スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
BARE
2006-09-27 Wed 09:50

剥がされていく嘘
私はあらわになる姿を隠そうとするけど
あなたは全て
見透かしてしまう


散らばった偽りの破片は
綺麗な部屋を汚していく


それ以上見つめないで
それ以上私に近づかないで
また孤独に怯える感情が
目を覚ましてしまうから




誰の目にも触れぬまま
膨れた私の悲しみ


癒される術さえもなくて
私を支配してきたんだ


温かいそんな腕で
醜い私に触れたりしないで
優しい温もりを
また思い出してしまうのが怖い




気まぐれな感情なら
私を突き放して
冷めた心はただのフリだと
気づかせないで

やっと忘れたものさえ
また求めさせないで
やっと忘れられたのに
もう覚えさせないで…




痛みを伴いながら
幾度も傷を負い此処まで来たの
作り物の姿をこの身にまとい
歩き続けてたの
あなたはそれをどうして
今更台無しにしようとするの



スポンサーサイト



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:8 | top↑
<<Bury | 言ノ葉 | Moon>>
必死で仮面をつけたとしても、
本当に自分の事を想っていてくれる人がいたら、
そんな物、簡単に消えてしまいますね^^
どんなに誤魔化してきた姿でも、きっと、温かく迎えてくれると思います。
2006-09-27 Wed 17:01 | URL | 針山 #-[ 内容変更] | top↑
嗚呼、悲しみをふくらませて
このまま消えてゆくのかな。。。
2006-09-27 Wed 21:32 | URL | 太一 #-[ 内容変更] | top↑
ちょっと違うかもしれませんが…
もし偽りの自分を作っていて、それが見透かされていたとき…
『偽りを解き放って、本当の君を見せるんだ』と言う人と、
『偽りだとしてもいい、君は君だ』と言う人…

どちらが救いになるのだろう?
とよく考えてしまいます。
それくらい、
人を愛するというのは難しいですね。
(上の問いは、どちらも愛していることには変わりないと思うから)
2006-09-27 Wed 23:04 | URL | 碧海 #dt.uW.0M[ 内容変更] | top↑
針山様へ
偽りじゃなく、本当の想いを注いでくれる人がいたら、
仮面なんてたちまちに剥がれてしまうんでしょうね。
もうそんなものをつけている必要なんてないのだから。
私の想いが誰かの息苦しい仮面を剥がすことができたらいいな。
2006-09-28 Thu 10:05 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
太一様へ
風船のように膨らんで膨らんで
いつか破裂してしまう前に
心の中の苦しみを抜いてしまえたらいいのに。。
2006-09-28 Thu 10:06 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
碧海様へ
その言葉に想いがあるのなら
どちらも救いになるんじゃないでしょうか。
そして私も同じように想いたいです。
2006-09-28 Thu 10:10 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
やあ!僕の可愛い人よ。
今日こそは本当の事を言っておくれ。
僕の恋心を独り占めにするために生まれてきたと。
醜い姿は僕以外の男を近付けない偽装だと。

さあ!僕の可愛い人よ。
今すぐその口から告白しておくれ。
君が悲しんだのは僕がいなかったせいだと。
嘘をついたのは僕を待っていたからだと。

忘れたいのに忘れられないのは
君と僕がひとつだからだと。
君を可愛い人と呼ぶのは
君が僕の心臓だからだと。
君の送り出す血が僕を温めて
それが再び君を温めるからだと。

僕の可愛い人よ。
今日こそお許しをいただきます。
君を見つめるだけでなく その唇に触れることを。
そしてその時に白状しておくれ。

僕の恋心を独り占めにするために生まれてきたことを。
君が僕の心臓で僕を温かくするのが君だということを。
2007-09-23 Sun 17:29 | URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
ひいろ様へ
やさしいことば
あったかいことば
わたしはつつまれて

それでも言わない頑固者
それでもまだまだ白状しない

言いたくても言えないのだと
白状したくてもできないのだと
あなたは知らないのでしょう

あなたへの愛しさが
この口をつぐませるの
あなたがそんなに愛しく微笑むから
私は言葉を失ってしまうの

寒い寒い真冬にも
あなただけは凍えさせない
私が暖め続けてあげるから
ふたりでひとつ
ずっと離れないでいてくれるかな

あなたのやさしさ
あなたのあったかさ
わたしはつつまれて
2007-09-25 Tue 10:43 | URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。