一 心地よく感じられる
ただ一つの居場所



もう苦しめないでください
あなたのいるべき場所に,
ここに帰ってきてください
逝かないで 置いていかないで
あなたの為ならば
どんな痛みを受けてもかまわない
もう苦しまないでください
あなたの苦しみを
全て私に背負わせて楽になってください
安らぎを与えてください
疲れきった身体に
穏やかに流れていく時間を…


スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:32 | top↑
<<想われ人 | 言ノ葉 | immortality>>
今までそこにいただけだったのに、その大切さを改めて実感できる。。。
何もかも代わってあげられるのに、それだけは、代われない。。。
ただ消えていく方も、残される方も、辛いですね。
残される人は、何をもって支えに生きていくのか…疲れた身体を、癒すことはできるのか。
それができないと、また命は、奪われるんでしょうか?
もうこれ以上、悲しみで人が死ぬのは、嫌ですね。。。
2007-01-20 Sat 21:38 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
どんなに愛していても、この身を相手と換える事が出来ないのは、もっとも辛い事ですね。
それでも生きていかなければならないし、その中で、相手への想い、相手から頂いた想いを活かしていかねばならない。
それも一つの愛なのかもしれません。
2007-01-20 Sat 22:22 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
眠るアナタの横で
アナタの苦しみ全部 私に下さい
アナタの悲しみ全部 私に預けて下さい
アナタの心が癒える為なら
私はこの身を喜んで捧げましょう
どのくらいたくさん
アナタの悲しさを背負い、苦しさを抱えてもいい
私の望む事は唯一つ
アナタが安らぎを得る事
もし一つだけ 我侭を言っていいのならば
どうか どうか
アナタの隣を 私の帰る居場所にして・・・

私はアナタの為に身を捧げてもいい
この身滅びても それでアナタが楽になるのならば
何もかも押し付けていい
だからお願い
居なくならないで・・・。
2007-01-20 Sat 23:08 | URL | 紅井リモ #zfBORS1s[ 内容変更] | top↑
何故か
故人との楽しい思い出は、ぼんやりとした微かな記憶でしかありません。
どんな人でも何時か別れがくるわけですが、辛く悲しいその時の方が強く印象に残っているのは、どうしてですかね。
自分が居なくなる時、できれば皆に笑って送ってもらいたいものです。
また、思い出してもらえる時には、生き生きとした姿だったら、嬉しいでしょうね。
2007-01-21 Sun 01:00 | URL | 新種清貴 #WzzJX4NY[ 内容変更] | top↑
たいせつなあなたの身代わりになる

何があろうと 受け止める

ぜんぶぜんぶ 痛めつけられてみせる

あなたがわらってくれるならば…


あなたは喜びますかね。
私は喜んでほしいのですが。
あなたはもう、私を壊したくないと泣くでしょう。
もう一度でも、私を傷つけたくないと泣くでしょう。
どうか自分も大切にされている ということをお忘れずに。
2007-01-21 Sun 01:25 | URL | 綯 #6pY8g0gI[ 内容変更] | top↑
人の死は2度あるとよく聞きます。
1つめは肉体の死、そして2つめは人々の心から忘れ去られる死。
「あなた」に2つめの死は訪れることはないのでしょう。

そして「あなた」の身体の活動がとまっていても、
こころはきっと生きていて、
その中にもまた「私」は生きているのだと思います。


そうやって、みんな、生き続けていくのだと思います。


少なくとも、
忘れなければ。


だから、どうか、そんなに悲しまないでください。
2007-01-21 Sun 02:01 | URL | 七瀬 #fzXxwl2E[ 内容変更] | top↑
大切な人が逝ってしまうのは
とても悲しいことですよね。
自分の体の一部を
もがれてしまうようなものです。


2007-01-21 Sun 13:17 | URL | 咲羅 #//wnbboM[ 内容変更] | top↑
ごめんね もう時が来てしまったようだ

こればかりはどうしようもないんだよ 理には。。。逆らえない

キミと過ごした時間はとても楽しくて

このまま永遠に時が止まればいいと何度もおもった

そんなこと出来る訳がいないと分かっていたけれど 本気でおもった


ごめんね 先に逝くことになってしまって

そして 今までありがとう キミに出逢えてよかった 本当によかった

最後に さようなら
2007-01-21 Sun 15:24 | URL | TALL-MAN #-[ 内容変更] | top↑
あなたが大切でした。
あなたを愛していました。
けどあなたは逝ってしまったんですね。

でも私がずっと、ずっと泣き尽くして。
目を腫らして心を虚ろにしてしまったら。
あなたは安らかに逝けないのではないでしょうか。

あなたを胸に抱きながら、前を見据えて進む。
それをあなたも望むような…気がします。
2007-01-21 Sun 15:32 | URL | 須藤咲也 #VWFaYlLU[ 内容変更] | top↑
こんばんわ。
辛いことも楽しいことも分け合えるように
自分の残りの時間を半分だけでも分け与えて、
最後までずっと二人で過ごせたら。
削り取られたように心に出来た隙間は
時間が経っても塞がることはないけれど、
それでも思い出や忘れないことで少しずつ埋めるしかないのでしょうね。
思い出の中で笑う最愛の人に微笑み返すことが出来たら、
きっと再び一歩踏み出して行くことが出来るのでしょう。

追記。
リンクを貼らせていただきたいのですが、
よろしいでしょうか?
それでは、また。
2007-01-21 Sun 21:53 | URL | Renzan #-[ 内容変更] | top↑
別れはつらいものですね。
でも別れがあるからこそ新しい出会いがあるのだと思います。
素敵な出会いがあるといいですね。

とは言ったものの・・・やっぱり別れるのは嫌ですね。つらすぎます。
寂しいよ・・・。
2007-01-21 Sun 22:52 | URL | yuki #6LfNWTbI[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
切なくなります…

好きだから守りたい、一緒に居たい。

当たり前の事なのに一生は叶わないんだなって思い知らされます。

どれだけ泣けばいいんでしょうか?




2007-01-21 Sun 23:44 | URL | kanade #6ir8hC8A[ 内容変更] | top↑
こんばんわ

納得してしまった・・・
そうなんだなって思いました。
自分ではそうであってほしくないから、
否定し続けてきたけど
現実は・・・
そうおもいました。


リンクに張ってもよろしいでしょうか?
2007-01-22 Mon 18:28 | URL | 杜若ひつじ #-[ 内容変更] | top↑
あなたの今までの
沢山の苦しみを
全て担うことが出来たら
あなたはここへ
戻ってこられますか…?
でももしそうでなくても
いつでもどうぞ私に
あなたの苦しみを
ぶつけて下さい
誰にも助けを求めようとしない
強がりのあなただから…


という感じで作ってみました…
十萌さんはすごいですね。言葉が綺麗です。
私もぜひ見習わなくっちゃと思います。

では長々と失礼しました。
2007-01-22 Mon 22:04 | URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
命のリミット
愛している人の命が目の前で途切れる
時のえもいわれぬような感慨が伝わって
来ました。

健康でいられて、平常なときは人間は
倦怠感さえ感じるときがありますが

命の最後を目の当たりにしたとき
人の心がさしせまったものになるのでしょうか

ではでは、また遊びに来ます
2007-01-23 Tue 13:28 | URL | フウ #-[ 内容変更] | top↑
人って無力・・
自分の大切な人がどんなに苦しんでいても
どんなにその苦しみを肩代わりしてあげたいと
願っても、それは叶わない。
どんなに大切な人でも
それが、自分よりも大切であっても
連れて行かないで欲しいと泣き叫んでも
それは叶わない。

出来ることといえば、ただ奇跡を信じて祈るだけ。

そんな瞬間が来なければいいと、願うだけ。

人って無力ですね。悲しいくらいに。
2007-01-23 Tue 16:54 | URL | サニー #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
自分の命のように大切な人を亡くした痛みに打ち勝つことは決して容易なことではありません。

だけど本当の意味で大切に想うのなら
悲しみに溺れ沈みきってしまうのではなく
一度は溺れたとしても
また浮き上がり
空の下に顔を出すことなのでしょう。

悲しみの中を泳ぎきるのは
なかなか難しいことだけれど。
2007-01-23 Tue 20:57 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
亡くしてしまった命が
大切なら大切であるほど
生きていかなければならないのだと思います。

ひいろ様の言うように
与えられたものを最大限に活かしながら。
2007-01-23 Tue 20:59 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
紅井リモ様へ
あなたがそう願ってくれるなら
私にも願わせてください

どうかお願い
私の苦しみをあなたに背負わせることで
私が楽になるなどと思わないでくださいと


それでもやはり
遺される方はどんな苦しみを背負わされても
亡くすことよりも耐え難いものはないと
願ってしまうのですよね。
消えていこうとしている命の前で
冷静でなんていられません。
2007-01-23 Tue 21:03 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
新種清貴様へ
私は床に伏せてしまってからの故人よりも
元気で力に漲っていた頃の故人の方が
鮮明に思い出されます。

思い出すのは
何故か笑顔ばかり。

だからきっと
新種清貴様のそんな姿も
多くの人の心の中に刻まれて
いつまでも思い出されるような気がします。
2007-01-23 Tue 21:06 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
綯様へ
自分が誰かを大切に想うのと同じように
自分も想われているのだと
感じることが出来たら
気づくことができたら
どれほどの想いが救われ
どれほどの心が報われるのでしょう。

数えても数え切れないほどなのでしょうね。
2007-01-23 Tue 21:09 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
七瀬様へ
この世に生まれたどの命にも
決して二度目の死は訪れてほしくないと
心の底から強く願います。

絶対に忘れません。
忘れろと頭を下げられても
忘れられるわけがありません。

少なくとも
私の中でまでも
殺してしまうことはできないでしょう。
2007-01-23 Tue 21:13 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
咲羅様へ
もがれてしまった身体の一部が
今安らかに眠っているのなら
やりきれない何かを感じながらも
一部を失った身体で
明日を受け入れなければならないのですね。

またいつか取り戻せるときまで。
2007-01-23 Tue 21:15 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
TALL-MANさんへ
もしもあなたを遺して

私が先に逝ってしまっていたら

あなたにこんなにも苦しい思いをさせるところでした

私はあなたを亡くした世界でも

生きていってみせるから

あなたは空の上でいつか私が逝くのを待っていてください

今まで見せたこともないような

満面の笑顔を用意して
2007-01-23 Tue 21:19 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
須藤咲也様へ
張り裂けるほどの泣き声は
空に昇り逝くあなたの胸を痛めてしまうかもしれないけど
今だけは許してください。

これからも生きていくために。

-前を向いて進む-

故人が望むようになるために
泣いて泣いて泣き尽くすのでしょう。
2007-01-23 Tue 21:22 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
yuki様へ
生きる上で耐え難いほどの別れは
幾度も訪れます。

別れこそ
私達に課された
何よりの試練なのかもしれません。
2007-01-23 Tue 21:24 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
Renzan様へ
たとえどんなに時間がかかっても
愛しい亡き笑顔に笑顔を返せるようになる日は
必ず訪れるはずだと信じたいですね。

そのとき初めて
還りゆく命に手を振れるのでしょう。

もちろんです。
リンクして頂けるなんてとても嬉しいです。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
2007-01-23 Tue 21:29 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
kanade様へ
こちらこそお言葉を残して頂き、ありがとうございます。

どれだけでも泣いていいのだと思います。
人間は泣くことを許されているのだから
そうやって悲しみに耐える方法を与えられているのだから
泣けるだけ
泣きたいだけ
泣いていのだと思います。
2007-01-23 Tue 21:31 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
杜若ひつじ様へ
受け止め難い現実は
なんと多いことでしょう。

自分には絶対に受け入れることはできないと
自分には絶対に耐えることはできないと
そう思っていた現実の幾つかを
いつの間にか私達はもう乗り越えている。

誰の中にも強さは潜んでいるようですね。


もちろんです。
リンクして頂けるなんて嬉しい限りです。
ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
2007-01-23 Tue 21:35 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
光藤 雫様へ
あなたがそこにいるだけで
私の苦しみは吸い込まれるように
消え去っていくのです
でもあなたは
吸い取った苦しみを
どうしているのですか
私はあなたの苦しみを
吸い取ることができているでしょうか
柔らかいスポンジのように

すごいだなんて私にはまだまだ追いつかない言葉ですが,心強い励みになります。
心の底からありがとうございます。
2007-01-23 Tue 21:43 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
フウ様へ
命の最期は誰にでも訪れるものであり
誰でも経験するもの。

本当に誰もがこんな表しようもない感情に
耐え抜いてきているのかと思うと
信じられない思いです。

想像するだけで身震いしてしまうほどの場面に
あと何度立ち会えばいいのかと考えると
目眩を覚えてしまいます。
2007-01-23 Tue 21:47 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
サニー様へ
生死の前では
人間は無力なものです。

だけど逝こうとしている命を
引き止めることはできなくとも
生まれ来る命と
死にゆく命の為にできることは
どんな些細なことでも
きっと何かはあるはずだと
信じています。

2007-01-23 Tue 21:51 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。