スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ありがとうございました。
2006-12-29 Fri 20:42

あなたの存在が私の根となり

あなたがくれる言葉は私を育てる水となる



華麗な花は咲かせられぬけれど

誰をも魅了する花びらは持てぬけれど



それでも

小さな小さな種を集めて

きっと強く咲いてみせよう




風に倒れそうでも 雨にしおれそうでも

踏まれて抜かれて

朽ち果てそうに見えても

あなたの根がある限り

あなたが水を注いでくれる限り

私はずっと応え続けるから




あなたが私を生かすのです










参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング ありがとうございました。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 感謝を込めて | コメント:31 | top↑
Influence
2006-12-27 Wed 21:39

大事なものを私はちゃんと
大切にできていますか
望まれているものを
私は君にあげれていますか


飾らない君の私への思いを教えて


悲しみにかげる君を見ると
その笑顔を奪ったのは私のような気がして
守りたいとそう想いながら
君に傷を付けているんじゃないかと怖くなるんだ


君の願いを私はいくつ
叶えられるでしょうか
どんな形で
私は君の役に立てるのでしょうか


私でも君の為になることはできますか


微笑みを作る君の横に
寄り添っている私の意味は一体何だろう
君が素の顔も見せられないような私は
君にとってどんな価値があるものなのかな



悲しみにかげる君を見ると
その笑顔を奪ったのは私のような気がして
守りたいとそう想いながら
君に傷をつけているんじゃないかと怖くなるんだ

君を苦しめる犯人は
他の誰でもなくこの私なんじゃないかと…




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | for you | コメント:26 | top↑
silent eyes
2006-12-25 Mon 21:32

笑っていた貴方だけど
強さを見せた貴方だけど
そんな貴方を見るたびに
私はどんなに苦しかったと思う?


隠していたつもりだろうけど
悲しみを溜めた瞳を
見抜けないわけない
だけど他人に入り込まれるのを
無言のまま拒むから
動けずにいるの



守るとそう言ってくれた貴方も
そんなに強くなくて
絶え間のない優しさや安らぎを
誰にも明かさず求めている


貴方が休むべき場所は
もうすぐ側にあるのに
気づかないままで
息を切らしながら通り過ぎ
何一つとして
預けようとはしてくれない



隠していたつもりだろうけど
悲しみを溜めた瞳を
見抜けないわけない
だけど他人に入り込まれるのを
無言のまま拒むから
動けずにいるの

貴方が休むべき場所は
もうすぐ側にあるのに
気がつかないままで
息を切らしながら通り過ぎ
何一つとして
預けようとはしてくれない










参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | for you | コメント:28 | top↑
sweet night
2006-12-22 Fri 21:10

甘いクリームの上で
ストロベリーに挟まれて揺れる炎
幼い胸は弾み
ママとパパとシスター,ブラザー,


そしてグランマの顔を交互に見てた


ふんわり雲のようなスイーツより
私が嬉しかったもの
みんなの幸せ顔
祝いの歌はメリークリスマス?
それともバースデーだった?
灯りの消えた部屋で炎に映る幸福


どうして私は
大事にしまっておかなかったのかしら…




火薬の匂いとともに響く
弾ける音に怯える私を
ママは柔らかく抱き寄せ
ほら見てごらんなさいと指差す先には


とてもキレイな色とりどりの紙ふぶき


私はかき集めて
花畑のつもりでママを埋めたの
少し困った笑顔
おまえは優しい子だねとグランマ
私を撫でてくれたけれど
グランマを悪魔から救うことできなかった


どうして私は
一緒にいってあげられなかったのかしら…




ふんわり雲のようなスイーツ
私の分はいらないから
みんなもっと笑って
神様 他に何もワガママ言わないから
おめでとうの日だけ
どうかお願い あの日のみんなに戻して


どうして私は
大事にしまっておかなかったのかしら

あの日のみんなをケースに入れて
飾っておけばよかった








参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:26 | top↑
Santa Claus
2006-12-19 Tue 21:41

サンタクロースは一度だって
私の欲しいものをくれたことはない
白く着飾ったもみの木の下で
ずっとずっと待ち続けていたのに


裏切られた夢なのに
どうして手放せないのだろう


淋しいのは私だけだと思っていた
幸せそうな笑顔ばかり溢れているから
でも傍から見れば私だって
その中の一人のように映っていたのかもしれない



流れ星は一つだって
私の願いごとを叶えてくれない
星の数より多いくらい
何度も手を合わせて祈り続けたのに


報われない夢なのに
何故捨ててしまえないのだろう


孤独なんて私だけに与えられた
許されない罪の罰だと思っていた
でも罪を背負った人なら思ったより多かったようで
誰もが胸に抱えていたの



淋しいのは私だけだと思っていた
幸せそうな笑顔ばかり溢れているから
でも傍から見れば私だって
その中の一人のように映っていたのかもしれない

淋しいのは私だけだと思っていた
「淋しい」なんて誰も口にはしていないから
でも気づいてみれば私だって同じ
そんな気持ちを伝えたことなんてなかったの



サンタクロース
たった一つ
私の欲しいものを

サンタクロース
たった一つ
たった一つでいいんです






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:29 | top↑
悪い子の夢
2006-12-17 Sun 10:31

悪い子だった夜
叱られた私はお母さんは私のことが嫌いなんだと
家出を決めた
布団にもぐりこみ泣きながら
あなたをどんな風に困らせようと
使い始めたばかりの頭で考えた


そんな夜に見る夢は
いつも怪物があなたをさらっていくの
ごめんなさいと謝りたくて、
でも声が出なくて
怖くて狂いそうだった



悪い子だった夜
まだ熱があるのと言ったけれど
本当はとうとう下がってしまっていたの
でもおでこのタオルと特別なあなたの優しさを
もう少し離したくなかったから
具合悪いフリしてた


そんな私に気づいたあなた
どうしようもない子だと私を放り投げた
許してと抱きつきたいけれど動けずに
あなたが見えなくなる瞬間
目が覚めた



全部秘密 ずっと秘密
そっと企んだ家出も
実は平熱の風邪も
夢に怯えた夜だって
全部秘密 ずっと秘密



悪い子が見た夢を
今も忘れられないまま
今夜もまた見てしまいそう
ごめんなさいと謝れるまで
繰り返すのならば
永遠なのでしょう





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:26 | top↑
mask
2006-12-15 Fri 21:56

これからも目の前に続く長い長い道を
一人きり歩いていくのだろう
倒れても抱き上げてくれる人なんていなくて
この身体 引きずっていくだろう


助けると言ってくれた人だって
僕が隠す傷にも気づかずに
ほら 今 僕の前を
笑って通り過ぎていく




そう 君が造られた優しさを差し出すから
僕も仮面を被り受け取ろう
そう 君は手招きながら分厚い壁創るから
僕も喜ぶフリだけしてみせる


また僕もやめておけばいいものを
いちいち希望なんて抱くから
決まってその度
傷が刻み込まれていくよ




壊されたものなら直さなければ
もう壊れることもないのに
繰り返してしまうのは
この僕が学ぶことを知らないから




助けると言ってくれた君だって
僕の流す涙にも
足を止めることなんてなく
ほら 前を通り過ぎていく

助けると君に言った僕だけど
君が隠す傷さえわからずに
ねぇ 今 君の前を
足早に通り過ぎている?






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:30 | top↑
そこにはあなた
2006-12-14 Thu 11:13

sun 照りつける太陽浴びれば
大きく温かいあなたを思い出す
rain 音を立て刺さるような雨
震えてたあなたの肩 思い出させる


遠くなっていく日々が
色褪せてしまわぬように…


隣にいるのは
私じゃなくてもよかったのかもしれない
私はこんなにあなたを必要として
求めていたのに



sky 碧く広がる空 仰げば
あなたの果てのない安らぎ甦る
night 触れない 会えない 淋しい
不安に襲われて深くへ迷い込む


微笑んでいるあなたが
思い出にならないように…


私はあなたにとって
特別じゃなかったのかもしれない
今でも私の想いは
とどまることも知らずにいるのに



私はあなたの傷さえも
癒せなかったのかもしれない
あなたが求める何かを
私は全てあげることができた?
隣にいるのは
私じゃなくてもよかったのかもしれない
私はこんなにあなたを必要として
求めていたのに

私はこんなにもあなたを…





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:25 | top↑
Satan
2006-12-12 Tue 10:36

ねぇ,知ってた?
明日なんて来る確率の方が低いこと
私達はギリギリのところを
いつも歩かされているの


気づかない方がいいわ
気づいてしまったら
一歩も動けなくなるから


辿り着く場所なんてないの
何処まで行けるか試されているだけ
出口なんてあるわけないのよ
悪魔が作り上げた迷路だもの




ねぇ,知ってる?
もう既に崖が崩れ始めてることを
もうすぐその足元も
きっと音を立てて崩れていく


気づかないままでいいわ
気づいたって
逃げる場所など用意されていないから


それなのに一体いつまで
そこでそうしているつもりでいるのよ
崖下に落ちるのが怖い?
それなら早くそこを立ち去ることね




辿り着く場所などないのなら
この足で何処までだって行ってやるわ
出口なんてないこの迷路に
迷ったふりして楽しんでやるの

許されるときなんて来ない
背負わされてる罪は偽造だもの





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:32 | top↑
ふいうちしゃしん
2006-12-10 Sun 10:40

目まぐるしく変わっていく毎日に
あんなに想ったあなたさえ
時と共に思い出す時間は
少しずつ減っていきました


癒えない傷だと思ってたけど
もうあなたなしでも笑えます


泣きながら過ごしてたあの頃の私は
隙間などないくらいあなたで埋め尽くされていた



どんな遠くからだって
人混みの中でもこの目は
あなたならいつもすぐに見つけてた
でも今は探し当てれないかもしれない


何より愛しいその笑顔さえ
思い出せなくなるのでしょう


あなただけだったから失って何も無くなって
-独りきり- そんな明日なら要らないと泣いていた



泣きながら過ごしてたあの頃の私は
隙間などないくらいあなたで埋め尽くされていた
時が過ぎ 私の中のあなたは薄れていって
きっともうこのまま消えてしまうのだと思ってた




それなのに
引き出しの中から
不意にあなたの写真が現れて
忘れたはずだった涙
後から後から
零れていく…





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:36 | top↑
tornado
2006-12-08 Fri 10:59

竜巻は大きな木をなぎ倒して
屋根を剥がして過ぎ去った
残された静寂は
まるで何もなかったように広がってく


静まり返る野原が
荒野に姿を変えるとき


かわいそうに
青いはずの空は抵抗もできず
黒い雲に覆われて
苦しいでしょう 泣きたいでしょう
叫びたいでしょう
何も耐える必要はないの



暴風は恐怖だけを心に植えつけて
今 やっと止んでいく
だけど怯えきった小リスは
巣から出てくる気配もみせない


穏やかだった森が
戦場に変わり果てるとき


かわいそうに
実るはずの果実は
地面に叩き落されて潰れている
痛いでしょう どうしようもないでしょう
怖かったでしょう
もう震えないでいいの



かわいそうに
無邪気だったあなたのその心はもう
厚い雲に覆われて
苦しいでしょう 泣きたいでしょう
叫びたいでしょう
何も耐える必要はないの

痛いでしょう どうしようもないでしょう
怖いのでしょう
もう震えないでいいの







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | for you | コメント:27 | top↑
夜が終わる前に
2006-12-06 Wed 11:14

どこかに行ってしまえばいいんだ
僕なんて
誰からも必要とされないし
意味もない


そうだ この夜が終わる前に
手首を切り裂いてしまおう
何度そう思ったか知れない
それでも僕は生きてきた
別に期待とか希望だとか
抱いていたわけじゃないけど
中途半端なことばかりしていたんだ



"いま"を
散々悲観して
先のことばかり
心配しすぎていたんだろう

そうさ その気さえあれば
すぐに願いは叶えられたんだ
僕のこの鼓動を止める方法は
いくらでもあったんだから
それができずにいたのは
どこかで光を見てたからなんだ
こんな苦しみは続くものじゃないと
信じたい僕がいたんだ


これからもきっと
同じことを繰り返す
朝と夜が絶え間なく
入れ替わるように



そうだ この夜が終わる前に
ここからいなくなってしまおう
何度そう思ったか知れない
それでも今もここにいる
別に期待とか希望だとか
持っていたつもりじゃないけれど
心のどこかにあるのを
認めたくなかっただけのようだ






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:35 | top↑
早々に去れ。
2006-12-04 Mon 11:10

いつまでそうしているつもりなの?
私が何かを言うのを待っているの?
一体何を期待しているの?
あなたは私を捨てていくんでしょう?


行かないでと泣いてしまう前に去って
惨めにあなたすがりつく前に
そんなに好きじゃなかったと
まだ自分に言い聞かせていられる今のうちに
早く 早く 早く…



それとも私に止めてほしいの?
私が止めても行ってしまうくせに?
自分は愛されているんだって
優越感に浸りたいとでも言うの?


この足が駆け寄る前にいなくなって
あなたの思惑通りになる前に
次に口を開いたら流れてしまう
次に唇動いたらきっと
全て 気持ち 全て



今もしも優しさなんて見せられたら
想いがあなたを追ってしまうから
行かないでと泣いてしまう前に去って
惨めにあなたにすがりつく前に
そんなに好きじゃなかったと
まだ自分に言い聞かせていられる今のうちに
早く 早く 早く…





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:32 | top↑
ひなどりのまま
2006-12-02 Sat 20:44

あの頃はよかったね
一緒にあの歌を聴いてた頃に戻りたい
あの頃はよかったね
まだあの人もいたし
まだ何も壊れてなかった


それともあなたは自由がある今の方がいいのかな
私も自由を求めたけど
たまに鳥かごが懐かしくなる
余計な傷などつくなくてよかったし
敵もいなかった
それに何よりあなたがいた



今もあの歌 ひとり 聴いてみるけれど
これっぽっちも楽しくない
あんなにいろんなこと感じながら聴いてたのに
今はただ淋しいだけ


あなたが見ていた夢には
もう少しで手が届きそう?
そうだとしたならあなたは今
幸せなんだって思っていていいの?
時間はあなたを夢へと近づけていったみたいだけど
描いてたものがそこにはある?




あの頃はよかったね
みんな今よりも何にもできないでいたけど
あの頃はよかったな
だからこそ汚れなくて純粋に笑っていれた





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:36 | top↑
muddy
2006-12-01 Fri 11:09

嘘でも本当でもいいから
私が眠るまで優しい話をして
冷たくまるで現実のような
悪い夢にうなされてしまわないように


狂ったように逃げ惑う私が
可笑しければ笑えばいい


何処まで行けば
この暗闇から抜け出せるの?
この孤独から
解き放たれる日はいつか来る?



作られた幻でもいいから
この目が閉じるまで綺麗な景色を見せて
歪んで見えてしまう
透き通ってるはずの空を覆い隠すように


あらゆるものを怖がる私を
臆病者と罵ればいい


あとどのくらい
歩いたのならば許されるの?
あとどのくらい
心が血を流したならいい?



見せかけだけでも
素振りだけだって今はかまわないから
ここから救って…



底さえもない沼は
私を引きずり込んで
かすかな息も光も
奪っていってしまう
孤独を抱え
この暗闇 歩き続けるから
抜け出せる日を
放たれる日をどうか私に…






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:19 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。