スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | スポンサー広告 | top↑
downfall
2008-07-06 Sun 20:57

また同じことを繰り返している
愚かな心は何度裏切られれば
信じることをあきらめる?

楽しげな声は刃のようで
容赦もなく突き刺さり
私をただ痛めつけているの


悪いのは私?
責められるべきは私なの?


光という幻を見せられていたのかもしれない
私を高く引き上げて 強く底へと突き落としていく



傷の上にまた傷が重なり
救いようもなく もう腐敗して
涙のように血を流す


全て私のせい?
全ての罪は私にあるの?


澄んだと思った空は ただの夢だったのかもしれない
何度もそうだったのに 何故 気がつかなかったんだろう



光という幻を見せられていたのかもしれない
私を高く引き上げて 強く底へと突き落としていく

澄んだと思った空は ただの夢だったのかもしれない
何度もそうだったのに 何故 気がつかなかったんだろう




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
スポンサーサイト
別窓 | dark | コメント:26 | top↑
2007-05-22 Tue 21:54

私の膿んだ傷を見せたら
あなたは目をそむけるのでしょう
笑顔が偽物だと知っても
あなたは目を伏せてしまうでしょう


安心して
あなたに支えてもらおうなんて思ってない


私は一人で歩いていける
立ち竦む足をあやしながら
滴る血は降る雨に流れて
河に着く頃には溶けてしまう



私に見える歪んだ月は
決して毎夜 満ちることはない
輝いているはずの月明かりは
私を暗闇に染めていく


安心して
あなたに助けを求めたりなんてしない


一人でいれば怖いことはない
失うものなど何も無いの
一人でいれば怯えずにいれる
近づいてくる朝焼けにも



この手をとってくれるというなら
何があっても離さずにいて
そんなのできるわけがないでしょう
それなら優しさなど教えないで





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:20 | top↑
despair a sight
2007-03-13 Tue 22:34

今度は何をさらっていくの?
あなたは何を狙っているの?
私は凍りつき 身動きもとれずに
なんて哀れな姿


差し出せるものはもう何も無い


幻のように美しい風景の代わりに
この目にあなたが映すのは
果てまでも墜ちて光など
一筋も見えない絶望の光景



あなたはどんな苦しみを
今 私に与えたがっているの?
それでも愚か 成す術も無い
私はここに立ち尽くすだけ


逃げていける場所さえも無いから


さえずる鳥の透明な囁きの代わりに
私にあなたが聞かすのは
救いようもなく何もかも無残にも
激しく崩れゆく闇を震わす音



幻のように美しい風景の代わりに
この目にあなたが映すのは
果てまでも墜ちて光など
一筋も見えない絶望の光景
どこまでも落ちて光さえ
見えぬ中 私はそれでも歩いてく





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:22 | top↑
A rough scene
2007-02-10 Sat 20:16

ダルイ身体引きずりながら
開けた窓の向こう
飛び込むのは灰色の空と
生温く吹く風


キツイ煙草の匂いが漂う風景


冷たいコンクリートの壁に
囲まれた私を
見下すような目つきも
今じゃ全く気にならない



全て知り尽くしたように
吐き出される言葉
馬鹿らしくて
否定する気さえ起きてきはしない


いつからか見慣れた有り得ない光景


神様は何を望んで
私を創りだしたの
荒んだこの都会の夜に
輝く星は無し



冷たいコンクリートの壁に
囲まれた私を
嘲笑う高い声が
また眠りを妨げる
憎い程 嫌いなこの街が
私には丁度いい
墜ちきってしまっているのだから
何かを失いもしない






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:30 | top↑
mask
2006-12-15 Fri 21:56

これからも目の前に続く長い長い道を
一人きり歩いていくのだろう
倒れても抱き上げてくれる人なんていなくて
この身体 引きずっていくだろう


助けると言ってくれた人だって
僕が隠す傷にも気づかずに
ほら 今 僕の前を
笑って通り過ぎていく




そう 君が造られた優しさを差し出すから
僕も仮面を被り受け取ろう
そう 君は手招きながら分厚い壁創るから
僕も喜ぶフリだけしてみせる


また僕もやめておけばいいものを
いちいち希望なんて抱くから
決まってその度
傷が刻み込まれていくよ




壊されたものなら直さなければ
もう壊れることもないのに
繰り返してしまうのは
この僕が学ぶことを知らないから




助けると言ってくれた君だって
僕の流す涙にも
足を止めることなんてなく
ほら 前を通り過ぎていく

助けると君に言った僕だけど
君が隠す傷さえわからずに
ねぇ 今 君の前を
足早に通り過ぎている?






参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:30 | top↑
approval
2006-10-14 Sat 13:56

気づいてないようだから教えてあげる
邪魔者なのは他の何者でもなく


目の前にいるこのわたしなの


善を装ってわたしを消してしまえばいい
下手な演技でも上手に騙されてあげる
脳のないふりをしながら
その願い通りに失せてあげるから
綺麗な幸せ欲しいでしょう?




思い出の中 わたしが住み着くのなら
甘い薬をあなたに飲ませてあげる


最期まであなたを想わせて


いつかあなたがわたしを見つけるとしたなら
それは可愛い花達が咲き乱れてる場所
時が経ちいつか何処かで出会えるとしたなら
痛みを背負ってわたしがこれから逝くところ



善だと信じてわたしをその手で消せばいい
そしたらわたしもあなたを信じるわ
脳のないふりをしながら
その願い通りに失せてあげるから
綺麗な幸せ欲しいでしょう?


わたしを消させて
綺麗な幸せあげたいの




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:14 | top↑
Dirty
2006-09-05 Tue 10:06

あまりにも重すぎる私の罪は
決して許されることはない
繰り返す過ちは
自分の首を絞める

何もかもを忘れさせて
思考能力を奪ってほしい

綺麗な手で醜い私に触らないで
真っ直ぐな目で歪んだ私を見つめないで
この世界はいつだって私の気を狂わせる
私が逃げられないことを知っていながら



無いものを映し出す瞳に
真実など求められるわけない
鮮明な記憶は
また夢見を悪くする

どんなものより誰より
己が憎くてたまらない

一体非力な私に何をすれと言う?
無謀を押し付けるあなたはいつも正しい
何をどうしてもこの苦しみは消えはしない
永遠に私にまとわり続けるでしょう




見えるもの

聞こえるもの

触れるもの

感じるもの

全て私を怯えさせる




綺麗な手を醜い私に伸ばさないで
澄んだ声で汚れた私を呼ばないでよ
この世界はきっと私には合わないの
それでも私に逃げ場は何処にもない




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
2006-07-27 Thu 10:34

この命は永遠のような気がしていた
この命に終わりなんてない気がしていた

でも決していいことなんかではなくて…

あらゆるものが絶滅して天に召されても
私だけは取り残されて荒れた世界の中

何かの罰のように…



どれ程の痛みを受けたのならば
この目は閉じることを許されて眠りにつけるの?

あの空へ昇って逝くことができるの?

全てのものの息が絶えて冷たくなっても
私だけは血だらけのこの足で歩かされるの

罪を償うように…



遠くで孤独に震える私を

       嘲笑う声が聞こえる



あらゆるものが絶滅して天に召されても
私だけは悪夢のような世界で生かされて…
全てのものの息が絶えて冷たくなっても
私だけは孤独を背中に刻まれてずっと…


何かの罰のように

弄ばれるでしょう





参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
罵倒
2006-06-23 Fri 20:54
今までもこれからも
私は愛される存在じゃないと思っていた
?醜くて歪んでる?
私はそれだけのものだって思い続けてきた

全ての罪を私のせいにして
自分を責めることで何かから逃げていた

憎んでも罵っても
この体は確かに生きていて
明日誰かを
傷つけてしまうかもしれないのに
消えられずにいるよ…


私にも向けられる微笑み
その喜びを必死に噛み殺したのは
待っているこれからの
果てなく限りない絶望に耐えられるように…

二度目に期待してしまえば
一度きりだという現実に潰されてしまうから

否定して罵倒浴びせてみても
この鼓動は確かに打っていて
愚かさが後悔を
増してくだけかもしれないのに
終わらない


憎んでも罵っても
この体は確かに生きていて
明日誰かを
傷つけてしまうかもしれないのに
消えられずに…
否定して罵倒浴びせてみても
この鼓動は確かに打っていて
愚かさが後悔を
増してくだけかもしれないのに
終わらない




参加しています
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 自作詩・ポエム 人気自作詩ランキング
別窓 | dark | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 言ノ葉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。