スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
更新のお知らせ
2008-03-17 Mon 22:05

拙い私の言葉にお付き合いくださり、
本当にありがとうございます。

次回の更新は4月にさせて頂きたいと思っていますので、
よろしくお願いします。


桜咲き 儚さ故の美しさで
全てを魅了しながら
踊るように 舞う頃
皆様が飛び込む 新しい世界に
一握りでもいい
幸がありますように


心からの感謝を込めて
今夜もお祈りしています。





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | 感謝を込めて | コメント:14 | top↑
カナリヤ
2008-03-13 Thu 20:32

綺麗な声は歌うために与えられたのに
歌い方を知らないカナリヤ
綺麗な羽根は傷だらけでも
そんな痛みを知る者は ただ一人もいない


暗闇に向けられた 悲痛な鳴き声


羨ましがられ どんなに褒められても
羨望の眼差しが 小さな身体 震わせる



綺麗なはずの姿なのに それを隠すように
夜空の下で 眠りに就いた


天空に突き抜けた 届かない祈り


真っ直ぐな瞳は 救いを求めてるの
だけど誰にも気づかれず また今日も暮れていく



欲しいのは綺麗な姿でも
綺麗な声でもなくて…



羨ましがられ どんなに褒められても
羨望の眼差しが 小さな身体 震わせる




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:12 | top↑
引いては寄せる波の音
2008-03-09 Sun 21:06

明日の約束を貴方が交わしてくれると
安心していた
明日も貴方といられるんだねと

未来を確かめる術など持たない私は
ただ 貴方だけを
信じていくしかできないから


始まりと共に 終わりが生まれるなら
その手で終わりを 葬って


目が覚めても貴方の笑顔が
隣にあるように願うほど
そう願わずにはいられない自分が
哀しくて その目を見られなくなる



二人で行った海も 二人で見た夕焼けも
忘れないように
心に刻み付けてた私に

貴方が「また今度」の話を
当たり前のようにしてくれたから
たまらず 泣きそうになっていたの


初めての別れのない出会いなのだと
信じてもいいのでしょうか


この不安は貴方を
傷つけてしまうものなのかもしれない
今 隣で微笑む貴方を
ただ 真っ直ぐに信じられたなら…



目が覚めても貴方の笑顔が
隣にあるように願うほど
そう願わずにはいられない自分が
哀しくて その目を見られなくなる

私のこの気持ちを 貴方が知ったなら
何を思うでしょう
今 隣で微笑む貴方が
夢にならないようにと 願ってる




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love | コメント:16 | top↑
conceit
2008-03-05 Wed 21:07

真っ直ぐな目をしてどうして嘘をつくの?
邪気の無いその目が私の傷を増やす


その場だけの想いなら
言葉にしないで


それ程でもないのに
まるで私以上はいないように装わないで
自惚れてく果てに辿り着くのは
どうしようもなく深い悲しみの海




私がこんな思いでいるとは知らないあなたに
裏切りの意識などないんでしょう


無意識の刃が
私を切り裂いていく


いなくても変わらないくせに
私が要るような顔して偽らないで
思い上がる私を待ってるのは
どこまでも深い絶望と羞恥心




それ程でもないのに
まるで私以上はいないように装わないで
私なんかがいなくなったからといって
あなたの何かが変わるわけがない
自惚れてく果てに辿り着くのは
どうしようもなく深い悲しみの海





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | 再掲載詞 | コメント:12 | top↑
愛されながら
2008-03-02 Sun 21:47

褒め言葉なんて欲しかったんじゃない
私は決していい子なわけじゃない


いつも叫んでいたの
伝えたかったの
自分の存在を


愛はたくさん絶え間なく
注がれていたのでしょう
だけど誰かに
愛されている自信なんてものは
ほんの少しもなかったから
なおさら孤独だったんだ

きっと それは 誰よりも



気がついてほしかった
隠し続けていた
私の思いに


愛されているはずなのに
どうしても拭えない孤独は
何度私を絶望に突き落としたかわからない
だって こんなに愛情に恵まれているのに
それでもまだ 不安だなんて
こんなにも淋しくてたまらないなんて…


それじゃあ どうしたのならば
私の孤独は癒されるの?


愛以上のものなんて
きっと あるわけないのに




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:22 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。