スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Destination
2006-09-29 Fri 10:03

いつから私はここにいるんだろう
どうして私はここに来たんだろう



ここまで辿り着くまでに
失くしてきた大切なものや
手に入れたかけがえないもの
比べることはできないけど
来た道を時々振り返れば
淋しさおそう


誰か言ってほしい
これでよかったんだと…


私が本当にほしいものは何?
一体それはどこにあるのでしょうか
私を本当に必要としてくれる人は
今 一人でもいますか



今まで幾度も傷ついてきたけれど
今いる場所にそれほどの価値はあるかな


信じさせてほしい
選んだ道は正しいと…


私が求め続けた居場所はここ?
一番いてほしい人の姿が無い
私のこの声は聞こえていますか
聞こえるように返事をしてください




いつから私はここにいるんだろう
どうして私はここにいるんだろう…






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | I'm | コメント:16 | top↑
Bury
2006-09-28 Thu 10:22

もしもあなたと出会わなければ
今の私はいなかったでしょう
もしもあなたを知らずにいたなら
笑顔も忘れていたかもしれない

伝えきれずに残った気持ち
行き場もなく彷徨う

もう二度とあなたには会えないと
気づいたとき
消えていきそうなほど
いつまでも泣き叫んだ



あとどのくらい 時間が経てば
笑い方を思い出せるでしょう
あなたがここに置いていったもの
近づけずに遠くから眺めてた

巡る季節を止めて
あなたの元に飛んでいきたい

目に映るあらゆるものが
憎く思えてしまう
罪の無い綺麗な空も
儚い花達も



何も変わっていないはずの景色なのに
私には色褪せて見えてしまうの



もう二度とあなたには会えないと
気づいたとき
消えていきそうなほど
いつまでも泣き叫んだ
もう二度とあなたには届かない
私の声は
静寂に包まれて
全て 掻き消されていく





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | 愛するあの人へ | コメント:19 | top↑
BARE
2006-09-27 Wed 09:50

剥がされていく嘘
私はあらわになる姿を隠そうとするけど
あなたは全て
見透かしてしまう


散らばった偽りの破片は
綺麗な部屋を汚していく


それ以上見つめないで
それ以上私に近づかないで
また孤独に怯える感情が
目を覚ましてしまうから




誰の目にも触れぬまま
膨れた私の悲しみ


癒される術さえもなくて
私を支配してきたんだ


温かいそんな腕で
醜い私に触れたりしないで
優しい温もりを
また思い出してしまうのが怖い




気まぐれな感情なら
私を突き放して
冷めた心はただのフリだと
気づかせないで

やっと忘れたものさえ
また求めさせないで
やっと忘れられたのに
もう覚えさせないで…




痛みを伴いながら
幾度も傷を負い此処まで来たの
作り物の姿をこの身にまとい
歩き続けてたの
あなたはそれをどうして
今更台無しにしようとするの






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:8 | top↑
Moon
2006-09-26 Tue 10:27

灯りを消さないで
何も見えなくなってしまう
足元も目の前も貴方さえ…
夜空に浮かんでるあの月が
伝える淋しさは
いつも私達を照らすけど

あまりの綺麗さに誰にも届かない

側にいてほしいなんて言えるはずもない
情けないくらい無力すぎる私が…
貴方が幸せだと笑ってくれるなら
どんな恐怖にも怯えないで立ち向かえる



明日を呼ばないで
何もかもが終わってしまう
貴方といる私が過去になる

流れていく星に手を合わせているの

行かないでなんて口が裂けても言えない
震えだしそうな声を押し殺している
貴方が幸せだと感じてくれるなら
どんな恐怖が降りかかっても立っていれる



側にいてほしいなんて言えるはずもない
情けないくらい無力すぎる私が…
行かないでなんて口が裂けても言えない
震えだしそうな声を押し殺している
貴方が幸せだと笑ってくれたなら
どんな恐怖にも怯えないで立ち向かえる?



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:11 | top↑
みなしご
2006-09-25 Mon 10:46

捨てられた私は綺麗なものなんて無い
小さな世界で生きていたの
それ以外の幸せがあるなんて知らないで
こんなものだと思っていたの

幸福を知らなければ
私がそうではないことも知らずにいれたのに

あなたは私に近づいて傍にいてくれて
それを永遠だと思い込ませた
全てを私に信じさせて
もう疑う隙など少しだって与えなかった



悪いのはいつでも
この私なのかもしれないけど 教えて
どこをどう治せば許してくれて
他の子のように抱き上げてくれますか

これ以上墜ちる底なんてなかったはずなのに
あなたに出会うまでは

あなたも私をここに置き去りにして
私の前からいなくなってしまうのね
私があなたに懐いていくのを
腹の底でずっと嘲笑っていたんでしょう




あのままでいられたのなら
日の当たる場所があるのも知らずにいれたのに

あなたは私に近づいて傍にいてくれて
それを永遠だと思い込ませた
私があなたに懐いていくのを
腹の底でずっと嘲笑っていたんでしょう
違うだなんて否定なんてさせない
あなたが私を置いていったのは真実
それとも私はただ悪い夢を見ているだけなの?
覚めることない悪い夢を



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:14 | top↑
北風と太陽
2006-09-23 Sat 10:34

愛する心を失くしてしまいたい
それでどんな罰を受けることになっても
今よりはいいだろう

貴方を想えば苦しみおそうのは
もうわかってるのに追い払ってみたって
離れていってくれない


貴方が憎いです


何もかも滅亡して
二人だけが残る世界を望んでみるけど
そうすれば私が見ることになる景色は
あの娘を想い泣き叫ぶ貴方の姿




優しい北風
貴方への想いを幾分かは凍えさせるけど
それよりずっと熱い太陽

貴方の熱はどうしたなら
私を照らすことをやめて
ただ穏やかなままに過ごさせてくれるの


貴方が怖いです


どんな夜も灯り消してベッドに潜り込み
貴方から逃げたがるけど
どこまでも追ってきては私を放さずに
哀しい想いは膨れるばかり




貴方は私を醜くさせてゆくの
歪ませてゆくの
あの娘さえいなければ…
なんて思いたくない




何もかも滅亡して
二人だけが残る世界が叶ったとしても
そうすれば貴方は私など振り払って
あの娘を探し取り乱し狂うのでしょう
確実に私が見ることになる景色は
あの娘を想い泣き叫ぶ貴方の姿







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | love-sad- | コメント:20 | top↑
made up-あなたが言う私らしさはどれ?-
2006-09-22 Fri 09:36

淋しいのはあなたのせいじゃない
誰といても何をしてても独りぼっち
心を開け放てずにいるのは
見せるのが怖いんじゃなくて

受け止めてくれる人なんていないと
知っているから

作り上げたワタシが本当の私をも支配していく
あなたが思い描く私はあなたの理想のワタシでしょう?
「らしくない」とあなたは言うけど
それはただ「あなたの理想通りのワタシでいてほしい」
それだけのことなんでしょう



私の淋しさは無くならない
どうしてもこの隙間は埋められない

離れないものなんて何もないと
思い知ったから

あなたが知ってるのはみんなが望んでる幻のワタシ
苦しくても私はあなたと一緒にいたいから仕方ない
「らしくない」とあなたが言うたび
また偽物のワタシが産まれて
必死にあなたの理想を探り当てようとするの




作り上げたワタシが本当の私をも支配していく
あなたが思い描く私はあなたの理想のワタシでしょう?
あなたが知ってるのはみんなが望んでる幻のワタシ
苦しくても私はあなたと一緒にいたいから仕方ない



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:10 | top↑
それでもいいから
2006-09-21 Thu 09:38

優しさだけで側にいてくれるなら


そんな同情要らない










…なんて言えるほど大人でもなくて










-独りになりたくない-




と泣いていた



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | ひとりごと | コメント:20 | top↑
弱者
2006-09-20 Wed 10:10

自分には何も無いと僕が嘆くたび
そんなことないよと君は決まっていうけど
慰めじゃないのならば教えてほしいよ
この僕に一体何ができるというの?

淋しいときに淋しいと言える強さもないのに

いつか枯れてしまうと知っていながら
伸びていく雑草(はな)
儚いながらも誇らしい姿に
目をそらしている


自分の弱さを確認させられるようで…



君の為になれるなら何でもするよと
その言葉に嘘は一つもないけど

一体僕は君の為に何ができる?

刹那に溶けてしまう雪の目にさえ
怯えなどないのに
僕はあらゆるものに酷く怯えて
身を震わせてる


隠し切れない弱さが顔を出すんだ




いつか枯れてしまうと知りながらでも
咲き出す雑草(はな)にはなれずに
与えられる水を素直に喜べないんだ
今は綺麗に咲いていれるとしても
散ってしまう日が訪れたら
君さえ僕を
通り過ぎていくのだろう



それは悲しくとも否定できない現実




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:9 | top↑
砂山
2006-09-19 Tue 14:34

あのときの僕が失うということを知っていたら
あのときの僕がもしももう少し大人だったなら

付かなくてもよかった傷もあったのかな

未来の夢を抱きながら
僕はずっと子供このままだと思っていた
横には君がいるんだと疑いもせず
「これから」を二人で描いてた



大切なものが崩れ落ちていくときに
感じていた胸を刺すものが
痛みという感情だと知ったのは

君がもうどこにもいなくなってからだった

時間は僕を大きくして
ずっと君といられるようにしてくれる味方なんだと
信じていたけれど
君をどこかに隠してしまった



二人で一緒に作り上げた砂の山が
雨に打たれ溶けるのを見ながら
涙 止まらなかったのは
いつの日か僕らもこんな風になること
胸の奥で知ってたから?
君はまた作ればいいと微笑むけれど
何故か僕は「いつか」なんて
もう無いと思ったんだ





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:8 | top↑
repetition
2006-09-16 Sat 12:07

何度も大切な何かを失くしては
後悔に沈んだ
それなのに愚かな私は
また何かを失いかけている

もう手遅れだと悪魔が嘲笑う

何処へ行けばいい?
やっと見つけた居場所も奪われていく
何処にいればいい?
誰か私の名前を呼んでください


あなたが吐き出す言葉に怯えては
自分に爪に立てた
自分を唯一守る術
それしか見つけられずにいるの…

笑顔で隠した思いが彷徨う

もう何もかもが
私の弱さを強調するの
鎖は私の腕を
決して放そうとはしない


繰り返す悪夢
逃げる場所さえなく引き込まれていく
何処へ行ったのなら
この身をそっと安らぎに預けられる?
何処にいたのなら
この孤独は消え失せてく?
愚かな私を呼んで
其処へと導いてください







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:13 | top↑
rumple
2006-09-13 Wed 11:12

勝手に君を信じたのは僕だから
君を責められはしない
君は信じてくれなんて
一度だって僕に言うことはなかった

だけど君の言葉は
僕を期待させるものだったんだ

疑惑が大きくなっていって
潰されてしまいそうだ
心の壁がまた厚くなる
教えて 君にとっての僕というのは
一体何?
都合のいいものだというだけ?


きっと君は僕の元へ
何食わぬ顔で戻ってくるんだ
だけど僕はそんな君を
喜んで迎えられるかわからない

だって君は必ず僕をまた
クシャクシャにして捨てるから

僕にはもう君を理解する力は
残っていない
心は切り裂かれてしまった
これから君の言葉は全部
聞き流すことにするよ
そうできるように努力しよう


疑惑が大きくなっていって
潰されてしまいそうだ
心の壁がまた厚くなる
君には僕は要らないということが
よくわかったから
期待を抱くのはもうやめよう

僕にはもう君を理解する力は
残っていない
心は切り裂かれてしまった
丸めて捨てられた紙くずは
こんな気持ちかもしれない
このまま焼かれてしまえばいい


君の前で焼いてくれたらいい






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:19 | top↑
巣立ち遅れ
2006-09-12 Tue 10:26

巣立っていく仲間達を
どのくらい見送っていただろう
私の小さな翼は
まだ羽ばたくことを知らずにいる


共に夢見た空を
飛び回る姿を羨ましげに見上げていた


ただ無邪気に笑っているだけでよかった
あの頃にしがみついているのは私だけ?
必然のように離れ離れになってしまった手は
もう二度と繋がることはない?



咲き出してく綺麗な花を
どのくらい祝福したのだろう
私の小さな蕾は
それでも未だに開けずにいる


上手く暖かい陽に当ることも
水を吸い取ることもできない


取り残されていく私を見つける人はいなくて
灯りさえも飲み込む影に埋もれる
もう何度も踏み潰されて
真っ直ぐに伸びる力さえないのに
それでも微笑んでた




私のこんな翼でも
君のように舞い上がれる日は
来るのかなぁ…


ただ無邪気に笑っているだけでよかった
あの頃にしがみついているのは私だけ?
必然のように離れ離れになってしまった手は
もう二度と繋がることはない?

羽ばたくこと覚えてしまったその羽根は
もうきっと地上に戻りはしないのでしょう
誇らしげに開いてしまったその蕾が
また種になる日なんて来るはずないのでしょう





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:17 | top↑
time rope
2006-09-11 Mon 10:49

時間の縄から私を解いて
もう引きずっていけないように
私は私でこのままでいいの
誰が大人になりたいと願った?


心からの願いは聞いてもくれないくせに
願わないことばかり現実にしてみせる



未来は未来のままでいればいい
現在になんてならないでいい
その手を離して 私を放して
どこまで連れて行くつもりなの?


いつになれば朝と夜は繰り返すのに飽きる?
抵抗する私がいる限り続いていくの?



心からの願いは聞いてもくれないくせに
願わないことばかり現実にしてみせる
いつになれば朝と夜は繰り返すのに飽きる?
抵抗する私がいる限り続いていくの?




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:15 | top↑
Burden
2006-09-10 Sun 10:16

おいていかれないように
足から血が出ても
必死についていった

周りの風景なんて
楽しむ余裕すらなく
その背中だけ追った

空に虹がかかっていても
私には関係ない

焦らなくていいなんて言われても
置いてけぼりにはなりたくないから
自分のままでいいなんて言われても
独りぼっちにはなりたくないから


言い訳を探しながら
逃げ場を作る
弱い人間になってた

疲れにさえ気がつかないで
自分を痛めつけてる

ゆっくりでいいだなんて言われても
取り残されたくないから
間違ってるなんてわかっていても
自分を止められないんだ


焦らなくていいなんて言われても
時間は容赦なく進んでいくから
自分のままでいいなんて言われても
受け入れられないことを思うと怖い
間違ってるなんてわかっていても
自分を止められないんだ





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
honorable
2006-09-08 Fri 10:09

涙など見せない貴方は
くじけることなどない人と思っていた
いつも力強い貴方に
足りないものなんてないと思っていた


だけど貴方の怯えのない瞳が
かすかに揺れるのを見た
あの日貴方の真っ直ぐなその声が
そう震えるのを聞いた




前だけを見据える貴方は
振り向くことなどないと思っていた
全てそろっている貴方に
恐れるものなんてないと思っていた


だけど見えない孤独に包まれ
消えそうな貴方を感じた
そんな姿は浮かぶ泡なんかより
ずっと儚く見えたの



いつか貴方の怯えのない瞳が
かすかに揺れるのを見た
あの日貴方の真っ直ぐなその声が
そう震えるのを聞いた







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | for you | コメント:19 | トラックバック:0 | top↑
Can you answer yes?
2006-09-07 Thu 10:04

大勢の人にいてもらいたかったわけじゃない
私の代わりなどいないと言ってくれる人を
求めていたの

私にも笑いかけてくれる人はいたけれど
その一瞬が過ぎてしまえば
記憶にさえきっと残ることはない

あなたもその一人でしょう?

何があっても繋がっていれると
信じられる人は誰?
私の全て知っても
想っていてくれる人はいる?



柔らかい言葉なんか欲しがっていたわけじゃない
気持ち 裏腹だとしても
言葉はどんな顔だってできる

雲のような言葉それはあなたの心を覆い隠し
私を惑わせては
いつも本物かどうか見抜けさせない

信じてしまうのが怖い

苦しい仮面など剥ぎ取って
安らげる場所は何処?
この思いから解き放たれて
救われる日はいつか来る?



弱いばかりのこんな私を
理解わかってくれる人はいる?
私と同じように私を
想っていてくれる人はいる?




あなたは「はい」と答えられる?





「はい」と答えてくれる?






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
小さな殻
2006-09-06 Wed 10:40

眩しいほどの笑顔が集まる中の
仲間に私も入りたくて
まだぎこちなかったけど
見様見真似でみんなの真似を
必死にしてみた

みんなが笑えば笑ってみたり
駆け出せば後を追っていった

何かを考えてる暇なんてなかった
正しいか間違いかなんて関係ない
ひとりにだけはなりたくなかったから
歩幅を合わせて同じ色に染まった



幸せそうに微笑むみんなのように
私もなりたかっただけなの
それなのに何故こんなに涙が溢れ
苦しくて壊れそうになるの?

それでもどんなに苦しくたって
そうするしか他に術がなかった

やがて目が覚めたように気づけば
そこに私の姿なんてなく…アナタハ誰?
そして小さな殻の中で
本当の私が叫んでたけど目をつぶって
聞こえないフリをしてた


だってそれは誰にも愛されない私だもの




だけど声は大きくなるばかりで




心を突き抜けていく








参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
Dirty
2006-09-05 Tue 10:06

あまりにも重すぎる私の罪は
決して許されることはない
繰り返す過ちは
自分の首を絞める

何もかもを忘れさせて
思考能力を奪ってほしい

綺麗な手で醜い私に触らないで
真っ直ぐな目で歪んだ私を見つめないで
この世界はいつだって私の気を狂わせる
私が逃げられないことを知っていながら



無いものを映し出す瞳に
真実など求められるわけない
鮮明な記憶は
また夢見を悪くする

どんなものより誰より
己が憎くてたまらない

一体非力な私に何をすれと言う?
無謀を押し付けるあなたはいつも正しい
何をどうしてもこの苦しみは消えはしない
永遠に私にまとわり続けるでしょう




見えるもの

聞こえるもの

触れるもの

感じるもの

全て私を怯えさせる




綺麗な手を醜い私に伸ばさないで
澄んだ声で汚れた私を呼ばないでよ
この世界はきっと私には合わないの
それでも私に逃げ場は何処にもない




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
actor
2006-09-04 Mon 10:15

真実じゃなくてもいいの
私じゃなきゃダメだって言って
あの俳優より上手に
私がいなきゃダメだと言って

嘘だと私に気づかせないように
何度でも

安心していたいの
私は必要なんだって、
私には意味があるんだって思わせて
惨めだなんてことは私が一番わかってる
だけどこのままじゃ
泡になってしまいそう…



嘘だとわかっていながらも
愚かな私はきっとそのうち
真実だと錯覚して
偽りでも幸福になれる

心のどこかで偽りだって
確信しながら

安心していさせて
私を呼ぶ声さえあれば
お月様の下 この枕は濡れない
「私は独りじゃない」
「私は独りぼっちじゃない」
その演技力でどうかそう信じさせて




真実じゃなくてもいいの
私じゃなきゃダメだって言って
あの俳優より上手に
私がいなきゃダメだと言って
そうすれば生きていけるから…




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
時既に遅し
2006-09-03 Sun 10:15

ずっと前から私が欲しがっているものは
たくさんのお金でもキレイなドレスでもなくて…



あまりにも足元がフラついて真っ直ぐ歩けない
ぼんやりと見えている風景も歪み始めている

倒れそうになりながらしがみつくものもなく
痛みの激しい足でもう一度立ち上がります
遠くから私を見つめている幾つもの目は
ひとつだって私とは視線を合わそうとしない



現実を幻で隠そうとしてきたけれど
いつだって現実の方が大きくて隠し切れないでいる

ずっと前から私が欲しがっているものは
たくさんのお金でもキレイなドレスでもなくて
失くしてしまったものと奪われたものだけなんだ
今度こそ大切にするから返して下さい




ずっと前から私が欲しがっているものは
たくさんのお金でもキレイなドレスでもなくて
失くしてしまったものと奪われたものだけなんだ
今度こそは大切にするから返して下さい
失くしてしまったものと奪われたものが恋しい
精一杯大切にするから返して下さい



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
残熱-あなたも私を置いてくの?-
2006-09-01 Fri 16:07

またいつものこと
去っていく後ろ姿にはもう見慣れた
いつかこんな日が来ることは
きっと最初からわかっていた

でも流れても流れても枯れない涙に
溺れてしまいそうになるの

残されたまだ熱を帯びたこの想いは
どこに行けばいい
あなたと一緒に消え去ればよかったのに
帰ることなどないとわかっているけれど
どこにも行けない

どうしてみんな私を置いていくの



独りきりでいたら
もうこんな思いすることもないんだって
そう思いながらまたいつの間に
心は誰か求めてる

傷 痛んでも痛んでも
儚い愛だとしても欲しがってしまうんだ

永遠は幻だとあと何度くらい思い知らされたら
私が気が済むのだろう
わかるのだろう
「これからもいつまでも離れることはない」
「側にいる」なんて
どうしてみんな同じ嘘をつくの



幸せは刹那と胸に刻まれていながら
私は何度でもおいてけぼり
誰もが口にする嘘と見え透いているのに
私は何度でも信じてしまう



残されたまだ熱を帯びたこの想いは
どこに行けばいい
あなたと一緒に消え去ればよかったのに
帰ることなどないとわかっているけれど
どこにも行けない

どうしてみんな私を置いていくの




あなたも私を置いていくの?



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | I'm | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。