スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
命星
2006-11-29 Wed 10:47

泣きながらあなたの温もりを待っていた
沈黙のあなたの冷たさに触れられず


一緒に歩いた帰り道
黄色い花を見つけてはしゃぐ私を
見つめるあなたの笑顔が嬉しかった


星になったあなたはいつでも私を見守っていると言う
手を伸ばしてみたけど星には全然届くわけもなくて
本当にあなたは遠くへ旅立ってしまったのだと知った
見守ってくれなくていいから今まで通り
ねぇ 側にいて



真夜中の不思議な胸騒ぎを振り切って
眠りへ就こうとするけれど
浮かぶのは悪い場面ばかりだった


あなたがいないかもしれない明日でも
いつもと変わらずに訪れてくる


胸の中であなたは生き続けていると皆は言う
だけど探してみてもあなたの姿はどこにも見当たらない
あの部屋にもここにもあなたがいるべき場所のどこにも…
もうあなたを困らせることは言わないから
ここへ帰って来て



星になったあなたはいつでも私を見守っていると言う
何もしてくれなくていいから今まで通り
ねぇ 側にいて

胸の中であなたは生き続けていると皆は言う
だけど探してみてもあなたの姿はどこにも見当たらない

ずっと探しているのにあなたの姿がどこにも見当たらないよ




スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:35 | top↑
<<muddy | 言ノ葉 | gathering>>
十萌さんに、
「これは実話なの?」
と伺いかけたけれど、そうだったら悲しすぎるから、
やはりやめておきますね。

何故なのでしょう、子供のころから私は、自分が関わった誰かが
自分より先に逝ってしまうことが、怖くて怖くてならなかったのです。
祖父母より、両親よりも先に逝きたい、
だって、寂しいから、置いてきぼりは痛いから・・と。

すでに祖父母も、母も亡くなり、耐えられないと思っていた
その事実を何とか受け入れてきました。

今は、家族を、朝送り出すたびに願っています。
「彼らに何かがある時には、私を身代わりに。」と。

こんな私だから、心はなかなか休まらないし、
孤独について人一倍考えてしまうのでしょうね。

けれど、私には、孤独については考えられても、
「喪失感」を想うことは、きっとできないのだと思います。

このコメントが十萌さんを傷つけたら、ごめんなさい。
2006-11-29 Wed 11:11 | URL | しゃぼん硝子 #-[ 内容変更] | top↑
とても切ない詩だね

望めば望むほど遠くへ離れていく 記憶から消えていく
なんでなんだろう? こんなに望んでいるのに

オレはどちらかというと待たせた方かな
生きていても、亡くなっていても同じ想いをさせるのに代わりはない

でも。。。これだけは分かってほしい
たとえ、どんなに遠く離れていても見守っているから いつも見守っているから

男ってヤツはだいたいこう思うものさ
2006-11-29 Wed 14:32 | URL | TALL-MAN #-[ 内容変更] | top↑
誰かが亡くなるということほど
つらく、悲しいことはありませんね。

読んでいるだけで切なくなりました・・・
2006-11-29 Wed 16:07 | URL | 森 #A4WubIVk[ 内容変更] | top↑
こんばんわ。初めまして。椎原 湊と申します。
ご訪問&コメントどうもありがとうございました。

切ない気持ちと強い想いがひしひしと伝わってきます。
届かない手がすごく悲しいものですよね。
温かい思い出と冷たい現実。あまりにも辛い今。
大好きな人がいなくなったら私はどうするのかなと考えてしまいます。
すごく言葉を巧みに使っていてとても綺麗な詩だなと思いました。憧れです。

乱文ですが失礼します。


2006-11-29 Wed 17:37 | URL | 椎原 湊 #rX7puD8U[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-11-29 Wed 17:52 | | #[ 内容変更] | top↑
消えてしまったあの人は
私の心にいつ続ける
言葉で言うのは簡単ですね。
でも、そんな方便よりも、貴方という存在がほしかった。
死んだ人は、死んだ人
例え心に想い続けても、姿は、見えないのが辛いですね。
2006-11-29 Wed 19:23 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
初めまして、優妃穂と申します。
先ほどは私のBlogにコメントありがとうございました。

この詩から感じ、思い出したのは母方の祖母の事でした。
とても優しくて懐の深い尊敬する人で亡くなってしまった事がとても悲しくて仕方ありません。

姿は見えなくても、私や孫達の守護霊となっていてくれているのではないのかと思って居ます。
2006-11-29 Wed 21:43 | URL | 優妃穂 #FyxXEod6[ 内容変更] | top↑
はじめまして!
ブログにコメント…ありがとうございました!
これを機に…ヨロシクお願いします。m(__)m

読ませて頂きました…
胸がキュ~ンとする内容で、
思わず実話?って思いました。どうなんでしょう?
2006-11-29 Wed 21:46 | URL | oba3 #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして。
はじめまして。ランキングから来たものです

読ませていただきました。
読むたびに切なさとか、喪失感とか、いろんな想いが込められてて胸に刺さってくみたいでした。
痛いくらいに好きっていう想い、とか。刺さってくみたいに伝わってきました。よかったです、素敵です
上手く言えませんが...伝わったらいいなと思います。
失礼しました
あとリンク貼らせていただきますm(_ _)m
2006-11-29 Wed 21:58 | URL | moco #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。
幾度かお邪魔してはいたのですが、初めてコメントします。
とても切ない詩ですね。
私も大切な人をなくすたびに思いました。
胸の中で生きている・・・。
そんなことは、残された者の儚い願いでしかない事を。
もう一度会えるのなら、その温もりに触れたいといつも思っています。

追伸:リンク貼らせて頂きました。また、ちょこちょこ覗かせていただきますね。
2006-11-29 Wed 22:09 | URL | Sayae #i9H3J132[ 内容変更] | top↑
小さい頃は星に願いをかけていました。
少し大きくなったら星に興味が湧いて来ました。
今は、星に故人を重ねて祈ることがあります。
星を見て僕なんかちっぽけな存在なんだって、そう考えるのはずっと変わりません。
こないだのコメント、すごく嬉しかった。
大掃除、頑張ってね。
2006-11-30 Thu 10:16 | URL | NOBODY #-[ 内容変更] | top↑
ありがとうございます
十萌さん
コメントありがとうございます。

全く宣伝していないのに読んで頂けたようで光栄です
言ノ葉にもたくさんの素晴らしい詩があったのでリンクさせていただきました。

私も「ありのままに受け入れる」という単純な事ができないで今まで生きてきました。
その中でも喪失はあまりにも受け入れがたいですよね
これからも素敵な言ノ葉を増やして下さい。
2006-11-30 Thu 11:28 | URL | 道草の達人 #-[ 内容変更] | top↑
なくならない!形を変えただけ。
星かぁ・・・

たくさんあるからねぇ

でも、夜じゃなくても、星は輝き続けているから

きっと、この光に紛れた何処かに

彼はいる(存在する)よ!
2006-11-30 Thu 17:53 | URL | ぷりゅす #-[ 内容変更] | top↑
大切な人を亡くした人に、早く忘れなさいという人がいる。
自分の中では、何も終わってないし、その人の存在が失われたわけでもないから、それは刃のように心に突き刺さる。

悲しい、という気持ちは、想像はできるけど、その立場になってみないとわからないんですよね。。。

コメント、ありがとうございました。



2006-11-30 Thu 18:13 | URL | しおん #-[ 内容変更] | top↑
大切な人がいなくなってしまった時、
自分は独りになったようで、目の前が真っ暗になってしまいます。
これから先、今、どうすれば良いのかと悩み嘆きます。
しかしそれは残された立場の人から見た時のこと。
先にいった人々はその姿を見てどう思うでしょうか?
なによりも先に笑顔でいて欲しいと、
心だけでも残れるような居場所が欲しいと願うでしょう。
あくまで私の想像の範囲ですけどね;;
いつまでも悲しくあろうとしないで前向きに生きる事こそ、
残された人が先にいってしまった人にできる最高の贈り物だと私は思います。
2006-11-30 Thu 20:10 | URL | 桃凪 志保 #hMyWQua2[ 内容変更] | top↑
とても切なくて悲しい詩ですが、どこか温かみがある詩ですね。

自分の大切な人が居なくなってしまうなんて、どれだけの不安と悲しみが襲ってくるのでしょうか。
幸い、私の家族は辛い事はありましたが、その悩みも解決に向かっており、みんな穏やかに生活をしています。

でも、亡き人のために流す涙は悲しいけど、温かくて綺麗だと思います。
2006-11-30 Thu 20:56 | URL | なづな #mXqMsh8E[ 内容変更] | top↑
哀しいだけ
心の中に生きているなんて、ウソだと思ったこともあるし、いやホントに生きているって思ったこともあった。いつも揺れ動くんです。
不思議なことを体験して、ああそうだったのかと気づいたけれど、でも現実には話ができるわけじゃないから、信じて頑張るしかありません。
寂しくなると、縁について考えてみます。なぜ、出会ったのかと考えてみます。
2006-12-01 Fri 02:52 | URL | 失敗だらけだフニャ #lPbted/2[ 内容変更] | top↑
しゃぼん硝子様へ
傷つくどころか驚いています。
私もほとんど同じような思いを
誰に対しても抱えているので。

置いていかれるくらいなら先に逝かせてほしい。
でもそうなることで
大切な人を苦しませるのだとしたら
それも耐え切れない。

それならみんな一斉に逝ければいいのに。
だけどそれもきっと決しては願ってはいけないこと。
亡くすということは避けては通れぬ道。
なんて残酷な道が人生には用意されているんでしょう。
2006-12-01 Fri 09:46 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
TALL-MAN様へ
見守ってくれていると感じられる何かがあれば
離れていようと不安を抱えながらも
きっと安心できる。

あとは自分がどれだけ信じられるか、ですね。
2006-12-01 Fri 09:48 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
森様へ
どうしてみんな亡くなってしまうの
どうして亡くならなければいけないの

幼い子供のように
泣きじゃくりながら
叫ぶように問いかけたいです。
2006-12-01 Fri 09:49 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
椎原 湊様へ
大切な人がいなくなってしまうことなんて
考えたくないのに考えずにはいられないから
怖くて不安で淋しくて心細くて
いっそその人の一部になってしまいたいと思うことがあります。
憧れだなんて言って頂けて恐縮ですがとても嬉しいです。
ありがとうございます。
2006-12-01 Fri 09:52 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
針山様へ
「死」を言葉にすることはいくらでもできるけれど
現実に降りかかってくると
そんな言葉は全て意味をなさないのだと思い知らされます。
姿だけが全てじゃないけれど
肝心なのは姿よりも心なんだろうけれど
それでも確かなものがほしくなる。
2006-12-01 Fri 09:56 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
優妃穂様へ
こちらこそお言葉を残して頂きありがとうございます。
体は目に見えるけれど
心や魂はどんなに目を凝らしても見えないから
すぐ側にいたとしても不思議ではないんですよね。

体よりも心にその人の全てが宿っているのに
見えないが故に
やっぱりその姿を探してしまいます。
2006-12-01 Fri 09:58 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
oba3様へ
こちらこそお言葉を頂いてありがとうございます。
そしてよろしくお願いします。

実話かどうかはご想像におまかせしたいと思います。
ごめんなさい。
ただ、私の思いを込めたのは確かです。
2006-12-01 Fri 10:00 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
moco様へ
はじめまして。
ご訪問頂けてとても嬉しいです。

お褒めの言葉、本当にありがとうございます。
とても伝わってきました。
私の言葉からいくつもの思いを感じとってくださり、
嬉しい限りです。

リンクして頂き、光栄です。
ありがとうございました。
2006-12-01 Fri 10:04 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
Sayae様へ
お言葉を残してくださり、ありがとうございます。
胸の中に温もりを感じることができたのなら
姿は無くともそこにいるのだと確かめることができたのなら
救われるのかななんて考えて
そんなことを願うから苦しくなるのだと
自分を戒めます。

リンクしてくださり、ありがとうございます。
またお待ちしていますね。
これからもよろしくお願いします。
2006-12-01 Fri 10:08 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
NOBODY様へ
私もよく星空を見上げ、
その度にいろんな思いを抱きます。
自分の小ささを思い知ることもよくあります。
どうして星の輝きはあんなにも淋しいのでしょう。
綺麗であれば綺麗であるほど
切なさを感じます

ありがとうございます。
私もNOBODY様を見習って頑張りますね。
2006-12-01 Fri 10:10 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
道草の達人様へ
こちらこそお言葉を残して頂いただけじゃなく、リンクまでして頂いて光栄に思っています。

素晴らしいというお言葉に届くような言葉を綴れるように、
日々精進したいですね。

受け入れ難いものも
どんなに時間がかかっても
少しずつ少しずつ
受け入れることができますように。
2006-12-01 Fri 10:14 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
ぷりゅす様へ
どの星よりも
綺麗で強い輝きを放つ星を見つけられたら
それがその人なのだと信じ
何を祈るわけでもないけれど
手を合わせます
2006-12-01 Fri 10:16 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
しおん様へ
誰に何度言われても
忘れることなどできるわけがありません。
忘れなくてはならないものだとも思いません。
もしも全ての人がその人忘れてしまったとき
そのときが本当にその人が死んでしまうときだと思うから。

こちらこそありがとうございました。


2006-12-01 Fri 10:19 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
桃凪 志保様へ
何を供えるよりも
笑顔を取り戻すことが
故人に対しての供養になるのかもしれませんね。

だけどすぐ笑顔を取り戻すには
その存在はあまりにも大切で、大きすぎた。
遺された者は喪失感と孤独と果てしない絶望に耐えなければいけないから、それを何とか越えられるまで
悲しんでしまうことを許してほしい。

そして最高の贈り物ができるようになったとき
最高の笑顔ができたらいいな。
私も桃凪 志保様と同じように思うから。
2006-12-01 Fri 10:26 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
なづな様へ
悲しみの中から温かみを感じとってくださったこと、
本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

なづな様のご家族が穏やかに暮らしているとのことで、
私の方こそ温かい気持ちにさせて頂きました。

2006-12-01 Fri 10:32 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
失敗だらけだフニャ様へ
不思議な体験はそう頻繁に起こるものではないし
誰の身にも起きるものでもない。
だからたとえ他の人に信じてもらえなくても
自分は実際に体験しているのだから
信じていいものなのだと思います。
全ての出会いには意味が必ずあるはず。
それを思えば救われる何かがあるでしょう。
2006-12-01 Fri 10:36 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
冷たい北風の強い午後
君が愛した人の眠っているところに行き
「あなたが愛した人 今、私は愛しています」
そう語りかけた

「彼女はあなたを愛し続けています
 私はそれでも、あの人を愛しています」
答えなぞ返ってきやしない
冷たい北風だけが頬にあたる

灰色の空が未来を予告していようと
凍るような冬の日がこようと
「あの人を愛しています」
心の暖炉には薪が
絶えず入れられている
2007-11-23 Fri 20:51 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
一番星輝くとき
あの子の涙も
キラリと光る

一番星現るとき
あの子の笑顔が
ふとかげる

想い 尽きないんだね
想い 今も果てないんだね

だからまだ乾かない
だからまだ癒えはしない

あと何度
一番星輝けば
あと何度
一番星現れたなら

…なんていうことは
考えないことにしておこう

ただその手を握るだけにしておこう
その笑顔 僕に向けられるまで



2007-11-24 Sat 11:51 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。