スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ベッドサイド
2008-01-19 Sat 21:33

悲しいくらいあなたの目が優しくて
別れが近づいている予感がした
逃げられない現実が目の前にあったけれど
どうしても認めたくない


もうすぐあなたが永遠に
私の前からいなくなってしまうなんて


離れ離れになってしまわないように
堅く強く手を握りしめた
いつか初めて繋いだとき
緊張とは裏腹に温かかった手を



見えないあなたの迎え もう来ているのなら
お願い どうか連れていかないで
あの日 私とあなたを結んでくれた神様なのに
どうしてなんでしょう


逆らえはしない強力な力で
今度は引き離そうとするなんて


何に祈れば,どんな風に願えば,
何を差し出せば叶えられる?
どうしたのならあなたの明日を,未来を
取り戻せるのか教えてほしい



時間が私からあなたを奪おうと進むなら
時間の無い国に行こう
あなたが目覚めたくないほど
いい夢を見ているのなら 私にも見せてください


離れ離れになってしまわないように
堅く強く手を握りしめた
いつか初めて繋いだとき
緊張とは裏腹に温かかった手を

だけどどんなに力を込めても するり
すり抜けて 高く 逝ってしまう
昇るあなたにすがりつく術もなくて
抜け殻に泣き濡れるばかり




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | good bye | コメント:16 | top↑
2007-11-20 Tue 20:53

私が夢の世界へと旅立ってしまったのは
貴方にとって不幸?
私の目が覚めるように形だけでもいいから
何度も願ってくれる?


紅みを失った寝顔に花を添えて
抱いて産まれてこれるように


想われたまま朽ちていける私は幸せ
私がいない未来に絶望する必要なんてないの
涙が乾くその頃にはもう跡形も無く
貴方は私を覚えていないだろうから




それでも私達にそう終わりはないと
貴い誓いをくれませんか


最後くらいそんな嘘も許されるでしょう
微笑んで眠れるように


憎まれていく前に空に昇って逝けるように
私が消えた未来は暗闇でしかないと思わないで
どんな海より深く見えるその悲しみでも
いつまでもずっと続きはしないから




想われたまま朽ちていける私は幸せ
本当は優しい神様からのご褒美なのかもしれない
涙が乾くその頃にはもう跡形も無く
私は貴方の中にはいないだろうけど




過去掲載詞



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:21 | top↑
Your End
2007-07-03 Tue 20:46

もうあなたに私の声は聞こえないのですか
もうあなたは私を見てさえくれないのですか


何も映さない瞳は
瞬きさえ忘れて…


腫れ上がった手を握り締めるけど
痛いほどの温もりが苦しい
優しく頭を撫でてくれたのに
今は動かす気配さえ見せない



もうあなたは私の側にいてくれないのですか
もうあなたに旅立つ時間が訪れたのですか


顔を歪ませるあなたを
救うこともできない


どんなに静かにそっと抱きしめても
今にも壊れてしまいそうだった
ずっと私を守り続けてくれた
何度あなたに助けられただろう



腫れ上がった手を握り締めれば
感じるのはひどく熱い痛み
優しく頭を撫でてくれた手は
面影失くして ただ叫ぶばかり


腫れ上がった手を握り締めるけど
今は動かす気配さえ見せない





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:22 | top↑
A picture of the late
2007-03-07 Wed 20:32

明日までの別れでさえ
すがりつき泣いていたのに
神様はいつまで
あなたを奪うというのでしょうか


いつか大人になった私を
あなたに見てもらうことはできない


黒い縁取りのあなたは
雨の日も私が涙を流しても
あの日と変わらないまま
優しく微笑んで
一つの言葉もありません



今まで私が淋しさ
知らずにいたのは
いつでもあなたがいてくれたからだと
今頃気がつきました


いつも甘かったあなただけど
もうわがままを聞いてくれはしない


表情一つ変えないあなたは
年月が流れても老いることもなく
同じ姿のまま
日々成長してく幼かった私に
何の言葉もくれません



少しだけの別れでさえ
耐えられないでいたのに
今度はいつまであなたを
奪う気でいるのでしょうか


いつか門出のときの晴れ姿
あなたに作ってほしかったのに


黒い縁取りの中のあなたは
青空がどんなに綺麗な日にだって
喜ぶ様子もなくて
あなたから私は,あの空は,
見えていますか





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:31 | top↑
funeral
2007-02-01 Thu 20:51

まだ外は白銀の世界
吐く息は白く 雪が舞い落ちる
穏やかな日差しに照らされ
吹く風も無くて 空はただ青く


乱れる心とは裏腹に


何をそんなに急いだのか
寒がりなあなたは春も待たずに
瞼を落とした
凍えるほど冷たい身体
温めてあげよう
僕の体温が尽き果てるまで



静寂を破る叫びさえ
神に届くことはなく 零れていく


仰いだ天はあまりに遠く


あらゆる苦しみ 痛みに耐え
戦い続けた両手両足
休むこともなく
雑音も地獄絵図さえも
要らないものも全て映した
両目両耳



あなたの足跡は誰も辿れない
あなただけの道
明かされることはなかったその思い
土に還り行く



どんなものにも代えられない
その重みはたとえ時がどんなに過ぎようと
永遠に…
あなたがここに生きた証し
築き上げた歴史
何があろうと消えることは無い

何をそんなに急いだのか
幾つもの花が愛でるのも待たずに
逝ってしまった
凍えるほど冷たい身体
眠りの中
どうかどうか安らかでありますように…







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:34 | top↑
faint
2007-01-20 Sat 20:45

微かに開いたその目に
私は映っていたの?
微かに動いた口は
何を伝えようとしていたの?


握った手は痛々しいほど細く


もう苦しめないでください
あなたの苦しみを
全て私に背負わせてください
安らぎを与えてください
疲れきった身体に
穏やかに流れてく時間を…



どんなに呼んでも
今はもう声さえも届かない
静かに眠り続けているあなたに
面影はなく


私の名前を呼んで 微笑んで


もう何もしなくていいよ
あなたがそこで生きて,
ただそこにいてくれるだけでいい
奪っていかないでください
唯一 心地よく感じられる
ただ一つの居場所



もう苦しめないでください
あなたのいるべき場所に,
ここに帰ってきてください
逝かないで 置いていかないで
あなたの為ならば
どんな痛みを受けてもかまわない
もう苦しまないでください
あなたの苦しみを
全て私に背負わせて楽になってください
安らぎを与えてください
疲れきった身体に
穏やかに流れていく時間を…





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:32 | top↑
wear through
2007-01-03 Wed 21:46

同じ景色を眺めていた
私は私のままなのに
今の私をあなたはもう
知ることはできないの


こらえることを覚えて
少しだけ大人になりました


空は何故今も青いままあるのでしょう
見上げるあなたはもう何処にもいないのに
街は何故変わらず動いているのでしょう
あなたの姿は消えてしまったのに



同じ場所に佇んでいた
あなたと訪れたこの場所に


手を引かれてた私が
一人で来れるようになりました


夜は何故今もそっと明けていくのでしょう
何度朝が来たってあなたはいないのに
歌は何故今も奏で続けるのでしょう
あなたの歌う声は聞こえてこないのに



人は何故笑い幸せそうなのでしょう
あなたはもういなくなってしまったのに
時は何故止まることを知らないのでしょう
あなたが悲しく色褪せてしまうのに



せめて私だけでも
同じままでいたいと願うけれど
速いこんな時代の流れが
そうはさせてくれなくて
あの日知らなかったことも覚えて
短かった髪も伸びて
意味もわからなかった言葉さえ
使うようになりました






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:25 | top↑
命星
2006-11-29 Wed 10:47

泣きながらあなたの温もりを待っていた
沈黙のあなたの冷たさに触れられず


一緒に歩いた帰り道
黄色い花を見つけてはしゃぐ私を
見つめるあなたの笑顔が嬉しかった


星になったあなたはいつでも私を見守っていると言う
手を伸ばしてみたけど星には全然届くわけもなくて
本当にあなたは遠くへ旅立ってしまったのだと知った
見守ってくれなくていいから今まで通り
ねぇ 側にいて



真夜中の不思議な胸騒ぎを振り切って
眠りへ就こうとするけれど
浮かぶのは悪い場面ばかりだった


あなたがいないかもしれない明日でも
いつもと変わらずに訪れてくる


胸の中であなたは生き続けていると皆は言う
だけど探してみてもあなたの姿はどこにも見当たらない
あの部屋にもここにもあなたがいるべき場所のどこにも…
もうあなたを困らせることは言わないから
ここへ帰って来て



星になったあなたはいつでも私を見守っていると言う
何もしてくれなくていいから今まで通り
ねぇ 側にいて

胸の中であなたは生き続けていると皆は言う
だけど探してみてもあなたの姿はどこにも見当たらない

ずっと探しているのにあなたの姿がどこにも見当たらないよ







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:35 | top↑
ホットミルク
2006-11-16 Thu 10:06

天に昇ったあなたを見つけられなくて
私が永遠に迷子になったら
誰があなたを呼び出し
ベソをかきながら待ってる私の元まで
連れてきてくれる?

あなたがいなきゃおうちに帰れない
甘いホットミルクも一人じゃ作れない
ワガママなんてもう言わないから
早く一緒に手を繋いで帰ろう



起きる時間を過ぎても
眠ったままでいるあなたは
どんないい夢を見ているの?
大事にしていたカップを割っても
あなたはもう叱ってくれない

お日様 沈む前に早く起きて
公園までの道も一人じゃわからない
泥んこ遊び 絶対しないから
いつものように一緒にお散歩出かけよう




あなたと別れて
私一人でオモチャ売り場行ったから
あなたはどこかに連れていかれちゃった
私が毎日怒られても
泥んこやめないから
あなたは空の上に飛んでいっちゃった




逝っちゃった…




私がワガママだから
泥んこするから
連れてってもらえなかったの…




甘いホットミルクも一人じゃ作れない
早く一緒に手を繋いで帰ろう
公園までの道も一人じゃわからない
いつものように一緒にお散歩出かけてよ




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:20 | top↑
a nursery tale
2006-11-02 Thu 10:42

首をかしげていた
どうしてそんなに泣いているのかわからなくて
真っ白いドレスに添えられる
白く綺麗なたくさんの花たち


きっと毒りんごを食べてしまったのね


知らないのかしら
キスをすれば目覚めることを
私はわかってたのに教えてあげられなくて
夢を見たままで
小さな欠片にされてしまった
そっと耳打ちしてあげればよかったのに…



理解できなかった
どうしてみんなにちゃんと舌がついているのか
デタラメばかりを並べる人たちが
こんなにも溢れているのに


たくさんの者たちに傷を付けていったの


ねぇ エンマ様はまだ
嘘を見抜けていないのかしら
それとも違う優しさを覚えてしまったのかな
私は何故だか
誰にも聞くことができなくて
きっと目に見えない何かに怯えていたんだわ




知らないのかしら
キスをすれば目覚めることを
私はわかってたのに教えてあげられなくて
夢を見たままで
小さな欠片にされてしまった
そっと耳打ちしてあげればよかった
熱かったでしょう
私は助けてあげられたのに
何も出来なくて炎の前に立ち尽くしていたの






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | good bye | コメント:12 | top↑
| 言ノ葉 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。