スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Devotion
2007-05-28 Mon 21:00

どんな嘘も貴方が言うのなら
私にとっては真実
たとえ幻だって
貴方が見せてくれるのなら消えない

汚れた景色も天国に見えるから

私に聞こえるのは
貴方の言葉だけ
私に見えるものは
貴方の姿だけ
他には何も無いの
私の世界には貴方がいてくれたら
それだけで充分


世界中と貴方の言うことだけが
違っていたとしても
どんな罪を貴方が犯しても
私は貴方を信じてる

歪んだ未来もこの手で変えていける

私が守りたいのは
貴方の笑う顔
私に必要なのは
貴方の存在
貴方が欲しがるなら
瞬くあの星も
今すぐ貴方のために
とってきてあげる


私に聞こえるのは
貴方の言葉だけ
私に見えるものは
貴方の姿だけ
他に何も要らない
私の世界には貴方以外のものは
何も無くていい





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | for you | コメント:21 | top↑
transient a life
2007-05-25 Fri 21:31

弱音など決して吐かないあなた
その姿は儚く痛ましかった


砂漠の真ん中に咲いた一輪の草花
枯れることも揺れることもできないまま
この地の果てには何が待っているというのか
僕はそれを 受け止められるのだろうか

いつだって声も涙も出さず
泣き叫ぶあなたを もう見ていられない
もしそれで あなたのその痛みが和らぐなら
この身を盾に変えよう



嵐に打たれてじっと耐えているあなたの
その肌からついに赤い血が流れる
あなたに向かって急いでいるはずなのに
足を速めてみても あなたに届かない

息が絶えるまで力の限り
どんな手を使ってもあなたを守ろう
現状を忘れてしまうほどの幻を
あなたに見せてあげよう


今もまだ 声も涙も見せず
泣き叫ぶあなたが また遠くなった
もしこれであなたのその痛みが癒えるのなら
僕が身代わりになろう


僕を身代わりに

僕を盾に


それであなたが生きれるなら






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | for you | コメント:20 | top↑
2007-05-22 Tue 21:54

私の膿んだ傷を見せたら
あなたは目をそむけるのでしょう
笑顔が偽物だと知っても
あなたは目を伏せてしまうでしょう


安心して
あなたに支えてもらおうなんて思ってない


私は一人で歩いていける
立ち竦む足をあやしながら
滴る血は降る雨に流れて
河に着く頃には溶けてしまう



私に見える歪んだ月は
決して毎夜 満ちることはない
輝いているはずの月明かりは
私を暗闇に染めていく


安心して
あなたに助けを求めたりなんてしない


一人でいれば怖いことはない
失うものなど何も無いの
一人でいれば怯えずにいれる
近づいてくる朝焼けにも



この手をとってくれるというなら
何があっても離さずにいて
そんなのできるわけがないでしょう
それなら優しさなど教えないで





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:20 | top↑
But.....
2007-05-18 Fri 21:41

会いたいけれど会わない
あなたがすぐそこにいたとしても
遠くで同じ夜空を同じ瞬間に
見上げるだけでいい


同じことを感じながら


近くにあなたを覚えてしまえば
離れられなくなる
何度もあなたのその温かさを
思い出してしまう



触れたいけれど またすぐに
あなたはいなくなってしまうから
それならこの手は何も
あなたを知らずにいた方がいい


涙を流さないように


優しいあなたの声が
淋しさをなおさら増していく
一瞬の刹那の幸せな時間は
恋しさを募らせる



近くにあなたがいれば
永遠を求めてしまうから
叶わぬ願いと知りながら
希望を抱いてしまうから


会いたいけれど会わない
今すぐ会うこと叶うとしても






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:31 | top↑
おへそ
2007-05-15 Tue 21:09

たまにね うまれるまえにもどって
あなたのおなかに かえりたくなる

あなたのこどうを みみにしながら
あなたとつながり ねむりたくなる

ちいさなちいさな ゆびをくわえて
ちいさなちいさな からだ まるめて

いいな ほんとうにそうなれたら
わたし ひとり おいていかれることもない
おそらのうえまで いっしょにいけて
あなたいないさみしさ しらずにいれる


わたしのたんじょう ずっとこころにえがいて
その日をまちわびていてね
まだない なまえをよんで
まいにちのように やさしく はなしかけてね

なんどもなんども おなかをなでて
なんどもなんども いつくしむように

いいな そんな日がえいえんなら
あなたに きずを つけてしまうこともない
そこにいるだけで それいじょうにないくらい
あなたを しあわせにできる


ちいさなちいさな いのちをだいて
ちいさなちいさな こきゅうをしながら

あなたのおなかにいれば
こわがるものなんて なにもないんだろな
あなたとひとつのままで
あのままおなかに いられたらよかったな

あなたとひとつのままで
あのままあなたの なかにいたかったよ





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
2007-05-12 Sat 18:11


果たされない約束だってことなら
最初からわかってた
だけど君と繋がっていれるものなら
何でもよかったんだ


遠くなる君が振り向くことはもうないだろう


淋しさを抱えた群集が
救いを求めるように行き交う街で
居場所さえ見つけられないまま
記憶に甦るのは君のことばかり



報われない夢ばかりが散らばって
それでも手放せずに
どこかにきっと君の姿を探す
盲目の私がいる


過ぎ去った日々は輝きを増して私を責める


失った大切な何かに気づかぬままで
通り過ぎていく者
取り戻すことはできないと知って
目をつぶっているだけかもしれない



悲しいんじゃない

淋しいんじゃない

君がいない…



淋しさを抱えた群集が
救いを求めるように行き交う街で
居場所さえ見つけられないまま
記憶に甦るのは君のことばかり

居場所さえなく彷徨いながら
溢れて止まらない想いは君へのもの






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:27 | top↑
0時
2007-05-09 Wed 20:58

終わっていく毎日が
またあの頃の日々を遠ざけていく
私は届かなくなるのを恐れて
0時に怯えているの

現在に背を向けて走り出したら
そこには何があるのでしょう

今じゃもう声さえも遠く離れて聞こえる
笑顔さえ綺麗なまま色褪せていくばかり



星に託した思いはただ静かに
燃え尽きて消えていった

全ての時計の針を止めても
夜明けは再び訪れる

かすかに聞こえてくる声に耳を傾けて
束の間の幻に 一人 まどろんでいるの



現在に背を向けて駆け出したのなら
失くしたものを取り戻せるでしょうか

今じゃもう面影さえ奪われていってしまうの
モノクロの景色だけずっと眺めているのよ
今じゃもう声さえも遠く離れていくだけ
小さくなっていく声を息を潜めて聞いているの






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:16 | top↑
right
2007-05-06 Sun 16:59

離れたくない
あなたの側から
本当はしがみついていたいのに
また大人のふりをして
笑顔で手を振って
強がり続けている


淋しいなんて言えるわけない
その表情が変わるのが怖いから…


少しでもほんの一瞬でも
気づいてほしかった
だけど弱さを見せてしまったのなら
大切なもの全て
失ってしまう気がした



間違いだって言われたとしても
それであなたの側にいれるなら
私にとってこれ以上にない
最高の正答に変わっていく


涙なんて見せれるわけない
その顔色を曇らせてしまうから


一瞬だけでも束の間だけでもいいから
夢を見ていたいの
近づいてくる目覚めに
たとえこの身切り裂かれても
それでいいと言えるから



少しでもほんの一瞬でも
気づいてほしかった
だけど弱さを見せてしまったのなら
大切なもの全て
失ってしまう気がした

もしも思い 明かしてしまったのなら
明日にはもうあなたは
いないような気がするの






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:32 | top↑
illiteracy
2007-05-02 Wed 21:19

一体どれくらいの人が
ずっと一緒にいてくれると言ってくれたかな
その度私は喜んで
これで孤独から解き放たれると信じていた


守れない約束なら
最初から交わさないで

学ばない私は
同じことを繰り返し
それでもまた忘れてしまう
でもあなただけは
違うと信じてみたけど
それもただの思い過ごし



生まれた日から今の今まで
そう少しも淋しくない日なんてなかった
言葉にしていなかったのは
それが当たり前だと思っていたから


瞬間の想いならば
永遠を装わないで




考えてみれば保証なんて
どこにもありはしないのに
いつだってそう
綺麗な言葉を無邪気に
全て 受け止めて
私だけのものと思ってた



学ばない私は
同じことを繰り返し
それでもまた忘れてしまう
でもあなただけは
違うと信じてみたけど
それもただの思い過ごし

考えてみれば保証なんて
どこにもありはしないのに
いつだってそう
綺麗な言葉を無邪気に
全て 受け止めて
私だけのものと思ってた






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:30 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。