スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ぽつん
2008-06-30 Mon 21:46

私はね もう綺麗じゃないの
自分を守る術も 嘘も覚えてしまったの
私はね もう真っ直ぐじゃない
いろんな型にはまろうとして 歪んでしまったの


怖かった 傷つくことが
怖かった 独りぼっちが
だから…


私などいなければいいと 思うたび
どこからか神の嘆きが聞こえる
あなたが思うような私はいないの
優しさに見せる思いも
ほんとは自分のためのもの



私はね もう汚れているの
何度も沼に足を入れて 染み付いてしまったの
私はね もう助からないの
私がいつか助かること 許されてはいけない


寒かった 沼地の底は
寒かった 凍りつくほど
だけど…


私など創らなければよかったのに
そう泣くと神が笑顔を歪める
あなたが求めているような心には
永久に力尽くそうとしても なれそうにない



私などいなければいいと 思うたび
どこからか神の嘆きが聞こえる
あなたが思うような私はいないの
優しさに見せる思いも
ほんとは自分のためのもの



こんなに歪んでしまった
こんなに汚れてしまった
それでも生きているの

それでも生きていくの




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | I'm | コメント:25 | top↑
on the hill
2008-06-20 Fri 21:49

本当は知っていた
僕が飛べないことも
空に届かないことも

でも認めてしまえば
全て終わってしまう気がして
怖かったんだ


眠りの中の世界で
戯れていたい


落ちそうに揺れる太陽
その涙に君は気づかない
窓の向こうで吹く風は
この僕を見つけられずにいる



本当は知っていた
翼などないことも
君が笑えないことも

ただそんな現実に
耐えられそうもなくて
弱い僕は逃げたんだ


記憶の中の景色を
描いていたい


光射す丘の上で
穏やかなまま 枯れていきたい
想像がいつか真実に
変わってしまう その前に



落ちそうに揺れる太陽
その涙に君は気づかない
窓の向こうで吹く風は
この僕を見つけられずにいる

光射す丘の上で
穏やかなまま 枯れていきたい
想像がいつか真実に
変わってしまう その前に




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
kiwi
2008-06-16 Mon 08:53

理由も今じゃもう覚えてないけど
涙した夜
どうしようもなく苦しくて
息さえつまらせていた

何もかも嫌になって
独りのような気がしたんだ
だけどそれなのに
空には太陽が昇っていたよ


そしてどんなに永い夜にも
朝はやがて訪れることを知った




鳥は空を飛ぶ生き物と思ってたから
飛べない鳥を見つけたときには
ー可哀相だーという目で
見てたんだ


そんな僕を見てあなたは
「どうして?」というようにして
小さなその首をかしげ
「幸せだ」と鳴いてみせたね


あの日本当に哀れだったのは
飛べずにいるあなたなんかではなくて
そんなあなたを哀れんでいた
僕なんだということに気づいたんだ




あの日どんなに永い夜にも
朝はやがて訪れることを知った
そして僕らはそういつまでも
夢の中に逃げていられないことも

だから僕らはまた目覚めては
誰も知らぬ道にこの足を入れる
そんな姿がどれほど強いものかなんて
未だ気づかないままに




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | 再掲載詞 | コメント:13 | top↑
淡い夢
2008-06-12 Thu 10:44

苦しみながら 何故 私はここにいるの?
逃げ出してしまえばいいのに 何故できない?


朝なんて蹴り飛ばして
夜にまどろんでいればいいでしょう


抱いた数々の夢はどれも
叶うことなどなく 溶けてしまった
流れ星さえも私を裏切って
託した願い 踏み潰したの



近づきくる未来 何故拒みきれないの?
終わらせてしまえばいいのに 待っていないで


ただ 闇が続いているだけの
この先に 何があるという?


交わされてきた約束の中で
いくつくらい 果たされたものがあった?
たとえ 溢れかえるくらい
針千本 あったって足りるわけない


抱いた数々の夢はどれも
叶うことなどなく 溶けてしまった
流れ星さえも私を裏切って
託した願い 踏み潰したの

交わされてきた約束の中で
いくつくらい 果たされたものがあった?
たとえ 溢れかえるくらい
針千本 あったって足りるわけない




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
Memory of weakening
2008-06-07 Sat 15:58

甦る淡い記憶 たぐり寄せると
そこにはあなたがいる
戻れない道の上を ずっと歩いて
ここまで 辿り着いた


懐かしい風景よ
どうか 色あせないで


薄れていく あの頃の気持ち
忘れないように
心の中 深く深く 強く
刻み込みました



曖昧な遠い記憶
今にも消えてしまいそうに 揺らめく
淋しさに耐え切れずに
一人きりで 泣き出した夜もあった


側にあったはずの愛情さえ
何も見えぬまま


流れていく白い雲
ずっと 追いかけていたよ
幼い頃 見ていた夢を
重ね合わせながら


薄れていく あの頃の気持ち
忘れないように
心の中 深く深く 強く
刻み込みました

薄れていく あの人の笑顔
失くしたくはないと
何度も 何度も 思い出しては
寄り添うのは 切なさ



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:14 | top↑
Can't express
2008-06-03 Tue 09:36

涙を流すことでしか 感情を表せなくて
気持ちを口にできぬ故 あなたを困らせていた



どうすればいいのかなんて きっと本当は わかっていた
でもそれができなかったから いつもすがっていたかったんだ
やがて訪れる"いつか"に どうか笑っていられるように
忘れられないとしても


涙を流すことでしか 感情を表せなくて
気持ちを口にできぬ故 あなたを困らせていた
十分に思い知らされたはずなのに なぜ それでも
再び同じ後悔を また繰り返してしまう



やがて訪れる"いつか"に 君と笑っていられるように
傷がたとえ消えなくても


言葉にしようとするたびに いつも上手くできなくて
あなたに伝えられないと ひとり 泣いていたんだ
惨めな自分の姿が 鏡に映し出されて
瞳をそらすことでしか 自分を守れなかった


涙を流すことでしか 感情を表せなくて
気持ちを口にできぬ故 あなたを困らせていた
十分に思い知らされたはずなのに なぜ それでも
再び同じ後悔を また繰り返してしまう

無口を貫き通しては 感情を露にできず
-こんなの違う- わかっていても
うつむいてばかりいたの





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:20 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。