スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
fence
2006-10-02 Mon 10:17

嗚咽が止まらないのは
あなたが無力だからじゃない
私の傷を見せたがらないのは
あなたがそうやって
自分を責める姿を見たくないから


そっとしておいて
探ろうとしないで
私が望むのはどこにも無いもの
私が癒されなくたって
あなたが私のせいで
苦しんでる方が痛い



あなたに嘘はつきたくないけど
悲しいことにもう全てが
嘘になってしまうの
赦してくれますか
あなたの前でだけは笑っていたいの


私には誰も近づけない
そう あなたにも
届かないところにいるの
気づいたときには既に
周りは柵で囲われ
閉じ込められていた



そっとしておいて
探ろうとしないで
あなたを失望へと突き落としてしまう
気づいたときには既に
周りは柵で囲われ
閉じ込められていた

もしかしたらその柵は
私自身が知らぬ間に
作り出していたのかもしれない
だけど今はもう抜け出す術さえもわからず
息を潜めながら
終わりを待つ



スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:11 | top↑
<<キンセンカ | 言ノ葉 | conceit>>
小さなことでも・・・
子どもの頃、万引きをして掴まったとか、友だちの玩具を盗んでしまったとか、先生の大事な盆栽を、壊してしまったなんて、小さなことや昔のことでも、喋れないことがあります。相手を完全に信用できるか、自分には利害のない人間だと分かるまで、怖くて喋れません。評価が、怖いんですね。
2006-10-02 Mon 13:06 | URL | 失敗だらけだフニャ #lPbted/2[ 内容変更] | top↑
私がこの詩の中の『あなた』だったら…
もし、私が、この詩の『あなた(=十萌様の大切な人)だったら、
きっと十萌様にこう言いたいであろう詩を贈ります。
(もし失礼に当たるようなら削除してください!)
----------------------------------------

『サボテン』


サボテンは

望んで棘をつけたわけじゃない

砂漠や暑さや天敵から身を守るため…

棘をつけることを選んだの


サボテンは

望んで砂漠にいるわけじゃない

他の生物に傷つけられないように

ここで生きることを選んだの


貴方には棘があるけれど

怖くはないわ

何故って、貴方の内面はこんなにも柔らかいから


だから、自分をこれ以上傷つけないで

貴方は自分で言うほど悪い人じゃない

何故なら貴方は他人の痛みを自分の痛みとして感じているから



そして助けてあげたい

貴方の本来の…

棘の鎧の下にある優しさを引き出せるように…

貴方がサボテンにならずに済むように…
2006-10-02 Mon 18:47 | URL | 碧海 #dt.uW.0M[ 内容変更] | top↑
言葉に表せない
コメントの言葉見当たらない
涙が止まらない
人間らしいわ
2006-10-02 Mon 19:20 | URL | RYODaSARI #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-02 Mon 20:13 | | #[ 内容変更] | top↑
悲しいことにもうすべてが嘘になってしまうの

この表現好きだなぁ^^
十萌さんのこういう詩ではじめて生きてくるんだろうね☆
2006-10-02 Mon 20:15 | URL | 太一 #-[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです。最近風邪を引いてしまい、まったく更新もできずに死んでいましたので;
ようやく、遊びにこれましたw
体調もよくなったので、また遊びにきますねw
十萌さんも、風邪には気をつけてくださいね。
2006-10-03 Tue 01:56 | URL | 呼雨 #-[ 内容変更] | top↑
失敗だらけだフニャ様へ
小さい頃思っていたこと、やってしまったこと。
私にも打ち明けられないことがあります。
今思えばたいして悪いことでも秘密にするようなことでもないのに、なぜか言えなかったことも。
それを誰かに明かしたとき、
「そんなことがあったの」と笑ってくれるでしょうか。
「そんなことがあったの」とひかれてしまうでしょうか。
2006-10-03 Tue 09:28 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
碧海様へ
あなたの体温が棘に触れたとき

たちまち抜け落ちてしまうかもしれない

涙のようにホロホロと

幾千の棘が足元に


とてもとても優しいお言葉を本当にありがとうございます。
碧海様のお言葉に包まれたような気がします。
2006-10-03 Tue 09:38 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
RYODaSARI様へ
それでもこうしてお言葉を残して下さったこと、
涙を零してくださったこと、
とても嬉しいです。
ありがとうございます。
2006-10-03 Tue 09:39 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
太一様へ
表現を気に入ってくださり、
ありがとうございます。
私が詞の中で生きてくれる言葉があるのなら、
何より嬉しいです。
2006-10-03 Tue 09:42 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
呼雨様へ
体調を壊していたようで、とても心配になりましたが、
回復したと聞けて安心しました。
気遣ってくださり、ありがとうございます。
私も気をつけますね。
呼雨様も油断せずにお体は大切にしてください。
2006-10-03 Tue 09:45 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。