スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
花雨
2008-04-14 Mon 21:11

にっこり笑って 「さようなら」なんて言えない
だからせめて 「行かないで」とは言わない


涙 こらえられなくなる前に
どうかその前に…


花雨 君を包むように降り
そのまま消してしまいそうだ
花雨 降り止む頃には もう
僕の知らない君の笑顔



ごめんね 巣立ちを心から祝えないんだ
だけど決して 引き止める真似はしない


言葉 暴れ 止まらなくなったら
耳 ふさぎ 逃げて


花雨 空の青に映えて
降る光が僕に突き刺さるよ
花雨 色を変える頃
まだ僕は淋しさの中なのか



花雨 君を飾りながら舞う
儚さ 装わせるように
花雨 撒き散らす悲しみさえ
皮肉なまでに美しい

花雨 君を包むように降り
そのまま消してしまいそうだ
花雨 降り止む頃には もう
僕の知らない君の笑顔




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | sadness | コメント:18 | top↑
my night
2008-04-10 Thu 21:25

静けさを掻き消す音を響かせていた
自分の声も聞こえないほど
どんな顔をすれば 気持ち 隠せるのだろう
遠くで澄み切る青のように


それでもどこまでも現実は追いかけてくる


こんなとき他の人たちは どんな風に過ごすのだろう
一人ではいたくない
私には側にいてくれる人は誰もいなくて
涙 拭ってくれる手もない



込み上げてくる思いを必死に抑えながら
平然を保とうとするけど
甦る記憶が心を掻き乱して
私の弱さを見せつけるんだ


どれだけ抵抗しても 今にも崩れ落ちそう


笑い声の中にいたなら 全て 忘れていられるかな
だけどまたひとりぼっち
淋しさを紛らわせるものも見つけられなくて
時が過ぎるのを待つばかり



こんなとき他の人たちは誰と過ごしているのだろう
一人ではいられない
私には側にいてくれる人は誰もいなくて
そっと 寄り添える肩もない



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:12 | top↑
サミシサ ひとつ
2008-04-04 Fri 21:15

あまりにもあっさり君がバイバイを言うから
私もそう返すしかなくて
淋しさが少しも君には見えなかったから
私も淋しいと言えなかった


離れたくない素振りを
見せてくれてもいいじゃない


一緒にいたいと思ってほしくて
私がいない淋しさ 感じてほしくて
あれこれ 手を尽くしてみたけど
君には楽しいこと 多すぎて
私は目にも入らない



もしこのままずっと会えなくなったって
君には痛くもかゆくもなく
変化が途切れない時間の中で
もう私は薄れて 過去へ追いやられていく


そんなことないと
せめて思わせておいてほしかった


君の気を引けること考えて
君の心に残れる方法考えて
必死にいろいろ振るまってみても
全く効果はなく 空回り
空しさに飲み込まれていく



一緒にいたいと思ってもらうには
私がいない淋しさ感じてもらうには
一体私はどうすればいいのか
君だけが知っている解答を教えて
私にそうさせてよ




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:21 | top↑
出会い後 何年
2008-02-28 Thu 22:20

今でも君は僕を必要としてくれる?
今もあの頃と同じ笑顔 見せてくれる?


忘れたはずの淋しさが 襲いかかってくる


少しずつ離れていく君を
引き止めたりできずに
出会ったばかりの頃が
恋しくてたまらなくなる



今でも僕を大切だと想ってくれる?
今も僕のいない淋しさ 感じてくれる?


夢中で夢を見すぎていたのかもしれない


いつの日か また君が
戻ってきてくれることを
叶わないと知りながらも
ただ何度も願う僕だ



少しずつ離れていく君を
引き止めたりできずに
出会ったばかりの頃が
恋しくてたまらなくなる

確実に離れてく君を
引き止めたいけれど
その術もわからずに
君が届かなくなっていく




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:17 | top↑
静寂の夜空
2007-10-06 Sat 21:10

少女が見た世界は
どんなに歪んでいたのでしょう
失くした記憶だけが
哀しすぎる唯一の救い


暗闇を震わす すすり泣く声
あなたに聞こえますか


今宵も静寂の夜空で
幾つもの星が壊れていく
まるで償えない犯した罪を
教えるかのように



少女の背負う傷は
どんなに深く痛むことでしょう
汚れきった心が
全てを染めてしまおうとする


今 訪れる朝に消されていく
満月の叫び声


今宵も見る夢はあまりに残酷で
覚めることもない
それでも容赦なく
ずっと降り続けている赤い雨



暗闇を震わす すすり泣く声
あなたに聞こえますか


荒んだこんな世界にでも
希望を抱けと言うのなら
明かりを灯して わずかでもいい
足元を照らしてください

今宵も静寂の夜空で
幾つもの星が壊れていく
まるで償えない犯した罪を
教えるかのように



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:17 | top↑
小道
2007-09-16 Sun 20:55

よく晴れてたあの日
小道をあなたと歩いた
交わす言葉は少ないけど
それでよかったの


時々見せるあなたの
優しい笑顔があれば


何度も記憶をちぎろうとしたけど
あなたを忘れるには思い出が多すぎる
夜空で瞬く星 穏やかに吹く風
その全てがあなたを思い出させる



雲ひとつない空の下で
あなたと歩いた
特別な何かなんて
何も要らなかったの


あなたがそこに、
あなたさえそこにいてくれるなら


何度も涙を拭ってくれたのに
今度はその涙をこんなにも流させる
聞こえてくる歌 目の前の風景
その全てはあなたが教えてくれたもの



何度も記憶をちぎろうとしたけど
あなたを忘れるには思い出が多すぎる
夜空で瞬く星 穏やかに吹く風
その全てがあなたを思い出させる

何度も涙を拭ってくれたのに
今度はその涙をこんなにも流させる
聞こえてくる歌 目の前の風景
その全てはあなたが教えてくれたもの

全て あなたが教えてくれたもの



過去掲載詞修正



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:28 | top↑
last moment
2007-09-10 Mon 21:57

答えてください

もし私が終わりない苦しみにもがいていたら
あなたはその手で息の根を止めて
安らかに眠らせてくれますか


正直に言って

ただの同情でも形だけでもかまわないから
一度だけでいい
そのときだけは私を想って泣いてくれますか


最後のわがままを聞いてください


天国なんかに逝けなくてもいい
ここから抜け出せるなら
花畑なんかなくたっていい
楽にさせてくれるなら



答えてください

もし私がいつまでも目を覚まそうとしないなら
痛みなんて無い夢の中に
永遠にずっといさせてくれますか


乾いた目を開けようとしないで


神様に見放されたとしてもいい
覚えていてくれるなら
だけど醜い私など見ないで
綺麗なままの姿だけ

目に焼き付けて




天国なんかに逝けなくてもいい
ここから抜け出せるなら
花畑なんかなくたっていい
楽にさせてくれるなら
だけど引きつった顔など見ないで
悲しそうに見ないで
やつれて冷たい手を握らないで
あの頃の体温だけを

ずっと感じていて



過去掲載詞修正



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:28 | top↑
バンジージャンプ
2007-08-20 Mon 22:38

誰もが怯える深い夜も
あの子が拒んだ朝の訪れも
怖くなかった

時間が速度を増していっても
昨日が見えないくらい遠くなっても
平気だった

目の前が真っ暗でも
後ろに追っ手の足音が
近づいてきても
隣には貴方のその姿が
いつでも変わりなくあったから
笑っていれたの


痩せた背中に羽根はなかったけど
空を飛びたいとも思わなかった
だって貴方はそこにいないから
空に触れなくてもかまわなかった



地球の終わりが明日来ても
何にも後悔なんてなく
安らかに眠れる

足元が絶壁でも
命綱のない崖からの
バンジージャンプも
隣には貴方の笑顔があるなら
立ち竦むこともなく
立ち向かっていける


夢は彼方に見えるだけだったけど
叶えられなくても別によかった
夢を貴方と見ることに全ての意味があったから
それだけでよかった



だけど一つだけ 私を取り乱させること
百の恐怖より ただ一つ
そこのことだけが私を震え上がらせた




-貴方がいなくなること-




足元が絶壁でも
命綱のない崖からのバンジージャンプも
隣には貴方の笑顔があるから立ち竦むこともなく
立ち向かっていけた
海面へ真っ逆さま 風を切りながら
歪んでる貴方の顔が見え
近づいてくる海よりその方が私には辛く
目をそっと閉じた


ねぇ 私だけ 何故?
ねぇ 貴方だけ 何故?


痩せた背中に生えてこない羽根が
狂うほどに欲しくてたまらないの
だって貴方がそこで笑うから
一人沈みながら 飛んだ貴方が…







参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:18 | top↑
あぶく
2007-06-17 Sun 21:44

もう誰も僕を呼ぶ人はいない
もう誰も僕を振り返りはしない
そんなこと 随分前から
十分わかっていたけど


認めてしまったら

今にも倒れそうなのに

立ってさえいられなくなる


いつの間に 繋いでいた手は離れ
君の姿は無い
始めから君に僕は必要じゃなかった
僕がただ君を求めていただけで
君に僕は要らない
そう全て
情けない僕の独りよがりだったんだ



もう誰も僕を待つ人はいない
もう誰も僕に寄り添うことはない
変わらないそんな真実からさえ
目をそむけ


この僕は 一体何処に

身を隠して

逃げられると 思っていたんだろう


僕なんていなければいいと
君が責めてくれたなら
今すぐにあぶくのように
消え去ってしまえるのに
今やっと 僕は呼吸をし
"ボク"を保っているんだ
無意味だと囁く声がするけど
耳を塞いで



君に僕が必要とされなくなったわけじゃなく
君が僕を必要としていたときなどなかった

僕が君に見てもらいたかっただけのことなんだ
僕は君をずっと苦しめ続けていたんだ



もう誰も僕を呼ぶ人はいない
もう誰も僕を振り返りはしない
もう誰も僕を待つ人はいない
もう誰も僕に寄り添うことはない


も う 誰 も …





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:15 | top↑
brittle
2007-06-12 Tue 20:20

貴方の好きな「永遠」という言葉が
私は嫌でいつも聞きたがらない
貴方はそれがどんなに儚く脆いものなのか
わかっていないのでしょう


恐れながら私は今夜も眠りにつく

朝 目が覚めるようにと祈りながら

私にも貴方にも明日があるようにと

気が遠くなるほど

何度も 何度も



体はやっとの思いで息をしていて
弾丸で打ち抜かれてしまえば
もうひとたまりもなくて 熱さえ奪われて
互いに触れ合うこともできなくなる


恐ろしくも有り得る悪い夢にうなされ

目を覚ます夜には静けさが漂う

夜が明けるのをただひたすら待ちながら

今 見せつけられた事実に震える




朝 目が覚めて貴方の姿がなかったなら

ねぇ 私は独りどうすればいいの?

もし貴方に明日がないのならば

私は貴方がいない朝なんて


要らない





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | sadness | コメント:25 | top↑
| 言ノ葉 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。