スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
己の道
2008-11-20 Thu 15:35

目の前の壁を乗り越えられなくて
逃げ場を探してばかりいた
だけど今思えば
立ち向かおうとさえも していなかったんだろう


あのとき もっと違う言葉を言えていたのなら
あのとき もっと違う何かができていたのなら
今頃 今とは違う僕がここにいたのかな
今さらだとはわかってるけど 考えてしまうんだ



過ぎ去った景色に足を止め
振り返っては歩くのをためらった
もうたとえここへ戻らないとしても
忘れることなどないだろう


あのとき もしも僕とあなたが出会わなかったなら
あのとき もしも二人がすれ違うだけだったなら
名前を呼ぶことさえ 一度も叶わなかったはず
あなたを笑わせることも あなたを慰めることも



あのとき もっと違う言葉を僕に言えたかな
あのとき もっと違う何かが僕にできたかな
いつかは今を悔やむ未来がやってくるんだろう
それでも僕は未来の僕に一つだけ言ってやるんだ




「全て 己の歩んできた道」


「全て 己が選んできた道」


「全て 己の道だ」と



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | etc | コメント:22 | top↑
戯言
2008-10-25 Sat 20:18

ご苦労様ね 汚い言葉で口を汚して
私を切り裂こうとしているの
思いつくまま おぞましい言葉 吐いて
私を苦しめたがっているの


力み続け よく疲れないわね
その持久力は 真似できないわ


唾を飛ばす必死な姿が滑稽で
笑いをこらえながら うつむく私
それをどうしたことか あなたは勘違いしてるの
こらえているのは 涙だと



お生憎様 私に痛みを与えられるのは
私が愛する人達だけよ
あなたの口がどんなミサイルを飛ばしても無駄
私はダメージなど受けないわ


あなたは当てはまらないのだから
-私を痛めつけれる人-に


どうにかして何とか私を
懲らしめようとしてるようだけど 無駄な努力よ
どん底へと私を落としてしまいたいのならば
私に愛されるのが先


唾を飛ばす必死な形相
あまりにも哀れで 耐え切れず 目をそらす私
それをあなたは自分の勝利と思い込んでいるの
本当におめでたい人ね

どうにかして私の笑顔を奪い取ってやろうと
あなたがするほど 辛い
どん底へと私を落とすことなんて
あなたには無理な話なのに



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:24 | top↑
リトルファイター
2008-09-24 Wed 07:54

負けてたまるかと踏ん張って
だけど崩れ落ちそうになって
それでもまた歯を食いしばり
立ちはだかる敵に挑んでいく


両足に力を込めて 立て
震えるな


お気楽な世間様は 強いねと褒め称えるけど
そんな問題じゃない 強いも弱いも関係ない
頼れるものが何もないのだから
自分は自分で守るしかないだろ
まだ 倒れるわけにはいかない



反則もなければ
ギブアップも許されないリング上
ルールなんて無い戦いで
勝利する方法はただひとつ

どんな仕打ちを受けようと
憎むな 笑え


武器にもならない言葉は要らない
本当に助けてくれる気があるのなら
ただ手を差し伸べてくれればいい
建前ばかりの偽の優しさを振りかざすくらいなら
見て見ぬふりして 我関せずでいた方がマシ


お気楽な世間様は 強いねと褒め称えるけど
そんな問題じゃない 強いも弱いも関係ない
頼れるものが何もないのだから
自分は自分で守るしかないだろ
まだ 倒れるわけにはいかない

倒されるわけにはいかない



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:26 | top↑
キャリア
2008-08-31 Sun 21:32

私の歌い詞を 貴方はまるで異国の言葉のように聞く
言葉と言葉の繋がり 見つけられずに曖昧なまま聞く


それは貴方が幸せだという証


わからなくていい
私の悲しみなど 貴方に理解できなくていい
私が見てきた世界を
美しい目の貴方が覗く必要はない



私が明かす思いに 貴方は惑い狼狽え その口をつぐむの
どうしてそんな思いが生まれるのだと 驚き隠せず見開く目


それは貴方が愛に包まれている故


私の心をつかめずに 空回る貴方に
絶望なんてしない
今でも癒えない私と同じ傷を
貴方に求めてなんていない



わからなくていい
貴方にとってこんな世界は 未知のもののままでいい
私の痛みを貴方も味わうこと
望んでなんていないのだから

だけどもし 私が貴方の抱く感情
理解できないとしたら 悲しい




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:20 | top↑
on the hill
2008-06-20 Fri 21:49

本当は知っていた
僕が飛べないことも
空に届かないことも

でも認めてしまえば
全て終わってしまう気がして
怖かったんだ


眠りの中の世界で
戯れていたい


落ちそうに揺れる太陽
その涙に君は気づかない
窓の向こうで吹く風は
この僕を見つけられずにいる



本当は知っていた
翼などないことも
君が笑えないことも

ただそんな現実に
耐えられそうもなくて
弱い僕は逃げたんだ


記憶の中の景色を
描いていたい


光射す丘の上で
穏やかなまま 枯れていきたい
想像がいつか真実に
変わってしまう その前に



落ちそうに揺れる太陽
その涙に君は気づかない
窓の向こうで吹く風は
この僕を見つけられずにいる

光射す丘の上で
穏やかなまま 枯れていきたい
想像がいつか真実に
変わってしまう その前に




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
淡い夢
2008-06-12 Thu 10:44

苦しみながら 何故 私はここにいるの?
逃げ出してしまえばいいのに 何故できない?


朝なんて蹴り飛ばして
夜にまどろんでいればいいでしょう


抱いた数々の夢はどれも
叶うことなどなく 溶けてしまった
流れ星さえも私を裏切って
託した願い 踏み潰したの



近づきくる未来 何故拒みきれないの?
終わらせてしまえばいいのに 待っていないで


ただ 闇が続いているだけの
この先に 何があるという?


交わされてきた約束の中で
いくつくらい 果たされたものがあった?
たとえ 溢れかえるくらい
針千本 あったって足りるわけない


抱いた数々の夢はどれも
叶うことなどなく 溶けてしまった
流れ星さえも私を裏切って
託した願い 踏み潰したの

交わされてきた約束の中で
いくつくらい 果たされたものがあった?
たとえ 溢れかえるくらい
針千本 あったって足りるわけない




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:18 | top↑
Memory of weakening
2008-06-07 Sat 15:58

甦る淡い記憶 たぐり寄せると
そこにはあなたがいる
戻れない道の上を ずっと歩いて
ここまで 辿り着いた


懐かしい風景よ
どうか 色あせないで


薄れていく あの頃の気持ち
忘れないように
心の中 深く深く 強く
刻み込みました



曖昧な遠い記憶
今にも消えてしまいそうに 揺らめく
淋しさに耐え切れずに
一人きりで 泣き出した夜もあった


側にあったはずの愛情さえ
何も見えぬまま


流れていく白い雲
ずっと 追いかけていたよ
幼い頃 見ていた夢を
重ね合わせながら


薄れていく あの頃の気持ち
忘れないように
心の中 深く深く 強く
刻み込みました

薄れていく あの人の笑顔
失くしたくはないと
何度も 何度も 思い出しては
寄り添うのは 切なさ



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:14 | top↑
神の目にも涙
2008-05-21 Wed 14:15

少女は泣いていました
自分を取り巻く不幸を嘆いて
少女は泣いていました
自分は生きている意味などないのだと


その瞳は まるで涙に
濡らされる為だけにあるようでした


ある日 それを見ていた神様は
零れるほどの幸福を与えました
そしてそんな少女も微笑んで
その瞳さえ 輝きで溢れたのです



少女は待ちわびました
明日の光を夢に描きながら


その心は 楽しい明日を期待して
踊っているようでした


そんなときがこれからも永遠に
繰り返されるものだと信じてました
だけど影がいつしか少女に
足音もなく 近づいていたのです



少女は泣いていました
眩しいくらいの光の中で
少女は泣いていました
いつかは終わってしまうのだろうと


哀しくも少女の笑顔は
絶えず 怯えているようになりました



あの子は言っていました
「ひとつも楽しいことなんてない」と
あの子は言っていました
近くに転がる喜びを蹴飛ばして


ある日 それを見ていた神様は
ひどく悲しみ 心を痛めたのです
何故 どうして 光を喜んで
幸せを感じてはくれないのだと
何故 どうして こんなに与えているのに
見つけてはくれないのだと


尊い瞳から 大きな一粒





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:14 | top↑
穴開き目
2008-05-17 Sat 10:15

あなたまで私に騙されてしまうの?
その目は節穴だったようね
期待した私が馬鹿だっただけなの
あなたも結局は同じなの


今までの者たちと 何ら変わりはないわ


思うことがあるのなら
どうぞ遠慮なく言ってくれればいい
優しい顔するばかり
腹の中を読めないだけ 性質が悪い



あなたでも私を説き伏せられないの?
それほど難しくないはずよ
本当に何も気がついていないの?
それともただの見て見ぬふり?


いい加減 お芝居はやめて あなたを見せてよ


もうとっくに愛想尽かしているくせに
突き放してくれぬから
私はまだ離れられぬまま
いつか来る終わりに恐怖心



思うことがあるのなら
どうぞ遠慮なく言ってくれればいい
優しい顔するばかり
腹の中を読めないだけ 性質が悪い
微笑みならもう見飽きたの
たまには違う あなたの顔を…






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:14 | top↑
ささら川
2008-05-13 Tue 10:52

きゃあきゃあ聞こえる笑い声
誰のものかと思ったら あなただったの 春の川
そんなにはしゃいでどこへ行く
友達空とにらめっこ 負けはいつでも 春の川


いいなぁ
僕も仲間に入りたい
いいなぁ
僕も一緒に遊びたい


時に空はトランポリン
光のこどもが跳ねては高くジャンプする
僕も真似をするけれど
ちっとも跳ねずに 水の子 戯れてくるばかり



こそこそ 何の内緒話
橋の下に隠れながら 一体何の話し合い
噂は尽きないご様子で
飽きもしないで朝と昼 ついでに夜もご歓談


誰だ
今頃 くしゃみをするのは
誰だ
鼻をむずむずさせるのは


時に川はタンバリン
わんぱく魚が何度も鳴らし得意顔
僕も合わせて手をたたき
お客はお花とお空のミニ演奏会



時に川はお母さん
優しい歌声 つくしは揺れて お昼寝中
側にたんぽぽ寄り添って
温かい風にあやされながら 夢の中



僕もそろそろ帰ろうか
びしょ濡れ服を乾かして
覚えた歌を口ずさみ
僕もそろそろ帰ろうか
大好きな人 待つ家へ





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | etc | コメント:14 | top↑
| 言ノ葉 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。