スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
きらきら
2007-09-29 Sat 21:54

あなたが見せてくれた
きらきら宝物
「すごい!すごい!!」と騒ぐ私に
自慢顔


私はそんなあなたをもっと見たくて
大げさに手を叩いた


高く高くなるあなたの鼻を登れば
あの空まで楽々着きそうよ
あなたを王様気分にさせることなら
駆けっこビリ お勉強ご免の
私の得意技



あなたが集めた…ガラクタ?
いいえ,宝物
はしゃぎ,欲しがる私
あなたはいばりんぼう


私はそんなあなたがもっと欲しくて
褒め言葉 浴びせかけた


どんどん張られるあなたの胸は
えっへん どこよりも寝心地が良さそうよ
あなたを調子づかせることは
私の十八番
誰にも負けないわ 私が一等賞



高く高くなるあなたの鼻を登れば
あの空まで楽々着きそうよ
あなたを王様気分にさせることなら
駆けっこビリ お勉強ご免の
私の得意技

どんどん張られるあなたの胸は
えっへん どこよりも寝心地が良さそうよ
あなたを調子づかせることは
私の十八番
誰にも負けないわ 私が一等賞


きらきら宝物
きらきら宝はあなたの瞳

きらきら宝物
きらきら宝はあなた
そう,あなた

あなたがきらきら宝物




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
うさぎ姫
2007-09-25 Tue 21:28

ほら,真っ黒な画用紙の隅に
まぁるいパンケーキが見えるでしょう?
そう,おやつにママが作ってあげた
甘くておいしいケーキ わかるでしょ?


あれはお月さまといってね,
耳の長いうさぎさんが住んでいるのよ
いつもぺったん ぺったんと
お餅ついて 空の主に供えているの



もうずっと昔々
まだママも産まれていない頃に
お姫さまがあのお月さまからやってきて
それはそれは愛されて育ったのよ


ここでお姫さまはみんなを
とても幸せにしながら暮らしたの
でもね,おうちに帰る時間
またお月に帰らなければいけなかった



みんなは泣いたわ とても泣いたわ
お姫さまのお迎えに向かって 矢を射って
近づかせないように戦った
それでも迎えはとても強くて
守りきれず お姫さま
綺麗な衣 はためかせながら
昇っていってしまった



そうね,うさぎさんは
お餅をお姫さまにも分けてあげたかな?
バカね,大丈夫よ
あなたはママが守り抜いてみせるから 絶対に
たとえお月さまにだって
空の主にだってあげたりするものですか
だから何も心配せずに
楽しい夢を見ながら
さぁ もう おやすみ

おやすみ
わたしのかわいいお姫さま





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:24 | top↑
plate
2007-09-22 Sat 22:24

独占したくて
気を引こうとしていたんじゃないの
あなたが私じゃない誰かを見るたび
怖かった


その子の方が良くなって
私から去ってしまうんじゃないかって


望まれることを望まれるようにして
あなたを落胆させないように頑張った
そうでもしないと私なんて
誰にも相手にされないと思ってたの



お皿を割ってしまったこどもが
怯えているのは
ぶたれる痛さや
怒られる恐怖なんかじゃなくて


愛想尽かされ嫌われて
おうちからどこかに放り出されること


ガラスより薄く脆いそんな心に
一体どの言葉が安心をあげられた?
一粒の雨に切られてしまう心
私は今でもそれを抱えて…



望まれることを望まれるようにして
あなたを落胆させないように頑張った
そうでもしないと私なんて
誰にも相手にされないと思ってたの

望まれていること懸命に探り出し
あなたに絶望されないように息切らした
私は今でもお皿を大事に抱えて
見えない明日にもあなたといれるように
眠りの前に何度も祈るの




過去掲載詞修正



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:22 | top↑
真白
2007-09-19 Wed 15:47
希望の燈を吹き消してしまっても
私が何度でもまた灯してあげる
あなたのための火は尽きることなどないから
いつでも何度でもマッチを擦ってあげよう


腕が落ちてしまうまで


だからもっと側に来て伝えて
私を失うことなんて思わないで
強い姿なんて脱ぎ捨てていい
偽りのない真っ白なあなたを見せて



瞳が光さえ拒むなら
あの空を私が真っ黒に塗りつぶしてあげる
そうして私まで黒く染まっていけば
あなたは自分の美しさに気づくでしょう


天使だと思うくらい


だからもっとこの想いを感じて
孤独に落ちてく隙なんて与えないわ
弱さだってあなたの一部なら
欠片もの残さず愛しさを注ぐから



ためらわずに側に来て伝えて
私を失うことなど有り得ないのよ
強い姿で隠そうとしないで
偽りのない真っ白なあなたを愛させて

そしてもっとこの想いを感じて
孤独に落ちてく暇なんてないはずでしょう
弱さだってあなたの一部なら
欠片も残さず愛しさを注ぐから





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | for you | コメント:26 | top↑
小道
2007-09-16 Sun 20:55

よく晴れてたあの日
小道をあなたと歩いた
交わす言葉は少ないけど
それでよかったの


時々見せるあなたの
優しい笑顔があれば


何度も記憶をちぎろうとしたけど
あなたを忘れるには思い出が多すぎる
夜空で瞬く星 穏やかに吹く風
その全てがあなたを思い出させる



雲ひとつない空の下で
あなたと歩いた
特別な何かなんて
何も要らなかったの


あなたがそこに、
あなたさえそこにいてくれるなら


何度も涙を拭ってくれたのに
今度はその涙をこんなにも流させる
聞こえてくる歌 目の前の風景
その全てはあなたが教えてくれたもの



何度も記憶をちぎろうとしたけど
あなたを忘れるには思い出が多すぎる
夜空で瞬く星 穏やかに吹く風
その全てがあなたを思い出させる

何度も涙を拭ってくれたのに
今度はその涙をこんなにも流させる
聞こえてくる歌 目の前の風景
その全てはあなたが教えてくれたもの

全て あなたが教えてくれたもの



過去掲載詞修正



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:28 | top↑
愛され亭
2007-09-13 Thu 22:29

食欲旺盛なあなたは
山盛りの愛もすぐに平らげて
もう無いのかと物足りない目をするの

私は手を休める暇もなく
次から次へ 皿に盛りつけて
お食べなさいと所狭しと並べていく

誰でもない私の味つけが
あなたの口に合うのが嬉しい

それにしてもあなたは
早食い大食い底無し胃袋
酸いも甘いも辛いも苦いも
とにかく全部飲み込んでいく
フル回転させてもあなたに追いつかず
また舌なめずり
待って もうすぐ焼けるわ 煮えるわ
だから席立たないで



あとどれだけの愛
あなたに差し出せば満たされるのかだなんて
考えるのも馬鹿くさいほどの欲

それでも従順な私は
注文されるがままに調理して
飽きられてしまわないように知恵絞る

でもそろそろあんなにあった材料さえも
もう尽きてしまいそうなの

それでもまだ止まることなどありえずに
連続おかわり
遂にプライド忘れて
誰かのレシピを覗き込んで泥棒
果てしのない愛欲
満足させるにはどうしたらいいの
握る包丁ナイフの手元が狂ったふりをして
あなたを切り裂こうか



動き続けた手の感覚はもはや無いの
見開いた両目は玉葱のエキス塗れ
酷さを増す目眩 こらえてももう倒れそう
そうすればあなたは無情にも何処か遠くへ…



それにしてもあなたは
早食い大食い底無し胃袋
酸いも甘いも辛いも苦いも
とにかく全部飲み込んでいく
フル回転させてもあなたに追いつかずに
また舌なめずり
待って もうすぐ焼けるわ 煮えるわ
だから席立たないで

何も与えられない私も
気がつけばもう餓死寸前
歪む視界の向こうで
あなたがスプーンとフォーク握りしめてる





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:24 | top↑
last moment
2007-09-10 Mon 21:57

答えてください

もし私が終わりない苦しみにもがいていたら
あなたはその手で息の根を止めて
安らかに眠らせてくれますか


正直に言って

ただの同情でも形だけでもかまわないから
一度だけでいい
そのときだけは私を想って泣いてくれますか


最後のわがままを聞いてください


天国なんかに逝けなくてもいい
ここから抜け出せるなら
花畑なんかなくたっていい
楽にさせてくれるなら



答えてください

もし私がいつまでも目を覚まそうとしないなら
痛みなんて無い夢の中に
永遠にずっといさせてくれますか


乾いた目を開けようとしないで


神様に見放されたとしてもいい
覚えていてくれるなら
だけど醜い私など見ないで
綺麗なままの姿だけ

目に焼き付けて




天国なんかに逝けなくてもいい
ここから抜け出せるなら
花畑なんかなくたっていい
楽にさせてくれるなら
だけど引きつった顔など見ないで
悲しそうに見ないで
やつれて冷たい手を握らないで
あの頃の体温だけを

ずっと感じていて



過去掲載詞修正



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:28 | top↑
白肌に跡
2007-09-07 Fri 20:48

陽は山を燃やしながら
次はどの青にぽっかり浮かぶの
ねぇ 何が怖くてそんなにも
ギラギラと想いを放つの


頑張っても明ければまた青は元通り
赤い空にはならないよ


ジリジリと私の肌を焼くくらいなら
この想いも焦がして灰にして
あの海へと還す役目は引き受けるから
満ち潮になる前に早くして



月を呼ぶ前にひとつ
しないといけないことがあるでしょう?
何食わぬ忘れたふりをして
水平線に隠れるつもり?


私を置いていこうとしているのなら
あなたより赤い血の涙


雨雲に居場所を盗られそうで
必死に死に物狂いで燃えているのね
でもどうせもうすぐ否が応にも
きっとこの国から引き離されるの



私のようにね
引き離されるの
そうやって季節は
全て 引き離していくの



ジリジリと私の肌を焼くくらいなら
この想いも焦がして灰にして
あの海へと還す役目は引き受けるから
満ち潮になる前に早くして
白肌にあなたの跡を刻みつけても
あっという間に消えてしまうのよ
抱きしめた人にもやがて忘れ去られてゆく
惨めなこの私と同じ






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:16 | top↑
赤宝
2007-09-03 Mon 21:42

あの角を曲がって短い坂を下りると
見えてくるのは青い屋根
おかえりと微笑むあなたがいる
私の大大好きなその笑顔


赤く実った果実を
籠いっぱい摘んで一緒に食べよう
これはまだ青い?


お手玉 おはじき もっと遊んで お手本見せて
今日のおやつはなぁに?
ままごと 縄跳び 遊び疲れて眠りにつく夜
あなたの夢を見たよ



いつまでも私はこどもだからね
大人になんて絶対ならないから
お願いよ これからどんなに月日経っても
お星さまにはならないで


甘く熟した果実を
あなたはくれるけど
私だってあなたにあげたいの


折り紙 あやとり 昨日あなたが教えてくれた
みんなに自慢したんだ
影踏み かけっこ いつも私はビリだけれどね
今日はあの子に勝ったよ



おいしいね
ふたりでつまむ赤い宝石
おいしいね
形は少し不細工だけど
あなたがくれた宝石は
宇宙で一番だよ


あなたは一番だよ




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:26 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。